Yard Act セカンドアルバム『Where My Utopia?』のセカンドシングル「Petroleum」をリリース

 


Yard Act(ヤードアクト)は、2ndアルバム『Where My Utopia?』のセカンドシングル「Petroleum」をリリースした。この曲は、アルバムと同時に発表された「Dream Job」に続くシングル。コメディアンのローズ・マタフェオが出演したミュージックビデオが公開されている。下記よりご覧下さい。


「Petroleum」の由来について、バンドのジェームス・スミスは声明の中で次のように述べている。「ボグナー・リージスで観客と喧嘩して、退屈だし、あそこにいたくないって言ったんだ。その後、ライアンと口論になって、ライアンは僕の態度をたしなめたんだ。私は、これは仕事なのだから、その条件は何なのだろうかと考えるようになった。人々は正直さを求めていると思っているんだけど、実はそうではなくて、お金を払ってまで私に正直さを求めているのだ」


このビデオについて、スミスはこう説明している。「"Petroleum "は、"Utopians "と呼ばれる恐ろしいバイカーギャングのアジトにつまずいた訪問者を見つける。彼女はまだH.G.E.のエージェントから逃げている。このビデオの撮影はとても楽しかったし、友人のローズ・マタフェオがユートピアンズのリーダーに命を吹き込むのを見るのは楽しかった。ストーリーは直線的なフォーマットで語られているわけではありませんが、過去3本のビデオを通しての『ビジター』の旅がまとまり始め、私たちが何か大きなものに取り組んでいることを明らかにしてくれることを願っています。まだまだ続きます」


マタフェオはこう付け加えた。「私は電話のほとんどを選別しているけど、電話が "JAMES YARD ACT "と点滅したら、あなたはすぐにそれを拾うだろう。ヤード・アクトのビデオに出演することは、彼らに頼まれてからバケットリストに追加したんだ。このアルバムの全体的なビジョンはとてもクリエイティブで野心的で、楽しくてクールで、その一部に少しでもなれたことをとても興奮している。訛りがひどくてごめんなさい。ラインダンスについては謝らないよ」


0 comments:

コメントを投稿