The National  エジンバラのコネクト・フェスティバルに出演

 The NationalがFrightened RabbitのScott Hutchisonを追悼して、エジンバラのコネクト・フェスティバルでサプライズでシークレット・アコースティック・セッティングを披露しました。

 

8月28日、このフェスティバルの参加者は、「Secret set added - 7.45pm at the Tiny Changes x Gardeners Cottage」というメッセージに注意を促され、The NationalのMatt Berninger、Aaron Dessner、Bryce Dessnerは、亡くなった友人に敬意を表し、スコットランドのフェスティバルに設けられた新しいステージでパフォーマンスを見る幸運な機会を与えられた。


フェスティバルのヘッドライナーを務めたThe Nationalは、「Sorrow」と「About Today」を演奏し、後者の曲では観客に「これを演奏するとき、いつもスコットを思い出すんだ」と語り、「今日...君は遠くにいた...、そして僕は...、君に理由を聞かなかった」という言葉をMCで捧げたという。


「Tiny Changes x Gardeners Cottage」は、2018年に自殺で亡くなったハッチソンを追悼するために立ち上げられた若者のメンタルヘルスを支援するチャリティ団体「Tiny Changes」と共同でフェスに設置された。今回のスコットランド初の全国規模の子ども・若者のメンタルヘルス支援チャリティは、フェスティバルの週末に4,500ポンド以上の募金を集めることに成功した。


0 comments:

コメントを投稿