Pissed Jeans 『Half Divorced』の2ndシングル 現代社会を貫く風刺的なパンクアンセム 


Sub Popが送り出すパンクの新星、Pissed Jeansは、ニューアルバムのリリースに向け、着々と準備を整えている。


昨日公開されたニューシングル「Sixty-Two Thousand Dollars in Debt」は彼らの近日発売のアルバム『Half Divorced』からのハイライトで、負債比率が縮小する興奮を歌っている。武骨なギターリフをベースにして、メロディックパンクを基調とした展開へと繋がる瞬間は痛快さがある。

 

先月、バンドはアルバムのリリースを、ジョー・スタクン(「The Bar Is Low」、「Bathroom Laughter」、「Romanticize Me」)による強烈なリード・シングル「Moving On」のオフィシャルビデオと同時に発表した。The Fader、Stereogumによってプッシュされた。

 

Pissed Jeansの『Half Divorced』は、2017年の『Why Love Now』に続くアルバムで、現代生活の平凡な不快感について焦点を絞っている。

 

マット・コルヴェット(ヴォーカル)、ブラッドリー・フライ(ギター)、ランディ・フート(ベース)、ショーン・マクギネス(ドラムス)によるPissed Jeansの悪名高い辛辣なユーモアのセンスは、現代の大人の生活がもたらす喜びを切り口に、これまでになく鋭さを増している。


『Half Divorced』は、Pissed JeansのメンバーとDon Godwinがプロデュースとミックスを担当。メリーランド州タコマ・パークのTonal ParkでMike Petilloがエンジニアを、Arthur Rizk(『Why Love Now』の共同プロデューサー兼ミキサー)がマスタリングを担当した。

 

 

「Sixty-Two Thousand Dollars in Debt」

0 comments:

コメントを投稿