サウンド&ビジュアルアーティストの池田亮司が、ベルリンのレーベルNOTONから12月にニューアルバムをリリースします。


1989年から1999年にかけて録音された音源と、2013年から2022年にかけて制作された楽曲を収録した17曲入りのアルバムです。池田は10月15日に東京のWWW Xでこのアルバムを初公開する予定です。また、12月にはMUTEK.JPでのライブも予定されています。


池田がベルリンのレーベル(当時はRaster-Noton)からリリースした最後のアルバムは、2013年の『Supercodex』です。昨年夏には、ロンドンで開催された彼の作品の最大規模の展覧会のキュレーションに携わった。現在、パリと京都を行き来しながら活動している。


さらに、本日107日(金)、アルバムからの先行シングルカット“ultratronics 01”が配信開始されている。さらに1015日には 東京・渋谷WWW Xにて最新ライブセット「ultratronics [live set]」の世界初演が開催され、127日に<MUTEK.JP 2022>にてLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)での同ライブセットの上演が決定している。



最新アルバム『ultratronics』は122日にCDとデジタル/ストリーミング配信で世界同時リリースされる。CDの国内盤は池田が主宰する〈codex | edition〉より、海外盤はアルヴァ・ノトことカールステン・ニコライが主宰するドイツのレーベル〈NOTON〉より発売され、アルバムのアートワークはそれぞれオリジナルの仕様となる。共に107日からプレオーダーが開始されたので、ぜひお見逃しのないように。




Tracklist

01. ultratronics 00 02. ultratronics 01 03. ultratronics 02 04. ultratronics 03 05. ultratronics 04 06. ultratronics 05 07. ultratronics 06 08. ultratronics 07 09. ultratronics 08 10. ultratronics 09 11. ultratronics 10 12. ultratronics 11 13. ultratronics 12 14. ultratronics 13 15. ultratronics 14 16. ultratronics 15 17. ultratronics 16


 テイラー・スウィフトは、ラナ・デル・レイが "スノウ・オン・ザ・ビーチ "という曲でゲスト参加しているニューアルバム『ミッドナイツ』の全トラックリストを明らかにしている。


スウィフトはここ数日、自身のTikTokシリーズ「Midnights Mayhem With Me」を通じて1曲ずつ曲名を垂れ流していたが、昨夜遅くから1時間に1曲ずつ公開し、午前4時(日本時間)にトラックリストを完成させた。


残る4曲は、アルバムのオープニング曲「Lavender Haze」、「You're on Your Own」(トラック5)、「Labyrinth」(トラック10)、「Sweet Nothing」(トラック12)である。ミッドナイツ』は10月21日にリリースされる予定だ。


スウィフトは別のインスタグラムの動画で「ラヴェンダー・ヘイズ」について詳しく説明したが、このフレーズはテレビシリーズ「マッドメン」を見ている時に「偶然見つけた」ものだという。


「クールな響きだと思って調べたら、50年代によく使われていたフレーズで、ただ恋をしていることを表現していることがわかったの。ラベンダー色の靄の中にいるということは、すべてを包み込むような愛の輝きの中にいるということで、本当に美しいと思った。理論的には、ラベンダー色の靄の中にいるときは、そこにいるために何でもするし、人にその雲を落とされることもないでしょう。


 今はソーシャルメディアの時代だから、あなたが誰かに恋をしていると知ったら、世間はそのことに注目するでしょうね。私の6年間の交際のように、私たちは変な噂やタブロイド紙のようなものをかわさなければならなかったし、私たちはそれを無視するだけだった。だからこの曲は、本物を守るためにそういうものを無視する行為について歌っているんだ。みんな気に入ってくれると嬉しいな」


スウィフトは以前、『ミッドナイツ』は「私の人生の中に散らばった13の眠れない夜の物語」で構成されていると語っていた。  


「これは真夜中に書かれた音楽のコレクションで、恐怖と甘い夢の中を旅するようなもの。私たちが歩む床と、私たちが直面する魔物。夜中に寝返りを打ち、ランタンを灯しながら探し続けることを決めたすべての人のために、時計が12時を打つとき、自分自身に出会えるかもしれないと願って」



Track list for Midnights:



1. “Lavender Haze”
2. “Maroon”
3. “Anti-Hero”
4. “Snow on the Beach” (featuring Lana Del Rey)
5. “You’re on Your Own, Kid”
6. “Midnight Rain”
7. “Question…?”
8. “Vigilante Shit”
9. “Bejeweled”
10. “Labyrinth”
11. “Karma”
12. “Sweet Nothing”
13. “Mastermind”


 昨今、米国で社会問題となっている、女性の中絶を支援する非営利団体をサポートする新しいコンピレーション「Good Music to Ensure Safe Abortion Access to All」が、Bandcampにて、本日から24時間だけBandcampで独占的に入手できます。


また、ソニックユースのKim Gordonがこのプロジェクトの先頭に立ち、新曲、カバー、リミックス、ライブ録音、デモを収録したこのアルバムのカバーアートを提供しています。参加アーティストは下記の通り。


Amanda Shires and Jason Isbell, Animal Collective, Bobby Weir & Wolf Bros, Cat Power, Daniel Rossen, David Byrne and Devo, Death Cab For Cutie, Dirty Projectors, Disq, Fleet Foxes, Gia Margaret, Grouplove, Hand Habits, King Gizzard & The Lizard Wizard, Mac DeMarco, Mary Lattimore, Maya Hawke, Overcoats, Pearl Jam, PUP, The Regrettes, R. E.M., Sleater-Kinney, Soccer Mommy, Tegan And Sara, Thao x Tune-Yards, Ty Segall, Wet Leg, and more. 


49曲入りのこのコンピレーションは、こちらで購入できます。トラックリストは下記をご覧ください。


「Tegan and Saraは声明で以下の通りに述べています。「妊娠を継続するか否かの選択を迫られた全ての人は、安全で合法的な中絶を選択する機会を得るべきです。"彼らの体、彼らの選択"がなされるべき」




1. Wet Leg – Loving You (Demo)

2. Sleater-Kinney – Free Time

3. The Regrettes – Seashore (Live at Lollapalooza)

4. Mac DeMarco – Chamber of Reflection 2

5. Hand Habits – Ignorance (Weather Report Cover)

6. Cat Power – Song to Bobby (Live 2021)

7. My Morning Jacket – Rainbow Power (Timmy Thomas Cover)

8. David Byrne and Devo – Empire

9. Soccer Mommy – Shotgun (Demo)

10. Jayla Kai – Parking Lot (Rough Mix)

11. R.E.M. – Walk Unafraid (Live)

12. Caroline Spence, Erin Rae, Michaela Anne, Tristen – This Woman’s Work (Kate Bush Cover)

13. Pluralone – One Voice

14. Thao & The Get Down Stay Down – Meticulous Bird (Tune-Yards Remix)

15. Tenacious D – Woman Time (Remix)

16. STS9 – Balancing [feat. Armanni Reign]

17. The Album Leaf – Falling From the Sun (Live)

18. Mary Lattimore – Lake Like a Mirror

19. Daniel Rossen – Message Outside

20. Amanda Shires and Jason Isbell – The Problem (Live from Red Rocks)

21. Maya Hawke – Rose and Thorn

22. Emma Bradley – Mother, Father, You (Demo)

23. Sunflower Bean – Otherside (Demo)

24. Fleet Foxes – The Kiss (Live on Boston Harbor)

25. Dirty Projectors – Parking Structure

26. Animal Collective – Peacebone (Demo)

27. Bobby Weir & Wolf Bros – Black-Throated Wind (Live At Radio City Music Hall, New York, NY, April 3, 2022)

28. Pearl Jam – Porch (Live)

29. She & Him – The World Is Waiting for the Sunrise (Mary Ford and Les Paul Cover)”

30. Andrew Bird – “Pulaski at Night (Live from Chicago)

31. Death Cab for Cutie – Here to Forever (Demo)

32. Tegan and Sara – Under My Control

33. Disq – Mtn Dew

34. Annie DiRusso – Judgements From The World’s Greatest Band (Reimagined)

35. Gia Margaret – Solid Heart (Demo)

36. Bully – Labor of Love

37. Ty Segall – Glowing

38. Grouplove – Shout

39. Overcoats – Clingy

40. Water From Your Eyes – Jane Says (Jane’s Addiction Cover)

41. Dilversun Pickups – Songbirds (Live from The Orange Peel)

42. Foals – Looking High (Demo)

43. PUP – Scorpion Hill (Live in Toronto/ 2022)

44. Squirrel Flower – Flames and Flat Tires (Demo)

45. Taylor Goldsmith of Dawes – Little One (Acoustic)

46. Charlie Hickey – Gold Line (Demo)

47. Kills Birds – Married

48. King Gizzard and the Lizard Wizard – Ice V (Demo)

49. The Neverly Boys – Other Side Of Anywhere




 イタリアのロックバンド、Måneskinが、新曲「The Loneliest」を本日、10月7日にリリースしました。


"ついにThe Loneliestを皆さんに聴いていただけることになり、とても興奮しています。"と、バンドのDamiano Davidは語っています。


「この曲は僕にとってとても意味のある曲で、個人的な曲なんだけど、みんながそれぞれの方法で共感してくれるといいなと思っているんだ。昨夜、ロンドンで小さなサプライズ・ライブを行い、初めてThe Loneliestをライブで披露したんだけど、みんなの反応は僕らにとってとても意味のあるものだったよ!」


「日本、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中のライブやフェスでファンに会いながら、世界中をツアーするめまぐるしい1年で、2023年もツアーと音楽のリリースを続けるのが待ちきれないよ!」とコメントしている。


 

©Dana Trippe


 テキサス州オースティン出身、インディーポップ界の貴公子・デイグロウが自分の弱さと向き合い、現代のノイズと闘うことをテーマにした3rdアルバム『People in Motion』を10/7(金) にリリースしました。このアルバムは、昨年発売された『Harmony House』に続く作品で、全10曲が収録される。

 

今作『People in Motion』は、カウベルを使ったイントロが印象的なリズミカルなリード曲「Radio」をはじめ、明るく華やかなサウンドが多い。しかし、アルバム全体の雰囲気とは裏腹に、デイグロウは、今作の制作期間は都会から離れ、ソーシャルメディアから距離をとっていたという。

 

その華やかな音色とは裏腹に、困難に直面した時の不安定な自分自身と向き合い、それを超えていく等身大のデイグロウから送られるメッセージの数々。


『People in Motion』は、私達がそれぞれのハードルに立ち向かい、次なる幸せな場所を探している時に寄り添い、すべてが上手く行かないような日々でも前を向き歩き出そうとする私たちの背中をそっと押してくれる、そんな存在である。愛と心の平和を見つけることにより、一段と成長し、どんな困難もユーモアと音楽で乗り越えていく。音楽家・デイグロウの旅はまだまだ終わることはない。

 

 

 新作アルバム発売に合わせて、Dayglowは、リードカット「Radio」のPVを公開しています。こちらのビデオは下記より御覧下さい。また、デイグロウは、以下のようなコメントをファンに捧げています。

 

「このアルバムを作っている間に結婚したので、都会から離れた家に引っ越し、ソーシャルメディアから距離を取りました。

 

自分自身について多くのことを学び、そこから自信がつき、このアルバムに対するビジョンが明確になりました。自分が好きなものを見つけ、それを声高らかに歌ったのがこのアルバム『People in Motion』なんだ」

 

 

「Radio」 Official Visualizer

 




ー『People in Motion』作品紹介ー

 

 

 わずか4年前に子ども部屋で音楽制作を始め、まるで ”シンセ片手におもちゃ箱から飛び出してきた” ようなカラフルなサウンドを生み出すシンガーソングライター、Dayglow(デイグロウ)。



今では、全世界でのストリーミング再生回数が10億回を越え、2020年最大のインディーズ・オルタナティブ・ヒットとなったデビューシングル「Can I Call You Tonight?」は、アメリカで100万枚のセールスを誇り、プラチナディスクを獲得した。勢いに乗るデイグロウの3作目となるニューアルバム『People in Motion』は、「レコーディングとプロデュースが大好きなんだ。」とコメントするように、コンセプト、作曲、演奏、プロデュース全てをデイグロウ自身が担当している。



”人々を心地よくさせる音楽を創り出す”というデイグロウの喜びの探求の先に生まれた今作は、争いを避け、純粋に誰かに何かを届けたいという彼の願いを華のあるポップなサウンドへと昇華させた作品となった。




Dayglow 『People in Motion』

 


リリース日:2022年10月7日(金)

 

レーベル:ASTERI ENTERTAINMENT

 

 

楽曲のご視聴/ダウンロード:

 

https://asteri.lnk.to/peopleinmotion




 収録曲

 

1. Second Nature(セカンド・ネイチャー)
2. Radio(レディオ)
3. Then It All Goes Away(ゼン・イット・オール・ゴーズ・アウェイ)
4. Deep End(ディープ・エンド)
5. Stops Making Sense(ストップス・メイキング・センス)
6. How Do You Know?(ハウ・ドゥー・ユー・ノウ)
7. Someone Else(サムワン・エルス)
8. Like She Does(ライク・シー・ダズ)
9. Turn Around(ターン・アラウンド)
10. Talking To Light(トーキング・トゥ・ライト)




 

・Dayglow (デイグロウ)  Biography

 


WEB| Twitter JP | Instagram | YouTube | Facebook | SoundCloud

 

アメリカ テキサス州出身のシンガーソングライター/プロデューサー Sloan Struble(スローン・ストラブル)によるソロプロジェクト。

 

全世界でのストリーミング再生回数は10億回以上を記録。2018年9月28日、デビューアルバム『Fuzzybrain』をリリース。アルバムのシングル曲「Can I Call You Tonight?」は配信で累計2億回、ミュージックビデオは、6,300万回以上を超える大ヒットとなり、Billboard、NPR、Ones to Watch、The Talkhouse、NMEなどの各メディア、音楽評論家から称賛を浴びた。


即完した2020年のワールドツアーはコロナウイルスにより全て中止となるも、2021年 2ndアルバム『Harmony House』のリリースツアーを成功させている。

©︎Jena  Cumbo


ブルックリンを拠点に活動するサイケ・ロック・クインテット、GIFTが、ニュー・シングル 「Share the Present」のPVを公開しました。

 

この曲は、10/14にDedstrangeからリリースするGIFTの新作アルバム『Momentary Presence』からの最新シングルとなっている。Andrew Gibsonが監督したビデオは、以下からご覧下さい。


バンドのTJ Fredaは、プレスリリースでこう語っています。「現在を共有することは、今この瞬間にいることだ」

 

「未来に目を向けるのでもなく、過去にとらわれるのでもない。現在にいることは、気分が落ち込んでいるときにできる最も重要なことだ。振り返るな、転べ』、自分が誰であったかの過去にこだわらないこと。今この瞬間に目を向け、自分が誰で、どこへ行こうとしているのかに感謝することだ」


 

©︎Sarah Zade Pollard


Guided by Voicesが、ニューアルバム『La La Land』を発表しました。このアルバムは来年の1月20日に発売される。
 
『Crystal Nuns Cathedral』『Tremblers and Goggles By Rank』に続くスタジオアルバムなる。リード・シングル「Instinct Dwelling」の試聴は以下からどうぞ。
 

ロバート・ポラードは声明で、「新作は、Tremblers and Goggles By Rankのコンパニオン・ピースのようなもので、スタイルやより長く、より冒険的な曲構成における多様性の道を探求し続ける」とローリングストーン誌に語っている。
 

10月28日には、Guided by Voicesは、90年代のレアなEPやシングルを集めたアーカイヴ・コンピレーション『Scalping the Guru』もリリースしている。


今年12月上旬、ミラノ・レコードから坂本龍一のトリビュートアルバムが発売されます。


A Tribute to Ryuichi Sakamoto - To the Moon and Back』は、Devonte Hynes、Electric Youth、David Sylvian、Alva Notoといったアーティストが、坂本龍一の楽曲をリメイクを行っている。


12月2日に発売されるこのアルバムのプレビューとして、Thundercatによる「Thousand Knives」のリワークをが公開されています。(先行予約はこちらで受け付けてます)アルバムのアートワーク、および、収録曲は下記にてご覧下さい。

 

 



『A Tribute to Ryuichi Sakamoto - To the Moon and Back』




Tracklist:


A1. Grains (Sweet Paulownia Wood) - David Sylvian Remodel
A2. Thousand Knives - Thundercat Remodel
A3. Merry Christmas Mr. Lawrence - Electric Youth Remodel

B1. Thatness and Thereness - Cornelius Remodel
B2. World Citizen I Won't Be Disappointed - Hildur Guðnadóttir Remodel
B3. The Sheltering Sky - Alva Noto Remodel
B4. Amore - Fennesz Remodel

C1. Choral No. 1 - Devonté Hynes Remodel (Featuring Emily Schubert)
C2. DNA - The Cinematic Orchestra Remodel
C3. Forbidden Colours - Gabrial Wek Remodel
C4. The Revenant Main Theme - 404.zero Remodel

D1. Walker - Lim Giong Follow the Steps Remodel
D2. With Snow and Moonlight - snow, silence, partially sunny - Yoshihide Otomo Remodel



 

Weak Signal and Cass McCombs (Photo courtesy of the artists)



 
Cass McCombsとWeak Signalがタッグを組んで新曲「Vacation From Thought」を発表した。
 
 
キャス・マックームスが作詞作曲を手がけたこの曲は、ウィーク・シグナルが作曲した「Give it Back」を含むコラボレーション7インチの一部で、今年初めにリリースした「Heartmind」以来となるキャス・マックームスの新曲である。 「Vacation From Thought」は下記より試聴可能です。

 

この新しい7インチ『Vacation From Thought』は、Philip Weinrobeと共にテープに録音され、Carl Saffによってマスタリングされています。Wharf Catから11月11日にリリースされる予定です。
 
 
 
 
Cass McCombs/Weak Signal 『Vacation From Thought』
 
 

Tracklist:

 
1.Vacation From Thought
2.Give It Back

 

©︎Tim Adorf


 シカゴのアーティストで詩人のJamila Woods(チャンス・ザ・ラッパーやマックルモア&ライアン・ルイスとの活動でも知られる、シカゴのR&Bシンガー)が、新曲「Boundaries」を発表した。

 

2020年の「SULA (Paperback)」以来の新曲となるこのシングルは、LAのComplex Studiosでレコーディングされ、BLVKがプロデュースしています。試聴は以下からどうぞ。


「"Boundaries "は新しい関係におけるプライベートと共有スペースの交渉、誰かに自分の粗を見せるために近づけることに伴うリスクについての曲よ」と、ジャミラ・ウッズはプレス・ステートメントの中で説明している。


「Boundaries are the distance at which I can love you and me simultaneously "というPrentice Hemphillの言葉についてよく考えることがある。

この曲は、恐怖から境界線を建てるのと、愛から境界線を建てるのとの違いを学ぶことを歌っている」


ジャミラ・ウッズはoddCoupleと楽曲「Reflections」でコラボレートションを行なっており、MiloeとVagabonに「Winona」で参加している。最新アルバムは2019年の『LEGACY! LEGACY!』である。


 


スウェーデンの姉妹オルトカントリー/フォーク・デュオ、First Aid Kit(クララとヨハンナ・セーダーバーグ)が、最新シングル "Turning Onto You" のPVを公開しました。

 

彼らの近作『Palomino』は、11/4にColumbiaからリリースされる予定です。Mats Uddが監督したビデオは、以下からご覧ください。


©︎Meadow Florence Marks


 UK・ブリストルのシンガーソングライター、Clara Mannが、ニューシングル「Go Steady」の公開に合わせて、新作EP「Stay Open」を発表しました。PVはアートワークとともに下記よりご覧ください。

 

”「Go Steady」は過去を手放し、現在にしっかりと自分の足で立つことについて歌っている "とクララ・マンはプレスリリースで説明している。

 

"この曲は、私に愛を示し、私が必要としていた時に腕を組んでくれた人たちへの感謝の歌でもある"


「私は以前、物や人、人生の他の時代の物語を手放すことを恐れていました。それは、自分の一部を置き去りにすることでもあると思ったからです。でも最近、私は今に存在しているときが一番幸せだと気づきました。しかし、最近になって、”今”に存在しているときが一番幸せなのだということに気づきました」


非常に奇妙で暗い時代を経て、『Go Steady』は雲を切るような、ひとつの章を閉じるような作品です。


昨年のConsolations EPに続く『Stay Open』は、11月1日に”7476”からリリースされます。先にリリースされたシングル「Thread」も収録されています。

 

 

 

 

「Stay Open」EP  Artwork

 


 

Pre-order:


https://orcd.co/gosteady




 

明日10月7日に2ndアルバムをリリースするEasy Lifeが、最新シングル「FORTUNE COOKIE」を公開しました。「MAYBE IN ANOTHER LIFE...」は、2021年のデビューアルバム『Life's A Beach』に続く作品で、全15曲が収録される。


フロントマンであり、ソングライター、プロデューサーでもあるMurray Matraversのソロ・パフォーマンス映像が公開されています。


Circuit Des Yeux ©Evan Jenkins
Claire Rousey ©Evan Jenkins

 

 Claire Rousayが、Circuit des Yeuxが昨年発表したアルバム『-io』から3曲をリワークした新作アルバム『Sunset Poem EP』を発表しました。

 

今作は、Matador Recordsから10月20日にリリースされる予定。さらに告知に合わせて「Sculpting the Exodus」のニューバージョンが公開されています。EPのカバー・アート、トラックリスト、そして、2人の対談映像とともに、以下でチェックしてみて下さい。

 

Circuit des Yeuxの名を冠して活動を行うHaley Fohrはプレスリリースを通じて、「私たちが2年間家に閉じこもっていた時にClaire Rousayの音楽に出会いました」と述べています。


「彼女の音楽は、孤独な現実の中に仲間がいるような雰囲気を私に与えてくれました。10代の頃、音楽とよく付き合っていたことを思い出しました。音楽が流れると、部屋はひとつの生態系になる。ミクロの世界で音に働きかける彼女の巧みな手腕が、今回のコラボレーションを成功に導いているのです。クレアに「-io」のステムを与えることができたのは光栄なことでした。その結果は、鉛管がゆっくりと溶けて金属の川になるのを見るような、魅惑的で巨大なものです。


 






Circuit Des Yeux 『Sunset Poem Reimagined By Claire Rousey』 EP 

 



Tracklist:
 

1. Vanishing
2. Sculpting the Exodus
3. Argument
 
 
 
Pre-order:
 
 

©Jack Mckain

 Nick Hakimが、DJ DahiとAndrew Sarloの共同プロデュースによるニューシングル「M1」を発表しました。前作のシングル「Vertigo」、「Happen」に続く、アルバム『COMETA』の最新プレビューとなります。


「M1」は、DJ Dahiのドラムループとクワイアのシンセテイクに、最小限の編集でサブベースの音を加えただけのものでした」とSarloはコメントしています。

 

「この曲はすぐに注目を浴び、私たちはこの曲を作らなければならないと思いました。その夜、ニックは非常識なスクラッチボーカルを披露してくれたのですが、彼がコーラスのリフレインでメロディーを奏でるのを初めて聞いた時のことを思い出すと、今でもゾクゾクする。アルバムの最終段階で、なかなか完成しない曲があるのだけれど、「M1」を時間内に完成させた時のアドレナリンラッシュは、とても嬉しかった。ニックの曲の中で一番好きな曲として間違いなく固まったんだ」



 Nick Hakimのニューアルバム『COMETA』は10月21日にATO Recordsからリリース予定です。


 

©︎ Dinomoves & AJ


 コーンウォール出身のインディーロックバンド、The Golden Dregs(通称:Benjamin Woods)が、ニュー・アルバム『On Grace & Dignity』を、2023年2月10日に4ADからリリースすることを発表しました。

 

Benjamin Woodsは、アルバムのリード・シングル、"American Airlines "のミュージック・ビデオも同時公開しています。Dinomovesが監督したこのMVは、アルバムのトラックリストとカバーアートと共に、下記からご覧いただけます。


 

 

ザ・ゴールデン・ドレッグスの前作『Hope Is For the Hopeless』は2019年にリリースされました。

 

 

 

The Golden Dregs 「On Grace & Dignity」





 

Tracklist:


1. Intro


2. American Airlines


3. How It Starts


4. Before We Fell From Grace


5. Not Even the Rain


6. Eulogy


7. Josephine


8. Vista


9. Sundown Lake


10. Beyond Reasonable Doubt

 


Pre-order:


https://linktr.ee/thegoldendregs