Real Estate 新作アルバム『Daniel』のセカンドシングル「Haunted World」をリリース



Real Estate(リアル・エステート)は新作アルバム『Daniel』のセカンドシングル 「Haunted World 」を公開した。


スティールギターをフィーチャーしたリラックスしたインディーフォーク風の爽快感のあるナンバー。マーティン・コートニーの甘くまったりとしたボーカルも健在である。


彼らはファンを喜ばせるため、ユニークな企画を用意しており、ダニエル(またはその名前のバリエーション)という名前の人だけが参加できる無料のアルバム・リリース・ライヴをニューヨークのユニオン・プールで開催する。「ダニエル」という名前は、ファーストネームでもミドルネームでもよく、Dan、Danielle、Danny、Daniella、Danielsonなどのバリエーションがある。ダニエルは、ダニエルという名前以外のゲストをもう1人連れてくることができるという。その日だけはニューヨークにダニエルと名乗るファンが不自然なほど急増する可能性がある。


リアル・エステートの現在のラインナップは、Martin Courtney(ヴォーカル、ギター)、Alex Bleeker(ベース、ヴォーカル)、Matt Kallman(キーボード)、Julian Lynch(ギター)、Sammi Niss(ドラム)。ダニエル・タシアン(ケイシー・マスグレイヴス)がプロデュースしたこのアルバムは、ナッシュビルのRCAスタジオAで9日間かけてレコーディングされた。


ボーカリストのマーティン・コートニーはプレスリリースで『Haunted World』について以下のように語っている。


「”Haunted World”は、90年代のシチュエーション・コムのテーマのように聞こえる。ネットワークの重役たち、この曲は入手可能であり、我々は最高額の入札者に売る用意ができている。この曲の仕上がりには、とても満足している。レコーディングのためにナッシュビルに向かう前に、いいアレンジが出来上がっていたんだけど、スタジオで本当に命が吹き込まれたんだ。時々、曲はそんな風に驚かせてくれるものなんだよ」


リアル・エステートは、1990年代のTV番組『ピートとピートの冒険』のスターが出演したミュージック・ビデオを通じて、ダニエルのファースト・シングル「Water Underground」を紹介している。

 

『Daniel』はドミノから2月23日に発売される。マーティン・コートニーはニュージャージーの少年時代のミステリアスな思い出をモチーフにした『Magic Sign』を同レーベルから発表した。(Reviewを読む



「Haunted World」

 

 

 

 

0 comments:

コメントを投稿