Rex Orange County、性的暴行事件の告発が全て取り下げられたことを明らかに

 



レックス・オレンジ・カウンティ(本名アレックス・オコナー)は、10月に女性に対する6件の性的暴行で起訴された後、「私に対するすべての告訴は取り下げられた」と明らかにする新たな声明を発表している。


10月に、アレックス・オコナーは女性に対する6件の性的暴行で起訴された。彼は、ロンドンで2日間に渡って女性に6回暴行を加えたとされ、10月にサザーク・クラウン裁判所に出廷した際、オコナーは6件の起訴内容すべてに対して無罪を主張し、無条件で保釈された。


本日(12月22日)未明、オコナーは新たな声明を発表し、すべての起訴が取り下げられたことを明らかにした。彼は、「英国検察庁は証拠を検討し、この件が裁判になるメリットはないと判断しました」と書いています。


「私はこのような疑惑を常に否定し、独立した証拠によって私の不正行為が明らかになったことに感謝しています。私は誰にも暴行したことはありませんし、いかなる暴力や虐待行為も容認していません」


「私は今までこの件について対処することができず、この件に関する不正確な情報が出回っていたため、私が非難されたことに関するいくつかの詳細を明らかにしたいと思います」とオコナーは続けた。


「ある晩、誰かの足や首、背中、お尻に触れたとして私は誤って告発されました。結果、6件の性的暴行の容疑がかけられました。私に不利な証拠は、本人の説明のみでした。しかし、警察が入手したCCTVの映像は、彼らの言い分と矛盾していました。彼らのパートナーも問題の晩にずっとその場にいて、警察に供述をしたが、それは私に対する申し立てを支持するものではなかった」


レックス・オレンジ・カウンティは、「関係者全員にとって困難な時期であり、その中で私を助けてくれた人々、そして私の家族や愛する人たちに感謝したい」とこのステートメントを締めくくった。来月には、裁判が行われる予定だったが、これで今回の彼の疑惑はすべて晴れた形となった。


0 comments:

コメントを投稿