ラベル Live Performance の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Live Performance の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

 

Julia Jacklin


今年8月にリリースされた2ndアルバム『PRE PLEASURE』について、オーストラリアのSSW,ジュリア・ジャックリンは、セリーヌ・ディオンがレコード制作中の「心の指針」だったと話している。


以前、Consequenceのインタビューに語ったところでは、ジュリア・ジャックリンはこう語っている。


「今となっては、ちょっとした性格診断テストのようなものだと感じているんです。もし誰かがセリーヌ・ディオンの悪口を言っていたら、"あなたは何に喜びを見出すの?"っていう感じ。もちろん、みんながセリーヌ・ディオンを好きでなければならないとは言わないけど、あの手のアーティストをまともに相手にしないのはとても簡単なこと。でも、セリーヌ・ディオンは、とても愛されているし、明らかに人とつながることをやっている、それはとても貴重なことなんです」


ジュリア・ジャックリンは11月30日のスペイン/マドリードでのライヴで、セリーヌ・ディオン不朽のヒット曲であるタイタニックのラブソングとして、あまりにも有名な「My Heart Will Go On」をカバー、このアーティストに対する献身性を証明しました。素晴らしいサウンドに仕上がっており、観客も一緒に熱狂的に歌い上げました。下記よりライブの様子をご覧ください。

 

 

©︎Todd  Owyoung


Domi & JD Beckが11月30日のThe Tonight Show Starring Jimmy Fallonに出演した際、Mac Demarcoをステージに呼び、コラボレーション・シングル「Two Shrimps」を演奏しました。その模様は以下よりご覧いただけます。


Two Shrimps」は、Domi & JD Beckが7月にリリースしたデビューアルバム「Not Tight」からの曲です。このアルバムには、Anderson .Paak, Herbie Hancock, Snoop Dogg, Thundercat, Busta Rhymes, Kurt Rosenwinkelが参加しています。Domi & JD Beckは最近、2023年グラミー賞の最優秀新人賞と最優秀現代インストゥルメンタル・アルバム賞にノミネートされました。


今年初め、マック・デマルコはスネイル・メイルと組んで「A Cuckhold's Refrain - Peppermint Patty」という楽曲を発表しています。


 


 UKのシンガーソングライター、beabadobeeは、先日、NPRのタイニー・デスク・コンサート・シリーズに参加し、素晴らしいパフォーマンスを行った。さらに彼女はサプライズの新曲も披露してくれましたよ。


 Beaの4曲入りライブ・セットは、今年の素晴らしいアルバム『Beatpia』から3曲、「シー・ユー・スーン」、「リップルズ」、「パーフェクト・ペア」をフィーチャー。その後、ビーは、2017年のバイラル曲「コーヒー」で短くても甘いパフォーマンスを終わらせられると予告したが、代わりに、彼女がわずか1ヶ月前に書いたという未発表曲「グルー・ソング」を演奏することになった。


 beabadoobeeは、ギタリスト兼バックヴォーカルのJacob Bugden、チェリストのKristine Kruta、ヴァイオリン奏者のErica Swindell、ヴィオラ奏者のBobby Hechtと共にライブセッションに参加した。フルパフォーマンスを下記でご覧いただくことが出来ます。


 


先日、東京/恵比寿のガーデンホールの公演で素晴らしいパフォーマンスを披露したマンチェスターのロックバンド、ペール・ウェイヴスは、11月22日、BBC Radio1のライブ・ラウンジのセッションに出演しました。

 

今回、BBCのライブステージで、ペール・ウェイヴスは、Dirty Hitより発売された最新アルバム『Unwanted』に収録されている「Clean」を披露し、さらに、Dove Cameronの2月のシングル「Boyfriend」をカバーしている。2つのライブパフォーマンスは下記よりお楽しみ下さい。

 

 

 「Clean」

 

 

 

「Boyfriend」


 


 

米ロサンゼルス出身のシンガー・ソングライター、Phoebe Bridgers(フィービー・ブリジャーズ)の、京都でのアコースティック公演を含む3都市で初の来日ツアー開催が決定しました。

 

フィービー・ブリジャーズは、LA出身のシンガー・ソングライター。11歳の時にソングライティングをはじめ、地元LAで地道にライブ活動を続けていたところ、ライアン・アダムスの目に留まり、彼のプロデュースでデビューEP『Killer』をリリース。

 

2017年12月にミツキやスロウダイヴが所属する米名門レーベル<Dead Oceans>よりデビュー・アルバム『ストレンジャー・イン・ジ・アルプス』をリリースし、ジョン・メイヤーやパラモアのヘイリー・ウィリアムスなど名だたるアーティストから絶賛され、その年の年間ベストアルバム、ベストアーティストに軒並みランクインを果たし話題をさらった。これまでにキャット・パワー、ミツキ、ジュリアン・ベイカー等とのツアーを経験し、昨年からはジュリアン・ベイカー、ルーシー・ダカスとタッグを組みboygenius(ボーイジーニアス)としても活動している。

 

公演情報は事前に変更になる場合もございます。必ず、下記のSMASHの公式サイトをご確認下さい。日程、チケットの詳細については下記の通りです。

 

 


Phoebe Bridgers  -REUNION TOUR-

 


・2023年 2月18日(土) 京都 MUSE (Acoustic)


・2023年 2月20日(月) 大阪 NAMBA HATCH


・2023年 2月21日(火) 東京 Zepp DiverCity


 

 

SMASH: https://smash-jpn.com/



 Jack Whiteが週末のツアーでNirvanaの「Heart Shaped Box」をカバーした。ホワイトは2022年に2枚のアルバムをリリースし、その過程でRough TradeのAlbum Of The Yearを受賞している。彼のSupply Chain Issues Tourは世界中を回っており、イギリス公演は息を呑むような評価を得ているという。

マレーシアでは、11月16日(水)夜、2,500人収容のZepp Kuala Lumpurでライブを行いました。

 

この公演では、ジャック・ホワイトが常にセットを見直し、いくつかのサプライズを用意しました。マレーシアのファンは、1993年のニルヴァーナの名曲「Heart Shaped Box」をスローダウンさせ、超ブルージーにアレンジした特別なカバーでもてなされました。

 

 


 トム・ヨーク擁するザ・スマイルは、11月17日、米国のテレビ番組、The Tonight Show Starring Jimmy Fallonに出演、彼らの曲「You Will Never Work in Television Again」を披露しました。ライブパフォーマンスの模様は以下よりご覧ください。


「You Will Never Work in Television Again」は、5月にリリースされたレディオヘッドのサイドプロジェクトのデビューフルアルバム『A Light for Attracting Attention』に収録されています。彼らは、現在、Primavera Sound 2022での公演を含むヨーロッパ・ツアーの後、北米でツアー中です。


 

Beth Orton

英国のシンガーソングライター、Beth Orton(ベス・オートン)が昨夜の「The Late Late Show With James Corden」に音楽ゲストとして出演し、自身の曲「Fractals」を披露しました。ライブパフォーマンスの模様は以下でご覧いただけます。

Fractals」は、9月に発売されたベス・オートンの最新アルバム『Weather Alive』に収録されている。(アルバムのレビューはこちらからお読み下さい)2016年の『Kidsticks』に続く本作には、シングル「Friday Night」、「Forever Young」、タイトル・トラックも収録されている。
 
 


LCD Soundsystemが昨夜(11月15日)、The Late Show With Stephen Colbertに出演し、彼らの楽曲「New Body Rhumba」を披露しました。その模様は以下でご覧ください。


ノア・バームバック監督の映画『ホワイト・ノイズ』に登場する "New Body Rhumba" は、LCD Soundsytemにとって2017年のアルバム『アメリカン・ドリーム』以来の楽曲となる。ジェームス・マーフィーのバンドは最近、2000年代初期のニューヨークのロック・シーンを描いたリジー・グッドマンのオーラル・ヒストリーをドキュメンタリー映画化した『ミート・ミー・イン・ザ・バスルーム』に出演している。


スチュワートは、コルバートとの20年にわたる友情から、カニエ・ウェストの反ユダヤ主義、そしてデイヴ・シャペルのSNLでの一人芝居の擁護まで、さまざまな話題に触れた。また、数年前に趣味で始めたドラム演奏の上達ぶりを披露した。


 

Bruce  Springsteen


 アメリカン・ロックのボス、ブルース・スプリングスティーンは昨夜放送された「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に音楽ゲストとして出演し、フランク・ウィルソンの「Do I Love You (Indeed I Do)」を演奏した。


また、番組内のインタビューにも応じ、新しいソウル・カバー・アルバム「Only the Strong Survive」や「Thunder Road」の歌詞について、さらに来年のツアーでテイラー・スイフトとコラボする可能性についても話しています。





 さらに、ブルース・スプリングスティーンが2夜連続で「Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に出演した。


月曜日の放送でフランク・ウィルソンの「Do I Love You (Indeed I Do)」のバージョンを披露した後、Jimmy and David Ruffinの「Turn Back the Hands of Time」の演奏を届けたのである。どちらのカバーもボスの新しいソウル・トリビュートLP「Only the Strong Survive」から収録されています。彼の劇的なパフォーマンスを以下でご覧ください。



 

The 1975 /The Tonight Show Starring Jimmy Fallon


The 1975が11月10日(木)、米国のトーク番組”The Tonight Show Starring Jimmy Fallon”に出演し、シングル「I'm in Love With You」を披露しました。その模様は下記でご覧いただけます。


The 1975は現在、最新アルバム『Being Funny in a Foreign Language』を引っさげてのアメリカでのツアーを行っています。本作には「I'm in Love With You」に加え、先行シングル「All I Need to Hear」、「Happiness」、「Part of the Band」が収録。先月、バンドは、BBC Radio 1の”Live Lounge”に出演し、Take Thatの「A Million Love Songs」のカヴァーを披露しています。

 


 

先週の土曜日の晩、米国のシンガーソングライター、Cat Powerは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたボブ・ディランの「ロイヤル・アルバート・ホール」公演を再現しました。

 

近年、キャット・パワーは様々なカバーソングに取り組んでおり、最近のバックカタログでは、インディーロックからクラシックなポップス/ロック、R&B,フォーク/カントリーまで広範なジャンルをカバーしている。彼女は今年1月には『Cover』をリリースしている。この作品では、フランク・オーシャン、ポーグス、ビリー・ホリデイ、 キティ・ウェルズを独自解釈しています。

 

1966年5月に行われたこの伝説のライヴは、ディランがアコースティックからエレクトリック・パフォーマンスに移行した時期に当たる。このディランのオリジナルのライヴはマンチェスターのフリー・トレード・ホールで実際に行われたが、誤ったラベルのブートレック版のため、何年も「ロイヤル・アルバート・ホール」コンサートとして一般的に知られていたようです。

 

しかし、この再現ライブに臨むにあたって、キャット・パワーの名を冠して活動するチャン・マーシャルのプレッシャーというのは筆舌に尽くしがたくものでした。

 

この公演のリハーサル中に行われたザ・ガーディアン紙のインタビューにおいて、「心臓がバクバクして怖い」とマーシャルは語った。「ああ、ボブ・ディランは、このことをどう思うだろう?という感じ。私は何をしているのだろう? 私は何か正しいことをしているのだろうか?」とその胸中を明らかにしています。

 

 

  

  

  

  

  

  

  

 

 

Kurt Vile&Violators


Kurt VileとViolatorsは、先週末に、米国のテレビ番組、Late Night With Seth Meyersに音楽ゲストとして出演しました。

 

彼らは、今年4月にリリースされた最新アルバム『Watch My Moves』の六曲目に収録のシングル「Hey Like A Child」をピックアップし、スタジオで演奏している。Kurt Vileの演奏は以下でお楽しみいただけます。

 

 

Paramore

 テネシー州の注目のインディーロックバンド、Paramoreが先週後半に放映された米国のテレビ番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に出演し、近日発売予定のアルバムからタイトルトラック「This Is Why」を披露しました。 その様子は以下でご覧ください。


パラモアの2017年のアルバム『アフター・ラウター』に続く『ディス・イズ・ホワイ』は先月発表された。来年、2月10日にリリースされる予定となっている。


 

Bono

 

 U2のボノは回顧録の新刊を発表したばかりで、その話題について明らかにするために、米国のテレビ番組「Late Show With Stephen Colbert」に登場しました。さらに、U2の名曲 "With or Without You"をソロで演奏し、会場を沸かせました。以下よりご覧ください。


コルベールとの3回のインタビューで、ボノはU2の初期の頃、即興がいかにバンドの活動の中心であるか、そしてなぜアメリカが「まだ聴かれていない最高の歌」だと信じているのかについて語りました。


タイトルは「Surrender」。40 Songs, One Story」と題されたボノの本は、40の章に分かれており、それぞれの章がU2の特定の曲を掘り下げています。また、各セクションに付随する個別のドローイングも作成された。ボノは、北米とヨーロッパでこの本について語る「Stories of SURRENDER」ブックツアーを開始したばかりで、チケットはTicketmasterで購入できます。


彼は最近、U2の音楽のいくつかを「恥ずかしい」と感じ、「最近」自分が耐えられる声で歌えるようになったばかりだと述べた。また、彼が何十年も作ってきたアンセミックなポップロックではなく、「ノイジーで妥協のない、理不尽なギターアルバム」をリリースしたいという希望も明かしています。

 

Jack White

 米国のロックシンガー、Jack Whiteが、今年7月にリリースした二部作のうちの二作目となるアルバム『Entering Heaven Alive』から「A Tip From You To Me」のライブ・パフォーマンス映像を公開した。

 

このビデオは、現在も行われている「Supply Chain Issues Tour」でのホワイトのパフォーマンスを収録。このビデオと、ホワイトの今後のツアー日程の全リストは、以下よりご覧ください。

 

 

Jack White


一昨日の夜(10月30日)、音楽界のスターたちが、米国、ナッシュビルのグランド・オール・オープリーに結集し、2022年10月4日に90歳で亡くなったカントリー界の伝説的人物/ロレッタ・リンに賛辞を送りました。このイベントは、CMTでCMなしで生放送され、水曜日の午後8時(東部標準時)と日曜日の午前11時(東部標準時)に同じ形式で繰り返される予定です。


茶色のスーツに身を包み、茶色の帽子の下から鮮やかな青い髪をのぞかせた、ジャック・ホワイトは、予告なしに登場。ロレッタ・リンとの2004年のコラボレーション・アルバムのタイトル曲「ヴァン・リア・ローズ」を披露しました。このプロジェクトは、グラミー賞の最優秀カントリー・アルバム賞と最優秀カントリー・コラボレーション(ボーカル入り)賞を受賞しました。]

 



さらに、ブランディ・カーライルは、収録中に2回演奏し、最初はリンの "She's Got You "をソロで、そしてフィナーレは彼女のグループ、ハイウーマンと共に "Coal Miner's Daughter "で幕を閉じました。



他の出演者は、アラン・ジャクソン、ダリウス・ラッカー、ジョージ・ストレイト、キース・アーバン、リトル・ビッグ・タウン、マーゴ・プライス、ターニャ・タッカー、ウィノナ(ガイナー・ボーカル・バンド)でした。ドリー・パートン、テイラー・スウィフト、ケーシー・マスグレイヴス、ミランダ・ランバート、そしてリーバ・マッキンタイアは事前に録音されたメッセージを共有しました。「カントリーミュージックの女性たちは、ロレッタ・リンなしでは今の私たちはありえない」と、マルティナ・マクブライドがステージから語った。

 
このイベントは家族ぐるみで行われ、リンの孫娘エミー・ラッセルはウィリー・ネルソンの息子ルーカスと組んで、長男リンとネルソンが2016年に初めて一緒に録音した曲「Lay Me Down」を演奏した。


  

昨日、BBCで放映中の国内で大人気ダンス番組「Strictly Come Dancing(ストリクトリー・コム・ダンシング)」の音楽ゲストに、リナ・サワヤマが初登場し、「This Hell」を演奏しました。


この曲は、今年初めに発売されたRina Sawayamaのセカンドアルバム「Hold The Girl」に収録されています。

 

東アジアのミュージシャンとして、彼女は自分自身を一つのレッテルに閉じ込めることを拒絶してきた。彼女の音楽は、ディアスポラに溶け込み、イギリス系アジア人として疎外感を感じながら直面してきた苦悩に触れる一方、シングルマザーに育てられた娘というユニークで深い、しかし、孤独でもろい経験も取り上げる。もちろん、これらすべては、自分のクィアネスを受け入れ、子どもの頃に感じた疎外感を認め、「選ばれた家族」を迎え入れるというテーマと複合的にに絡み合っている。サワヤマは多くの人生を生きており、彼女の音楽の中で、それぞれの経験を振り返りながら、自分の物語は彼女自身の手によって、まだ書き続けることを認めている。


 

Tegan And Sara


 Tegan and Saraが10月27日、米国のトーク番組”The Tonight Show Starring Jimmy Fallon”に出演し、最近のシングル「I Can't Grow Up」を披露しました。その模様は以下でご覧ください。


I Can't Grow Up」は、今月初めにMom + PopからリリースされたTegan and Saraの最新アルバム『Crybaby』に収録されています。リリースに先駆け、二人は初期シングル「Yellow」をセス・マイヤーズに持ち込み、新しい回顧録「Highschool」と同名のAmazon TVシリーズについても語っている。

 

 

Ryuichi Sakamoto : Music Smash公式ホームページより

 

 坂本龍一のピアノ・ソロ・コンサートの映像が、12月11日から12日にかけてチケット購入者にのみ配信されることが分かった。この60分間に及ぶ配信は、2020年に行われた坂本龍一のNHKの伝説の509スタジオでのソロピアノのライブ・パフォーマンスにより構成されている。

 

本配信は、日本国内、ドイツ、フランス、スペイン、ポーランド、イギリス、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、ブラジル、カナダで行われる。中国本土の配信については未定であり、現在調整中とのことです。

 

チケットは、10月25日から12月12日にかけて販売される。詳細は下記よりご確認下さい。この配信に関し、日本の編集者、元Go Japanの編集長の鈴木正文氏のコメントが寄せられています。


2022年12月11日、坂本龍一のピアノ・ソロ・コンサートが、世界に向けて配信される。

 日付が1日ちがうだけの2年前、すなわち2020年の12月12日、コロナ禍の、視界不良のトンネルをさまよっていた世界に向けて、坂本は、東京のスタジオで、無観客のピアノ・ソロ・コンサートをおこなった。ライヴストリーミングされたその映像は、しかし、アーカイヴ化されることはなかった。
 ことしの12月11日の配信は、それゆえ、2年ぶりに私たちのまえに帰還した「演奏する坂本龍一」の姿を、私たちに見せることになる。

 その日に私たちが視聴するのは、前もって、1日に数曲ずつ、ていねいに収録された演奏とその映像を、十分な時間をかけて編集したものになるという。

 

「ライヴでコンサートをやりきる体力がない――。この形式での演奏を見ていただくのは、これが最後になるかもしれない」と、坂本は語る。前にはできたことがいまはできなくなっているという「現実」を、そのようなものとしてそのまま受け容れ、呑み込んだうえで、坂本はその「あたらしい現実」に立脚して、みずからのあらたな能動性と積極性を、引き出そうとしているのではないか。
 じっさい、今回の「コンサート」は、それを可能とする条件をそなえている。
 ひとつには、今回の演奏スタジオが、NHK の、伝説の509スタジオである、という事実。坂本が臆せず、「日本でいちばんいいスタジオ」と折り紙をつける東京・渋谷の、NHK放送センターの509スタジオで、十分な時間をかけて演奏が収録されている。

 

 そしてもうひとつには、これを機会に、主要メンバーをニューヨークから招集した映画制作チームが結成され、かれらは、たんに配信映像をつくるためだけでなく、のちに別に編集する予定の「コンサート映画」のためにも、「演奏する坂本龍一」を丹念に撮影している。
 
 いずれも、「ライヴでコンサートをやりきる体力」が坂本にあったとすれば、現実化しなかったことにちがいない。
 
 配信は、約60分の509スタジオでのパフォーマンス本編からなる。
 
 また配信と同日、全2回、109シネマズのプレミアムサウンドシアター「SAION」でライブビューイングも開催される。そこでは、最上の音で、坂本龍一の演奏を楽しむことができるであろう。

文:鈴木正文

 


配信チケットの詳細は、Music Slashの公式ホームページより:
 

 https://special.musicslash.jp/sakamoto2022/