mui zyu、一年ぶりの新曲「everything to die for」を発表


台湾系イギリス人シンガ、mui zyuが新曲「everything to die for」を発表。デビュー・アルバム『Rotten Bun for an Eggless Century』以来のニューシングルでカムバックを果たした。(Reviewを読む)


ニューシングルはリュウらしい摩訶不思議なメロディーと繊細な質感を持つインディーポップが見事にマッチし、ミステリアスな雰囲気を醸し出す。mui zyuはこの新曲について次のように説明している。


「この曲はとても速く、どこかからのプレゼントのように届き、言葉と音楽が完全に溢れ出し、最終バージョンは音楽的にオリジナルのスケッチと同じになった」とエヴァ・リュウは声明で語った。


「私はラブソングを書いたことがなかったし、ロマンティックな音楽をたくさん聴いていた。半音階のメロディーは、希望に満ちていて素朴でありながら、不安にさせるような感じがして好きなんだ」


「everything to die for」

0 comments:

コメントを投稿