ラベル New Singles の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル New Singles の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

 

Wolf Alice

UKのインディーロックバンド、ウルフ・アリスが、クリスマス・キャロルのバージョンを公開しました。


「去年、In The Bleak Midwinterのバージョンをレコーディングしたんだ」とバンドは説明する。"クリスマスが近いから、すべてのプラットフォームで聴けるようにしようと思った" とバンドは説明している。


 

KIng Tuff

 

King Tuff(通称:Kyle Thomas)が、ニュー・シングル「Portrait of God」のPVを公開しました。

 

この曲「Portrait of God」は、2023年1月27日に、Sub Popからリリースされる新作アルバム『Smalltown Stardust』の最新シングルとなります。このシングルは、少しサイケデリック風味のオルト・ロック、ロビン・ヒッチコックの音楽性を彷彿とさせる。ニコラとジュリアナ・ジラフが監督したミュージック・ビデオも同時に公開されていますので、以下からご覧ください。


プレスリリースで、キング・タフこと、カイル・トーマスはこの曲について印象深いことを語っています。おそらくトーマスは、宮崎駿が映画で描くような自然の中に居ます根源的な神様の存在について説明している。それは、人類の叡智として古くは備わっていたが、文明の発達によって現代人の多くが、どこかに置き去り、忘れてしまったのだ。日本にはこの概念について、「真善美」という相応しい言葉が存在するが、カイル・トーマスは次のように語っている。

 

「もし、”あなたの宗教は何?”と私がだれかに尋ねられたら、3つのことを言うはずだ。音楽・・・、芸術・・・、そして、自然なんだ。これらは、私が人生を捧げ、最も純粋な喜びをもたらしてくれる。アートや音楽を作っている時、何かに導かれているのを感じることがよくある」

 

「それは、神とでもいうのか・・・、マジックとでもいうのか・・・、ジムとでもいうのか・・・。よくわからないけど、とにかく、それが私を最も幸せにしてくれる。私の神様は、おそらくあなたが考える存在とはまったく異なるものですが、それはとても美しい。ある日、そんなことをふと考えて、”Portrait of God(神様の肖像)”を書きました。果たして、あなたの考える神様は、どのような姿をしていますか? キノコの上に座っているカエル? 十五頭コブラ? それとも渦を巻いている渦? そうです。長い白ひげを生やした年老いた白人が唯一の間違った答えなんだ!」


Smalltown StardustはSASAMIとの共同制作で、カイル・トーマスのプレスリリースでは「愛と自然と若さについてのアルバム」と説明されています。


The Men
 

2月3日、The MenはFuzz Clubからニューアルバム『New York City』をリリースします。先月「Hard Livin」を公開した。彼らは、アルバムからの新曲 「God Bless the USA」も公開しています。この曲は、The Menの楽曲に求められる全ての要素を備えた、ハイエナジーなガレージパンクバッシャーで、主にハードにロックしています。「God Bless the USA」の試聴は以下から。

 

ザ・メンズのニック・チエリコッツィは、プレスリリースでこの曲について、「頭にこのメロディーが浮かんで目が覚め、キッチンに行って、常に腹立たしいヘッドラインとたくさんのチャック・ベリーやエディ・コクランがある中、ギターを手に取ったんだ」と語っています。「この曲は、特定の誰かや何かを表現したものではありません。一日の終わりに、すべてが炎上してしまうのです」 





 


 

MIKEがダンスホール界のレジェンド、Sister Nancyとタッグを組んでニューシングル「Stop Worry!!!」をリリースした。


このシングルは、ブルックリンのラッパー、MIKEが12月21日にリリースするアルバム『Beware of the Monkey』からの最新曲です。Ryosuke Tanzawaによるビデオと、今回発表されたアルバムのトラックリストは下記より。


これまでMIKEは、昨年の『DISCO!』に続く作品を「Nuthin I Can Do Is Wrng」と「What Do I Do? 」そして、先週は、Wiki and the Alchemistとの新曲3曲をドロップしています。



 
 
MIKE 『Beware of the Monkey』
 
 
Label: 10k
 
Release:2022年12月21日
 

Tracklist:

1. Nuthin I Can Do Is Wrng
2. As 4 Me
3. Eczema
4. Light (If U Can’t See) [feat. Jadasea]
5. No Curse Lifted (Rivers of Love)
6. What Do I Do?
7. Ipari Park [feat. Klein]
8. Swoosh 23
9. Tapestry
10. Stop Worry! [feat. Sister Nancy]
11. Weary Love
12. Concrete [feat. King Carter]
13. Closing Credits
 
 
Pre-order/Pre-save:
 
 

 


90年代のブリティッシュ・シューゲイザーバンドRideの創設メンバーであるAndy Bellが、オノ・ヨーコの「Listen, the Snow is Falling」のカバーを公開しました。この曲は、Sonic CathedralからリリースされたBellの新しいカバー・アルバム『Untitled Film Stills』に収録されています。


ベルのソロ・デビュー・アルバム『The View From Halfway Down』は、2020年にSonic Cathedralから発売された。昨年、ベルはGLOK名義でアルバム『Pattern Recognition』をBytesから発売している。


 


メリーランド出身、リッチモンドを拠点にするR&Bアーティスト、McKinley Dixon(マッキンリー・ディクソン)が、Angélica Garciaをフィーチャーしたニューシングル「Sun, I Rise」で、City Slangとの契約を発表しました。Ja-Wan Gardnerが監督したビデオも公開されています。下記よりご覧ください。


マッキンリー・ディクソンは、「イカロスとミダス王を混ぜたような少年の物語を語りたかった」とコメントしています。

 

「曲の冒頭では、太陽を待ち望んでいる人、以前近くにいた人を強調しています。このキャラクターは、太陽に向かって叫び、暖かさを懇願し、落下することについて議論しているようなものです"


映像監督のジャ・ワン・ガードナーは、「私はいつも太陽を自分のエネルギー源として捉え、"光 "は自分にとってより良い人生を確立するために追求すべきもののメタファーとして捉えていたので、このレコードを初めて聞いたとき、『Sun, I Rise』に大きな衝撃を受けた」と付け加えています。

 

「ディクソンの冒頭の一節「How I could underestimate sun? だから私はこの機会を利用して、黒人男性が光を追い求め、浴びることがどのようなものかを示し、そのエネルギーが仲間から仲間へと伝わり、結果として太陽/光を受け入れた人たちが必然的に成長する様子を表現した」


McKinley Dixonのデビュー・アルバム『For My Mama and Anyone Who Look Like Her』は昨年到着している。


 

The Go! Team

UK/ブライトンの多国籍ヒップホップ・ロックバンド、The Go! Teamは、アルバム『Get Up Sequences Part Two』の第3弾テイストとして、ニューカット "Whammy O "を公開しました。


"Whammy O "は、先月のStar Feminine Bandとのシングル "Look Away, Look Away"、"Divebomb "に続く作品で、NYCのラッパーNitty Scottとのコラボレーション作品です。


グループ7枚目のアルバムとなる『Get Up Sequences Part Two』には、Neha Hatwar、Lucie TooのChisato Kokubo、Hilarie Bratsetなども参加する予定です。
 
 

Circa Waves


UKインディーシーンの支柱的存在、ロンドンのCirca Waves(サーカ・ウェーヴス)は、ソングライティングを見直すべく、暫時活動を休止したものの、2021年、再結成している。今年の夏の間、Circa Wavesは新曲を発表する以前、小規模のフェスティバルでライブを敢行している。

 

この度、1月13日にリリースされる運びとなった新作「Never Going Under」からニューシングル「Carry You Home」が公開された。下記よりPVをご覧ください。

 

 新作「Never Going Under」は、現代の若者を苦しめている”社会的な不確実性”をテーマに扱っている。彼らの強い決意の証であるこの曲は、「Mess We're In Right Now」(現在、私たちが置かれている状況)に呼応したものとなっているようです。


 


 

Weird Nightmare © Ryan Thompson


METZのAlex EdkinsによるプロジェクトWeird Nightmareが、Troggsの「Our Love Will Still Be There」のカヴァーを公開した。この曲は、先日リリースされたシングル「So Far Gone」と、今年初めにリリースされたセルフタイトルのデビューアルバムに続く作品となっている。以下、試聴をどうぞ。


「ブリティッシュ・インベイジョンは私の音楽的DNAの大きな部分を占めている」とエドキンスはコメントしている。

 

「The Kinks, The Troggs, The Pretty Thingsは、私のお気に入りの快適な音楽です。I Think You Know "や "Lusitania "などのWeird Nightmareの曲には、彼らの影響が色濃く反映されている。トロッグスや彼らが影響を与えたアメリカのガレージ・バンドは、歪んだポップスを作っていて、僕の耳にはパンクの先駆けのように聞こえる。ルーズで、硬質で、即物的で、心に響くんだ」

 

The WAEVE ©Steve Gullick

 

Graham CoxonとRose Elinor Dougallによるプロジェクト、The WAEVEが、新曲「Kill Me Again」を公開しました。「Can I Call You」、「Drowning」に続く、彼らのデビュー・アルバムからの3枚目のシングルとなる。David J. Eastが監督したビデオは以下からご覧ください。


プレスリリースでCoxonとDougallは、「Kill Me Again」について、「激しい快楽の中で、存在しない感覚や形が変わる感覚、闇の力にますます影響されながら宇宙の中で存在しようとする光の戦いについて探求している」と語っている。「性的な代理権や、実体の物理的な融合によって生まれる力、存在をもたらす力、そしてそれがどのように悪に打ち勝つのか...を讃えている」


デュオのデビュー・アルバム『The WAEVE』は2月3日にTransgressive Recordsから発売されます。

 

Stars ©Gaëlle Leroyer


 モントリオールのスターズ(Stars)がホリデーシングル「Christmas Anyway」をリリースしました。 

 

新曲「Christmas Anyway」について、バンドは声明で次のように語っている。 「アルゴリズム(とその他の恐ろしいもの)が私たちみんなをより遠くに感じさせている今日日の世界では、休日に家に帰ることはみんなにとって簡単なことではありませんよね。 このような時代に、愛する人と安らぐために家に帰らなければならないと感じるのは一体なぜなのでしょうか?」

 

「それでも、単純な歌が、少なくとも数分の地獄のような休日を乗り越えさせてくれることがあるのは知っています。 この曲がそうであることを願ってます。 私たちはみんなを愛しています。メリー・クリスマス!!」

 

 



Morrisseyが、"Rebels Without Applause "という曲で、次のアルバムの新しい様子を公開しています。この曲は以下で聴くことができる。


Andrew Wattがプロデュースしたこの曲は、ドラムにChad Smith、ギター、パーカッション、キーボードにJosh Klinghofferを迎えています。Morrisseyは、Smiths風のクラシックなギターラインで、"Generation X and X-Ray Spex/ We loved them all "と歌いながら、過去に評価されなかったクリエイターを振り返っています。


今月初め、モリッシーはワットがプロデュースしたアルバム『Bonfire of Teenagers』を2月にはリリースしないと言っていたので、このタイミングでシングルをリリースするのは不思議なことである。その代わり、「その運命はキャピトル・レコード(ロサンゼルス)の手に委ねられている」と語っている。しかし、それが出てくるたびに、レコードはマイリー・サイラスとイギー・ポップによる出演も含まれることになる。


先週、モリッシーは「バンドの病気」のために現在のツアーのいくつかの公演をキャンセルしたが、ツアーは11月28日(月)のワシントンD.C.から再開する予定だ。


 



Daisy Harrisが新曲「Known」を公開しました。これは、彼女が12月9日にリリースするEP『Forest Girl Rock』の最新シングルです。


「Known」は、ハリスのいとこであるDAVOLIと共にレコーディング、プロデュースを行った。「彼の美しいスタジオでダヴォリとこの曲を作ることができたのは、絶対的な夢だった」と彼女は声明でコメントしている。

 

「私はそれが大好きで、その暖かく甘い雰囲気がリスナーに平和と喜びをもたらすことを願っています」と彼女は声明でコメントしている。


フォレストガールズロックは、今年初めに到着したハリスのデビューレコード『トルネードドリームス』に続く作品となる。

 

「これは私の最高傑作だと確信しています」と彼女は語っています。"私の父といとこも一緒にこのEPを作るのはとても楽しかった。彼らの才能とオープンさにとても感謝している」

 

cruush 


 マンチェスターのシューゲイザーバンド、cruushがニューシングル「Sombre By The Weekend」を発表しました。楽曲のストリーミングはこちらから。

 

バンドは2019年から数作のシングルを発表している。今回のリリースにあたって、Heist Or Hitと契約を結んでいる。プロデューサーには、bdrmmやWorking Men's Clubで知られるAlex Greavesを迎え、来年早々には新作アルバムの全貌を明らかにする予定だという。

 

11月23日に発表されたニューシングル「Sombre By The Weekend」は、SwervedriverやRideを彷彿とさせる暗鬱なシューゲイザーな作品です。ギターのエフェクトを上げ、エネルギーを注入したcruushは、高らかなハーモニーを奏でながら、喧騒に塗れたライブサウンドを維持している。

 

NewDad、bdrmm、The Lounge Society、Ian Sweetなどのサポートを務めたばかりのcruushは、まだまだこれからが楽しみなバンド。

 

 


米国の超人気シンガーソングライター、テイラー・スウィフトの最新アルバム『ミッドナイツ』のリードシングル「アンチヒーロー」については、ブリーチャーズをフィーチャーしたバージョン、その他、複数のリミックスが公開されている。今回、テイラー・スウィフトは「アンチ・ヒーロー」のアコースティックバージョンを新しく公開した。下記よりチェックしてみて下さい。


この「アンチヒーロー」のアコースティックバージョンは、最近起きたチケットマスターとスウィフトのザ・エラズ・ツアーのチケットの混乱に続いてリリースされた。もしかすると、アーティストからチケットを購入することが出来なかったファンに対するお詫びのような意味が込められているようだ。

 

ライブチケット先行販売中に数百万人のファンがチケットマスターのサイトをクラッシュさせ、大量の人々がチケットを手にすることができなかったため、テイラー・スウィフトは、ザ・エラス・ツアーの一般販売を取り下げることになった。その後、スウィフトは、ソーシャルで、彼女と彼女のチームは "このような需要に対応できるかどうか何度も尋ねたが、対応できると断言された "と反論している。スウィフトは、また、"多くの人が、手に入れるために何度も熊に襲われたように感じていることが、本当に腹立たしいこと"と書いている。そしてチケットマスター社は、スウィフトと彼女のファンに対し、「ひどい経験」であったことを謝罪している。

 

 


 

シェフィールド出身の歌手、サム・フェンダーは、昨年、ロンドンのフィンズベリー・パークで行われたソールドアウトのライヴで録音されたシングル「Alright」のライヴ・バージョンを公開しました。


このニューシングルについて、サム・フェンダーは「”Alright”は、『Seventeen Going Under』時代の最初の曲の一つなんだ。ずっと好きな曲だったんだけど、なぜかレコードにならなかった。成長すること、死をごまかすことをテーマにしている」と語っている。


この最新シングルは、以前発表された「Getting Started」と共に、12月9日にPolydor Recordsからリリースされるフェンダーのライブアルバム「Seventeen Going Under Live Deluxe Edition」に収録されている。 

 

 

 


新作ライブアルバムの先行予約はこちらから。HMVやAmazonでも予約受付中です。フィンズベリー・パークでのライヴ音源「Alright」は以下よりお聴きいただけます。

 

 


Sam Fender 『Seventeen Going Under Live Deluxe』

 

 

 

Label: Polydor

Release:2022年12月9日

 

 

(CD 1) 

 

Tracklisting:


1. Seventeen Going Under
2. Getting Started
3. Aye
4. Get You Down
5. Long Way Off
6. Spit of You
7. Last to Make It Home
8. The Leveller
9. Mantra
10. Paradigms
11. The Dying Light
12. Better of Me
13. Pretending That You’re Dead
14. Angel In Lothian
15. Good Company (Live)
16. Poltergeists
17. Howdon Aldi Death Queue
18. The Kitchen (Live)
19. Alright
20. Wild Grey Ocean
21. Little Bull Of Blithe

 

 

『Live From Finsbury Park』 (CD 2) 


Tracklisting:


1. Will We Talk?
2. Getting Started
3. Dead Boys
4. Mantra
5. Better Of Me
6. The Borders
7. Spice
8. Howdon Aldi Death Queue
9. Get You Down
10. Spit Of You
11. Alright
12. Play God
13. The Dying Light
14. Saturday
15. Seventeen Going Under
16. Hypersonic Missiles

 


Mazey Hazeがニューシングル「I Feel Like A Child」をリリース。アムステルダム出身のアーティストは、同地で活躍するフレッシュな存在感を放ち、ユニークな歌声でファンを魅了している。


メイジー・ヘイズは4月7日にEP「Back To The Start」をリリースする予定で、「I Feel Like A Child」はこの新作からの先行シングルとなる。

 

「I Feel Like A Child」は、甘く無邪気で、ボサノバ調の風通しの良いメロディーが満載。彼女の作品には映画のような輝きがあり、メイジー・ヘイズは、夏のアムステルダムの暮らしの一面を優雅に表現しようとしている。この曲についてメイジー・ヘイズは以下のように説明している。

 

「夏の木々は、本当にきれいで、太陽の光と葉っぱの動きを見ることができます。この曲は、人それぞれの捉え方があって、それでいいんじゃないか、ということを歌っています。正しいも間違いもない。真実もない。大切なのは、自分のイマジネーションに触れ続けることなんです」

 

「"I Feel Like A Child”は、表面的な人間性と比較して、美しい平凡さについて歌った曲です。この2つは隣り合わせで素晴らしいコントラストをなしていると思うし、この2つは私をいつも魅了する」

 

「私は、なぜ一人で空の鳥や葉の茂った木々を見たり、クラシック音楽を聴いたりすると、とても素晴らしく穏やかな気持ちになるのかを理解しようと思っていた。そして、なぜ私はこれほどまでに多くの人(自分も含めて)に圧倒され、混乱するのだろう? ほとんどの場合、これらのことについて考えることに大きな意味はなく、それよりもそれを行動し、感じること自体に意味があることを理解したのです」




Mazey Hazeのニューシングル「I Feel Like A Child」は現在発売中。こちらからストリーミング視聴出来ます。

 


イタリアの作曲家/シンガーソングライター、Marta Del Grandi(マルタ・デル・グランディ)が贈る、荘厳なメランコリーのひととき。ニューシングル「Stay」が11月24日にFire Recordsからリリースされた


ニューシングル「Stay」は揺らめくスナップショットで、欲望とコミットメントの鎮魂歌となる。目を開けてみると、なぜあんなに長く苦しんだのかさえ分からなくなる瞬間についてのぼんやりした記憶である。「これは基本的に、癒しのプロセスの終わりと新しい章の始まりを描いているの」とマルタは付け加えている。


ドラマチックな緊張感に満ちた悲痛な訴えが、エコーがかかった縁日のオルガンのようなサウンドの前に展開し、そのゆらめく輝きとともに、会場を天国へと運んでいく。新しい日のための勝利の讃歌となっている。

 

 


Luca Guadagino監督の新作ロマンティックホラー映画『Bones and All』は現在公開中であり、Timothée ChalametとTaylor Russelのラブストーリーに多くの人が魅せられています。

 

もちろん、米国のシンガーソングライター、Ethel Cain(エセル・ケイン)もその一人のようですね。このホラー映画のシナリオは、愛した人を食べたくなってしまう少女・マレンを巡るロマンスホラーストーリー。彼女はある日、リーという名の青年と出会い、恋に落ちる。やがて2人は、マレンの父を探す旅に出る、という内容です。


このホラー映画にインスパイアされた新曲「famous last words (an ode to eaters)」を作曲したエセル・ケインは、「can't stop thinking abt bones and all. This one's for lee and maren <3"(”Bones and All”のことについていつも考えずにはいられないわ、この曲はリーとマレンのためのものよ」と語っています。下掲するSoundCloudを通じてご視聴下さい。


この曲は、今年初めに到着したエセル・ケインの最新アルバム『Preacher's Daughter』のリリースに続く作品となる。『Pleacher's Daughter』は、スロウコア/サッドコアとエモに触発されて制作されたアルバムで、エセル・ケインはアメリカン・フットボールにリスペクトを示していました。


 


 UKのフォークシンガー、Rozi Plainがニューシングル「Help」を発表。ロンドンをベースに活動するミュージシャンで、Kate Stablesによるプロジェクト、This Is the Kitのベース・プレイヤーとしても知られています。

 

「Help」は、前作のシングル「Prove Your Good」と 「Agreeing for Two」に続き、日本人の映像作家、尾角典子(Noriko Okaku)が監督したミュージック・ビデオと共にリリースされた。


Rozi Plainは、「"Help "は、ニューアルバムの中で一番好きな曲です」と説明しています。

 

「この曲は、GerardとJamieと一緒にグラスゴーの雪の中で作った曲なんだ。感覚というのは移り変わるもので、それを追い求めることはいつもできることではありません。知らないうちに消えてしまうこともある。愛するものは変化するもので、それはそれでいいけれど、深く掘り下げることが必要になることもある」


Rozi Plainは、「サックスを吹いているのはCole Pulice!(ちょっと弦楽器のような音)。ハープはSerafina Steer!  ギター(ちょっとアコーディオンのような音)を弾くのはジェームス・ハワード。Amaury Ranger がベースを弾いている。Gerard Black が100種類のキーボードを演奏してます。私が大好きなミュージシャンたちがこの曲で演奏してくれてとても光栄に思っている」