The Strokes


ザ・ストロークスは、2月24日に発売される10枚組のレコードボックスセット「The Singles - Volume 01」で、初期の作品に再び目を向けている。2001年の『Is This It』、2003年の『Room on Fire』、2005年の『First Impressions of Earth』の3枚のLPから、7インチ盤を含む全シングル盤を収録。


「Is This It」と「Alone, Together」のホームレコーディング、Pearl JamのEddie VedderとQueens of the Stone AgeのJosh HommeによるMarvin Gayeの「Mercy Mercy Me(The Ecology)」のスタジオカバー、The Clashの「Clampdown」ライブなど、オリジナル盤と同じカバーアートとB面を収録している。


ストロークスのYouTubeページでは、すべてのシングルのハイデフ・ミュージックビデオが公開されています。The Singles - Volume 01」コレクションは124.98ドルで、バンドの公式サイトで予約受付中です。


ザ・ストロークスの最新アルバムは2020年の『ザ・ニュー・アブノーマル』で、2021年にはグラミー賞の最優秀ロック・アルバム賞を受賞している。この夏、バンドはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのオープニングでスタジアム公演を次々と行い、さらに来月には初開催のロラパルーザ・インディアのヘッドライナーも務める予定だ。



Here is The Singles




Volume 01 track list:

#1
Side A: “The Modern Age” (Rough Trade Version)
Side B: “Last Nite” (Rough Trade Version)

#2
Side A: “Hard To Explain”
Side B: “New York City Cops”

#3
Side A: “Last Nite”
Side B: “When It Started”

#4
Side A: “Someday”
Side B: “Alone, Together” (Home Recording) / “Is This It” (Home Recording)

#5
Side A: “12:51”
Side B: “The Way It Is” (Home Recording)

#6
Side A: “Reptilia”
Side B: “Modern Girls & Old Fashion Men” (with Regina Spektor)

#7
Side A: “The End Has No End”
Side B: “Clampdown” (Live at Alexandria Palace)

#8
Side A: “Juicebox”
Side B: “Hawaii”

#9
Side A: “Heart in a Cage”
Side B: “I’ll Try Anything Once” (You Only Live Once Demo)

#10
Side A: “You Only Live Once”
Side B: “Mercy Mercy Me (The Ecology)”

物議を醸しているThe Eras Tourのフライヤー


Taylor Swiftの "The Eras Tour "は、前売り開始時にTicketmasterのシステムがクラッシュしたことにより一般販売も行われなかった。そして今、スウィフトのファンは、販売に関する不手際の疑いでチケット販売プラットフォームを訴えたことが判明した。


TMZの報道によると、スウィフトファンのグループは、チケットマスターの親会社であるLive Nationが本拠地を置くロサンゼルス郡で訴訟を起こした。詐欺、価格操作、反トラスト法違反を主張するこの訴訟では、チケットマスターが、よく言えば「The Eras Tour」がもたらす需要に対応できていなかったこと、悪く言えば「意図的なごまかし」であることを非難している。例えば、同社の代表者は、11月15日の先行販売では150万人のファンがチケットを購入し、200万人の購入希望者を想定してキャンセル待ちをする予定だったと述べています。その代わり、1400万人が座席を予約しようとした。


原告団によると、チケットマスターは前売り開始前日の11月14日に「Verified Fan」前売りコードを送付することになっていたそうです。しかし、ファンたちはそのコードを受け取らなかったため、ボットやダフ屋がチケットを買って転売できるようになったと主張している。訴訟では、チケットマスター社が、ダフ屋がチケットを購入し転売することを意図し、結果、チケットが新しい人の手に渡るたびに追加料金を徴収する道を開いたと、より陰湿な側面が指摘されている。


TMZによると、原告はチケットマスターが前売りで得た「不正な利益」を取り戻したいと考えている。また、反トラスト法違反として、2500ドルの民事罰も求めている。


スウィフトは、この前売りの後、自身の声明を発表しています。「240万人がチケットを手に入れたのは本当にすごいことだけど、その多くがチケットを手に入れるために何度も熊に襲われたように感じているのは本当に腹が立つわ 」彼女は述べている。


米上院の反トラスト法委員会も、ライブハウスやチケット販売業界の競争力不足について公聴会を開く計画を発表している。チケットマスターとライブネイションは、2010年に合併し、合わせて市場の約70%を支配しているとされる。同社は、スウィフトのツアー先行販売前から司法省の捜査を受けていたとされ、その後、テネシー州の司法長官も反トラスト法調査を発表している。

 Sophie Jamieson 『Choosing』

 

 Label: Bella Union

 Release: 2022年12月2日


Listen/Purchase



 Review

 

ロンドンを拠点とするシンガーソングライター、ソフィー・ジェイミーソンは、デビュー・アルバム『Choosing』で、自己破壊の苦しいどん底からかすかな希望の光に包まれた安全な旅を描いたパーソナル・ドキュメントを生み出している。

 

先行シングルを聴く限りでは、フォーク・ミュージックの印象が強かったものの、実際のアルバム全体を聴くと、オーケストラ、ポップス、フォーク、ロックと、かなりバリエーションに富んだ楽曲を楽しむことが出来る。

 

ソフィー・ジェイミーソンは、Elena Tonra,Sharon Van Etten、Scott Gutchisonといったソングライターから影響を受けているというが、上記のようなミュージシャンのメロディーセンスや歌唱法を受け継いだ、一聴しただけでは理解しえないような奥深さのある楽曲が本作には多く収録されている。ソフィー・ジェイミーソンの歌声は淑やかであり、内面を深く見つめるかのような思索性に富んでいる。ギター、そして、上品なモダン・クラシカルを思わせるピアノ、チェロ、そして、ローファイ調のドラムといった複数の楽器が配置されたバックトラックがソフィー・ジェイミーソンのソングライティングやボーカル/コーラスの持つ音響的な世界を徐々に押し広げていく。

 

全体的に囁くように繊細なジェイミーソンのボーカルは、その上辺の印象とは裏腹に、聞き手を心地よくさせ、さらに陶然とさせるパワーを有している。そしておもてむきにはそのかぎりではないが、内なる迫力を持ち合わせている。そして、ギターの弾き語りや、オーケストラのアレンジを通じて、これらのささやかな音楽の世界は、ひとつひとつの歌を通して、深みを増していき、複雑な音響の世界を形作る。まだ、デビュー・アーティストとして、歌をうたうこと、そして、曲を書くことに関して手探りであるような雰囲気も見られるが、そこには奇妙な自負心や勇ましさも感じられる。

 

特にこのデビュー作では、ギターの穏やかな弾き語り曲とピアノの弾き語りのトラックがひときわ美麗な印象を放っている。アルバムの序盤の収録曲「Crystal」は、ピアノに深いリバーブを施した楽曲であるが、ソフィー・ジェイミーソンは、何かそれらのピアノの音色を噛みしめるかのように、淡々と歌を紡ぎ出していくのが印象に残る。内面的な情感に彩られた一曲だが、ジェイミーソンの歌は時にソウルフルであり、シンプルなピアノの伴奏と相まって、静か深い情感を誘う内容となっている。ソフィー・ジェイミーソンの描き出す音の物語は時に「Sink」のような楽曲において、このアーティストにしか生み出し得ない情感によって内面にそれらのエネルギーが積み上げられることにより多面的な角度から紡がれていく。時に、それは、ドラムとシンセに乗じて繰り広げられるリフレインの恍惚性が楽曲の複雑さを強調するである。

 

また、そのほかにも、「Fill」は、米国のシャロン・ヴァン・エッテンを彷彿とさせるような、神秘的な雰囲気に彩られた楽曲もまた、ポップスとして味わい深い一曲となっている。ここでは、暗鬱な感じに満ちているが、ひとつひとつの言葉や旋律が丁寧に歌いこまれているので、聞き手を歌手のいる空間に惹きつけるような力学が働く。静かで落ち着いた一曲ではあるのだが、聴いていると、じっと耳をそばだててしまうような説得力を持ち合わせていることにお気づきになられるはずだ。これらの淑やかさに満ちた曲は、その後も同じような心地よく美しい空間を演出している。「Empties」でも心地よいポップ/フォーク・ミュージックが繰り広げられるが、ギターのアルペジオとコーラスとシンセサイザーが綿密に折り合わせられることにより、ジェイミーソンの歌声の美しさを余すところなく引き出している。特に、これは、このアーティストのメロディーセンスが最も感じられる一曲となっており、コーラスと絶妙にメインボーカルが混じり合う箇所は、美麗なゴスペルのような雰囲気を擁しており、その凄みに圧倒されてしまう。

 

その後も、 内省的な質感に彩られたギターソングが続く。「Violence」ではジャズ調のアンニュイな雰囲気に充ちた特異な空間を生み出している。ギターの繊細な指弾きのアルペジオは一聴の価値があり、滑らかなギターのアルペジオの上に、ジェイミーソンは囁くように歌っているが、詩的な表現性が込められているため、かなり聴き応えがあり、そして陶然とさせる力がある。背後に薄く重ねられたシンセサイザーのシークエンスが、これらの音の世界をドラマティックに、じわりじわりと盛り上げていく。そして、この曲の終盤では、美しいコーラスを交え、シンプルなイントロは目の覚めるようなダイナミックな楽曲に変化を遂げていく。このあたりの劇的な変化はぜひとも、じっくりと曲を聴いてみて、歌の凄さの一端を体感してみていただきたい。

 

「Boundary」もまた、コーラスワークが本当に美しく、せつない雰囲気が漂う一曲である。ジェイミーソンは、前の曲の形式を受け継ぎ、ギターの弾き語りを通じて、ハミングやコーラスワークを通じ、持ちうる情感を余す所なく表現している。特に、ビブラートが伸びていく時、 そしてそれがシンセサイザーやコーラスと劇的な融合を果たす時、息を飲むようなドラマティックな瞬間が生み出される。そして、このイントロからは想像しがたい歓喜的な瞬間がアルバムの核心ともいえる箇所となるはずだ。

 

アルバムの終盤になっても、美しい楽曲が目白押しとなっている。「Who Will I Be」はソングライターとしての才覚を遺憾なく発揮され、クランキーなエレクトリック・ピアノを交えながら、ソウルフルな趣きに支えられた情感豊かな楽曲が繰り広げられる。特に、この曲でもクライマックスにかけて、ビートの変更を途中に交えることにより、前半部とはまったく異なる情熱的な瞬間を見せるが、その後、イントロの美麗な主題が最後に陶然とした余韻を残している。

 

クローズ・トラックとして収録されている「Long Play」は、前の曲の続きとしても聴くことが出来る。このジャズ調のギターの弾き語り曲は、精妙な切なさによって彩られているが、ソフィー・ジェイミーソンの生み出す音楽は決して安っぽくはないし、センチメンタリズムの悪弊に堕するものでもない。素朴で上質な質感によってこれらの感情表現を巧みに彩り、聞き手を音楽の持つ奥深い世界の中へ引き込んでいく。


取り分け、アルバムのクライマックスでの細やかなギター演奏による奥深い音響世界と、このアーティストの高らかで抑揚に溢れる歌声は、目を瞠るような迫力と凄みがある。これらの楽曲は、単なる商業的なポップ・ミュージックとはいいがたい。強固な音楽のバックボーンを持ちあわせており、何度聴いても飽きさせない深さがある。


86/100

 

 

 Featured Track 「Boundary」


 

ビリー・ホリデイの奇妙な果実 1937

--プロテストソングに見る人権の主張性--


Protest-Song(プロテスト・ソング)というのは、現行のミュージック・シーンにおいて流行りのジャンルとは言い難い。しかし、近年でも人権の主張のための曲は、それほど数は多くないが書かれているのは事実である。これらは時代的なバックグラウンドを他のどの音楽よりも色濃く反映している。代表的な例としては、Bartees Strangeが作曲した「Hold The Line」が挙げられる。この曲は、ミネアポリスの黒人男性の銃撃事件、ジョージ・フロイドの死に因んで書かれ、バーティーズが追悼デモに直面した際、自分に出来ることはないかと考えて生み出された。アーティストが黒人の権利が軽視されるという問題をメロウなR&Bとして抉り出している。

 

米国の世界的な人気を誇るラッパー、ケンドリック・ラマーもまた、『Mr. Morales & The Big Steppers』の「Mother I Sober」において、自分の母親の受けた黒人としての心の痛みに家族の視点から深く言及している。これらの二曲には、ブラックミュージックの本質を垣間みることが出来る。

 

勿論、上記のような曲は、古典的なブラック・ミュージックの本質的な部分であり、何も最近になって書かれるようになったわけではない。それ以前の時代、60年代には、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダーといった面々がモータウンでヒットメイカーとしてキャリアを積んでいた時代も、黒人としての権利の主張が歌詞に織り込まれていたわけなのだが、その後のディスコ・ミュージックの台頭により、これらのメッセージ性は幾分希薄になっていかざるをえなかった。それは、ブラック・ミュージックそのものが商業性と同化していき、その本質が薄められていったのである。

 

その後の流れの反動として、このディスコの後の時代にニューヨークのブロンクス地区で台頭したラップ・ミュージックは、2000年代からトレンドとなり、それらは初期のブルースやR&Bと同じく、直接的、間接的に関わらず、スラングを交えつつ黒人としての主張性が込められた。もちろん、それ以前の19世紀から20世紀初頭にかけての最初期のブルースというジャンルを見ると、広大な綿畑ーープランテーションで支配層に使役される黒人労働者としてのやるせなさを込めた暗示的なスラングが多少なりとも含まれているけれど、これらはまだ後世の60年代のソウル・ミュージックのように、政治的な主張性が込められることは稀有な事例であった。

 

Billy Holiday

しかし、その黒人としての人権の主張を歌ったのが、20世紀初頭に登場した女性シンガー、上記写真のBille Holiday(ビリー・ホリデイ)だ。このアーティストは、本質的にはジャズに属する場合が多い歌手ではあるが、このアーティストの歌詞の中には、一連のプロテスト・ソングの本質(反戦、人権の主張、性差別)または、その源流が求められると言われている。特に、現代的な視点から注目しておきたいのが、このアーティストの代表曲「Strange Fruit(奇妙な果実)」という一曲だ。

 

ビリー・ホリデイが初めて録音した「奇妙な果実」は、20世紀前半のアメリカ南部で起こった黒人リンチ事件を歌ったものである。

 

この曲「奇妙な果実」は、教師/アベル・ミーアポールが詩として書き、1937年に発表された。ミールポールはアメリカ共産党に所属するユダヤ系白人であり、黒人リンチの凄惨な写真を見て、この歌を作った。1930年代、アメリカ南部ではリンチが高潮していた。控えめに見積もっても、1940年までの半世紀で約4000件のリンチが発生し、その大半は南部で、被害者の多くは黒人であった。


シンプルな歌詞の中に、大きな力が込められていて、曲が終わっても心に残る。美しい風景、花や果物の香りと、残酷に殴られた人間の血や骨が並置され、この曲に力強さと痛々しさを与えている。この曲は、アメリカの人種差別の残忍さを露呈しており、それ以上言葉を増やす余地はない。この曲の意味を理解したとき、人はそのイメージに衝撃を受け、怒り、嫌悪感を抱かざるをえない。

 

1939年にカフェ・ソサエティでこの曲を初演したBillie Holiday(ビリー・ホリデイ)は、この曲を歌うことで報復を恐れていたというが、そのイメージから父親を思い出し、この曲を歌い続け、後にライブの定番曲となった。あまりに強烈な歌なので、ショーの最後にはこの曲で締めくくるしかなく、バーテンダーはサービスを中止、部屋を暗くせばならない、という規則ができた。バーテンダーがサービスを止めて、部屋を暗くして、ビリー・ホリデイのパワフルな歌声でライブは終わるのである。このように、曲の成り立ちや歌詞の説得力が、演奏の仕方にも顕著な形で表れていた。


当時、政界を支配していたアメリカの反共産主義者や南部の人種差別主義者の間で悪評が立つことを恐れたレコード会社がほとんどであり、この曲のレコーディングは容易ではなかった。しかし、1939年にコモドール社によってようやく録音されると、たちまち有名になった。この曲は、知識人、芸術家、教師、ジャーナリストなど、社会の中でより政治的な意識の高い人たちの関心を集めた。その年の10月、『ニューヨーク・ポスト』紙のあるジャーナリストは、この曲を「南部の搾取された人々が声をあげるとしたら、その怒りの賛歌であり、またその怒りそのものだ」と評した。


政治的な抗議を音楽で表現することが少なかった1939年の当時、この曲はあまりに画期的だったため、ラジオではめったにオンエアされなかった。この時代、ルーズベルト政権だけでなく、民主党でも隔離主義者の南部ディキシーラットが主役だった時代。リンチの舞台となったアパルトヘイト制度を崩壊させるには大衆の運動が必要だった。

 

また、この歌は、プロテスト・ソングの元祖とも言われている。歌詞の内容は、暗喩が表立っているが、現代の音楽よりも遥かに痛烈だ。当代の合衆国の社会問題を浮き彫りにするとともに苛烈な情感が表現されている。以下の一節は、「奇妙な果実」で、最も有名な箇所であるが、この時代、女性歌手として、こういった南部の暴力を暴く曲をリリースすることがどれほど勇気が必要であったか・・・。それは現代社会を生きる我々にとっては想像を絶することなのである。

 


南の木は、奇妙な実をつける。

葉には、血、根には、血。

南部の風に揺れる黒い体

ポプラの木に、奇妙な果実がぶら下がっている。

勇壮な南部の牧歌的な情景。

膨らんだ目、ゆがんだ口。

甘く爽やかな木蓮の香り。

そして、突然の肉の焼ける匂い!

ここにカラスが摘み取る果実がある。

雨にも負けず 風にも負けず

太陽の光で腐り、木が倒れる。

ここには、奇妙で苦い作物がある。

 


 Warner Chapel(ワーナー・チャペル)は、Web3エンターテインメント・インキュベーターであるDefientとパートナーシップの締結を発表した。


このパートナーシップは「音楽業界の初の試み」とも言われ、音楽のリスニングの定義を覆すものとなる。おおよその意図としては、「音楽のバーチャル体験への移行」に焦点が絞られています。ワーナー・チャペルのソングライターとプロデューサーは、Web3空間とブロックチェーン技術の活用により、新しい機会を模索し、より多くの価値を引き出すことができるようになる。


ワーナー・チャペルとディフィエントの最初の提携プロジェクトは、ブロックチェーンに支えられた多次元デジタル博物館であるArchivesの立ち上げ、楽曲のアートとストーリーにスポットライトを当てることに特化しています。これは、デジタル収集品、記念品、イベントなどの厳選されたセレクションを通じ、ファンがソングライターとその楽曲に近づくことを目的としています。


WCMのクリエイティブサービス担当上級副社長であるアシュレイ・ウィントンは、次のように述べています。「ブロックチェーン技術の力を取り入れることで、音楽ファンにユニークな体験へのアクセスを提供しながら、ソングライターのためにインパクトのある新たな収入源と創造的な機会を創出することが出来るでしょう。シドニー(スウィフト)とデフィエントの彼のチーム全体がこの分野の専門家であるだけでなく、彼らは音楽に深く根ざし、クリエイターの声を支持する方法を知っています」


アーカイブズには、WCMのソングライターや遺族と共同でキュレーションしたカスタムコレクションが含まれる予定となっている。


2023年初頭には、2,000 NFTのコレクションであるArchives Mint Passでこの提携プロジェクトは正式にスタートする予定です。各NFTは、WCMのソングライターの名簿から厳選されたドロップ、オークション、バーチャル体験に参加する権利を保有者に付与する。


デフィエントの創業者兼CEOであるSydney Swift(シドニー・スウィフト)は、次のように述べています。「ワーナー・チャペル社が、ディフィエントがすでに深く関わっているWeb3コミュニティに進出する際に、同社と協力できることを光栄に思っています。ソングライターとプロデューサーとしてキャリアをスタートさせた私にとって、先進的なパートナーと手を組み、ソングライターやアーティストがWeb3プラットフォームを活用することをより簡単かつ身近にするために努力することは、とてもエキサイティングなことです。私たちは、テクノロジーを使ってクリエイターに力を与え、彼らのブランドを向上させる手助けをしたいと考えています。


WCMの共同議長兼CEOのGuy Mootと共同議長兼COOのCarianne Marshallは次のように声明を発表しています。、「これは、音楽出版の未来を形作るユニークな機会となるでしょう。デファイアントのサポートにより、私たちはソングライターのためにWeb3で新しい道を開き、彼らが遺産を増やし、ファンと関わるためのさまざまな方法を見つけることができるはずです」

 


毎年10組の新人アーティストを成功に導くBBC Radio 1の「Sound of 2023」のロングリストが発表された。この企画は、来年、国内でブレイク必須のアーティストをBBCが特集するという内容である。

 

今回も、エルトン・ジョン、デュア・リパ、サム・スミスなど130人以上の業界エキスパートとアーティストからなる審査員団によって選ばれた全リストは以下の通り。

 

* Asake
* Biig Piig
* Cat Burns
* Dylan
* FLO
* Fred again..
* Gabriels
* Nia Archives
* piri & tommy
* Rachel Chinouriri


昨年のSound Of... では、PinkPantheressが、Wet Leg、Central Cee、Temsを抑えて優勝した。


この投票では、以前、アデル、ハイム、エリー・ゴールディングといった並外れた成功を収めたアーティストが選ばれているが、2005年にはThe BraveryがKanoに勝利し、2018年にはビリー・アイリッシュがトップ5にも入らず、2015年にはジェームズ・ベイがストームジーより上位にランクインしている。


FLO、ニア・アーカイヴス、キャット・バーンズは、同様の業界人たちによって投票されるBRITsライジング・スター賞のノミネートも共有し、フレッド・アゲイン...、ガブリエルズ、ビーグ・ピッグらとともに接戦になると予想している。


トップ3のカウントダウンは、2023年1月3日(火)にRadio 1で開始される予定です。優勝者は2023年1月5日(木)に発表される予定。


このリストは、アーティスト、DJ、ラジオ・テレビ・プロデューサー、ジャーナリスト、ストリーミングの専門家、フェスティバルのブッキング担当者など、影響力のある音楽専門家136名から推薦されたもので、国や音楽ジャンルを問わず、契約しているかどうかにかかわらず、お気に入りの新人アーティスト3名を挙げる。

 

2022年10月31日以前に、UKトップ5アルバムまたはUKトップ10シングル3枚のリード・アーティストであったことは認められません。また、イギリスの一般大衆に広く知られていないこと(例えば、ヒット・バンドのメンバーがソロになった、テレビ・スターになったアーティストは除外される)、以前にSound Of...のリストに登場したことがないことも選出の条件となる。

 


ハリウッド・レポート、セサミストリートのオリジナルキャストとして40年以上にわたって親しみやすい音楽教師ボブ・ジョンソンを演じたSing Along With Mitchのテナー、ボブ・マクグラスが死去したと報じています。90歳でした。


"こんにちはFacebookの友人、McGrathの家族は共有するいくつかの悲しいニュースを持っている、"McGrathの家族は日曜日(12月4日)、彼のFacebookのページに投稿しました。「私たちの父、ボブ・マクグラスが今日亡くなりました。彼は家族に囲まれながら、自宅で安らかに息を引き取りました」


イリノイ州の農場で生まれたマクグラスは、1969年11月10日にセサミストリートが公共テレビ局でデビューしたとき、マペット以外の4人のキャストの1人だった。


演技の経験がない彼に、プロデューサーはいつも自分らしくあるようにと言った。長年にわたり、彼は「Sing, Sing a Song」や「The People in Your Neighborhood」など番組の代表曲を何十曲も歌い、キャロル・スピニーが声を担当する不機嫌なマペット、オスカーと多くのシーンを共にした。


マクグラスとオスカーは「奇妙なカップルのようなものだった」と、2004年にTVアカデミー財団のウェブサイト「The Interviews」で行われた対談でカレン・ハーマンに語っている。「オスカーはいつも不機嫌で、僕はミスター・ナイスガイ "なんだ」


彼は、2016年7月に第47シーズンに復帰しないことが発表されるまで、伝説の子供番組であり続けたが、公的なイベントではセサミストリートの代表として参加し続けました。


「この番組をやりたいと思うまでに2分くらいかかった」と、2015年、彼はこう語っている。「私は、...ジムと(マペット仲間の)フランク・オズの輝きと、他のすべてに圧倒されました」


マクグラスとロレッタ・ロング(看護師スーザン・ロビンソン役)、マット・ロビンソン(夫で科学教師ゴードン役)、ウィル・リー(キャンディー店主フーパー氏)は1時間のパイロット版5本を収録し、全米の何百人もの子供たちに見せ、セサミストリートの第1シーズンで1時間エピソード130本を撮影するまでになったのです。そして、セサミストリートの第1シーズンには、130の1時間番組を撮影することになったのです。


5人の子供のうちの1人、ロバート・エメット・マクグラス(アイルランドの愛国者にちなんで名付けられた)は、1932年6月13日にオタワとグランドリッジの町の間にある農場に生まれた。母親のフローラは、耳コピができるピアニストであった。9歳のとき、シカゴのNBCラジオ局のタレント・コンテストで優勝した。


マクグラスは、マーケット高校在学中に自分の地元ラジオ番組を持ち、ミシガン大学音楽学部で声楽を専攻し、グリークラブの最初の一年生ソリストとなった。


1954年の卒業後、2年間の兵役中にドイツ・シュトゥットガルトの第7軍交響楽団に所属した。その後、マンハッタン音楽院で声楽の修士号を取得する傍ら、セント・デイビッドスクールで青少年に音楽鑑賞と理論を教えるために雇われた。


その後2年間、マクグラスは葬儀でグレゴリオ聖歌を歌い、イーゴリ・ストラヴィンスキーとレコーディングし、レナード・バーンスタイン、ロバート・ショー、フレッド・ワリングのコーラスを務め、コマーシャルのジングルや、「ホールマークホール・オブ・フェイム」や「ベル・テレフォンアワー」といったテレビ番組で歌った。


1961年、マクグラスは新シリーズ「Sing Along With Mitch」に25人のコーラスで参加した。NBCのこの番組は、クラシックオーボエ奏者でコロンビアレコードのA&R部門のトップであるミッチ・ミラーが、オーケストラとコーラスを指揮してオールドタイムの歌を演奏するというものであった。視聴者は、テレビ画面の下に歌詞が表示されるので一緒に歌うことができ、「家族で楽しめる番組」であったと、マクグラスは述べている。


番組開始2年目、セント・パトリックス・デーのテレビ放送で「マザー・マックリー」を歌ったマクグラスは、倍額のギャラを与えられ、男性ソリストに昇格した。(17歳で番組に出演したレスリー・ウガムスは、女性ソリストとして出演していた)。


1964年にSing Along With Mitchが4年間の放送を終えた後、ミラーとその一行はラスベガスのDesert Innで公演し、その後、NHKテレビで放送されていた30日間の日本ツアーに参加しました。


「コンサートには、毎回4、5千人のティーンエイジャーが来てくれた」とマクグラスは振り返る。「なぜ、こんな古い曲をティーンエイジャーが聴いているのだろう?彼らは英語を学びたいと強く思って番組を見ていたのです。私たちははっきりと歌い、(歌詞が)スクリーンに映し出されました」。


日本語で歌うと、「ボブ!ボブ!」という掛け声がかかった。Bobu!"の大合唱で迎えられ、全国にマクグラスのファンクラブがあることを知った。


ツアー終了後、彼は東京のナイトクラブ「ラテン・クォーター」と「コパカバーナ」のオープンのために戻り、その後3年間、コンサート、アルバム、コマーシャル、テレビ番組などでたびたび訪れることになった。また、佐藤栄作首相の晩餐会で演奏したこともある。


アメリカでは、「私のような声は旬ではない」と、彼は1967年にニューヨーク・タイムズ紙に語っている。「しかし(日本では)感傷的な日本の歌にはアイルランドのテノールがちょうどいいと言われています」。


マクグラスは、「日本語を話すふりはできない」と言いながらも、歌の歌詞を「音声で、そして意味を合わせて」勉強したという。


1965年、『トゥナイト・ショー』で「ダニーボーイ」を日本語で歌い、それがコンサートで大受けした。その後、ゲーム番組『トゥ・テル・ザ・トゥルース』と『アイヴ・ガット・ア・シークレット』に出演した。


セサミストリートで一番好きな場面は、『マギーの贈り物』をもじった1978年のエピソード「セサミストリートのクリスマスイブ」と、リーのフーパー君の死を扱った1983年の切ないコーナーだとマクグラスは語っている(マクグラスと一緒にいたリーのフーパー君の死は、1983年のエピソード「セサミストリートのクリスマスイブ」)。(マクグラスと楽屋を共にしていたリーは、番組休止中の1982年12月に心臓発作で亡くなっていた)。


「レコーディングの日、私たちは数時間にわたってすべてをリハーサルしたのですが、まったく感情を入れず、ただ言葉を発するだけでした」と彼は回想する。「収録当日は、感情を入れず、ただ言葉を発するだけの完全なドライリハーサルを数時間行い、いざ本番では、抑えきれないほどの生の感情で撮影に臨んだ。セサミストリートでのウィルの素晴らしい人生を、本当に何年も追体験しているようで、目に涙を浮かべながら、かろうじて我慢していました」


「撮影が終わったとき、(脚本・監督の)ジョン・ストーンが、ある小さなセクションをやり直したいと言ってきたんだ。私たちはその部分を2分ほどやったところで、ジョンにもう忘れてくれと言われたんだ。私たちは耐え切れず、皆、バラバラになってしまった。だから、このエピソードにあるのは、その番組全体の最初で唯一のテイクなんだ」


セーターが大好きなマクグラスは、セサミストリートのスペシャル番組や、映画『Follow That Bird』(1985年)、『The Adventures of Elmo in Grouchland』(1999年)に出演し、1996年には『Uh Oh! Gotta Go! (トイレのしつけについて)、2006年の『Oops! Excuse Me Please! (マナーについて)、2000年の『Sing Along With Bob』や2006年の『Sing Me a Story』などのアルバムをリリースし、全米の交響楽団と共演しています。


また、1977年から2015年まで、カナダのサスカチュワン州の特別なニーズを持つ人々のためのCTVテレソン「テレミラクル」の司会を1年を除いて毎年務めている。


遺族には、1958年に結婚した妻のアン-出会った当時はセント・デイヴィッズの保育士だった-3人の娘と2人の息子、そして8人の孫がいる。


TVアカデミー財団のインタビューの中で、マクグラスは、セサミストリートがもたらした「名声」の大きさについて語っています。


「ある時、店にいた小さな男の子が私の手を掴んだんです。私を父親と間違えたのかと思いましたよ」彼は回想しています。"こんにちは "と言ったら、彼は "こんにちは "と言ったんだ。私の名前を知っていますか』と言ったんです。彼は『うん、ボブ』と言った。私が『どこに住んでいるか知っていますか』と言うと、彼は『セサミストリート』と言ったんです。...私は、『セサミストリートにいる他の友達を知ってる?彼は、『ああ、7番だ』と言ったんだ。私は、数字のすぐそばにいるんだと思った」


また、番組にお便りとして届けられた「ずっと好きな手紙」についても次のように回想している。その親は、4歳か5歳の小さな女の子が、ある朝、びっくりして自分たちの部屋に駆け込んできて、『ママ!パパ!』と言って起こしたと書いてきたんです。『パパ! 私の枕が!』。そして、彼らは、「それは何なの?と聞くと、彼女は「長方形!」と言った。つまり、それが彼女の人生における大きな発見だったんです」。


 

Katie Gregson-MacLeod



Katie Gregson-MacLeod(ケイティ・グレグソン・マクラウド)の新作EP「songs written for piano」が11/2にSony Music Entertainmentからリリースされた。ケイティー・グレグソン・マクラウドはUKの注目のシンガーソングライター。現在、TikTokで爆発的な人気を獲得し、今後の活躍が楽しみなアーティストです。


EP収録のニューシングル「white lies」、「complex」がTikTokで爆発的な人気を博したことを受けて、このEPは、ケイティの周りで話題になっているという。「complex」は3曲の新曲とともにEPに収録されており、そのうちのいくつかはMatt Malteseと一緒に制作している。

 

このEPについて、ケイティは、「この作品群のアイデアは、『complex』がリリースされ、その周りのすべてのクレイジーなプロセスの初期に思いついたの。ピアノとヴォーカルだけのデモ音源としてリリースされた "complex "が多くの人の心に響いたとき、サウンド的にもテーマ的にもその世界観の中にある作品群をリリースする完璧な機会になると思った」と紹介している。


このリリースと同時に、ケイティは「white lies」のビデオも公開しており、以下でその全貌を確認出来る。

 

 「white lies」

 

 

Katie Gregson-MacLeodの新作EP「songs written for piano」のストリーミングはこちらから。

 

 

Katie Gregson-MacLeod 「songs written for piano」EP

 

 

Label: Sony Music Entertainment

Release: 2022年12月2日


Tracklist:
 

1. i’m worried it will always be you 

2. to be eighteen 

3. complex 

4. white lies 

5. complex (live with strings)

 

 

Boris


記念すべき結成30周年を迎える日本のヘヴィー・ロックの大御所、Borisは、周知の通り、一定のジャンルにこだわることなく、メタルからノイズ、サイケ、ストーナーロックに至るまで、幅広い音楽性のアプローチを選んできました。このあたりの事情が、このバンドを未だにジャンルという概念ではくくることのできない、個性的であり無比の存在として世界で広く敬愛される理由でもあるのです。

 

Borisは、2022年に入り、すでに2作のアルバム、『W』、『Heavy Rocks』をリリースしていますが、先週金曜日(12月2日)に3作目となる『Fade』を発売しました。ドローンにインスパイアされたという『fade』は、今年最後のBandcamp Fridayに合わせてリリースされ、世界的に話題を呼んでいます。

 

ストリーミング/ご購入はこちらから。さらにアルバム・オープニングの「prologue sansaro」のビデオをご試聴することが出来ます。


Borisは、『fade』を30年のキャリアの中でどのような位置づけのアルバムとして制作したのかについて、「ロックや音楽全般の概念に縛られることなく、むしろボリスの混沌とした時代に突入した世界が前に進むためのドキュメンタリーとも言える」と語っています。以下、彼らのコメントです。

 

「パンデミック後の現在に突入する。無秩序と不安に包まれた世界の記憶は、すでにノスタルジーの感情をもたらしている。社会から切り離された一人ひとりが、再びひとつになる。


その原風景のような無秩序の中で、あなたは恐れを抱きましたか?居眠りをしていたのか?あるいは極限状態の中で、孤独に安らぎさえ覚えただろうか。


その無秩序の中で、自分と目が合ったのか、それともそんな瞬間はなかったのか。


今、轟音に包まれ、全身を撫でられながら、目覚めへと向かう。


朝が来る」

 

David Byrne ©︎Julia Drummond


元Taking Headsのメンバー、David Byrne(デヴィッド・バーン)は、金曜日にBandcampでリリースしたばかりの「The Fat Man's Comin'」について、「私はかねてからホリデーソングを書きたいと思っていたんだ」と書いている。「サンタクロースの訪問は、宗教やスピリチュアルな出来事というよりも、より世俗的な消費者の瞬間として進化してきたように思えるからだ」

 

バーンは、この曲の広範囲にわたるオーケストラのアレンジを担当したジェレク・ビショフとの共同プロデュースを行った。

 

この曲は、バーンによると、セント・ヴィンセントと一緒に彼のアルバムに取り組んでいた頃に制作され、長いあいだお蔵入りとなっていた、いうなれば、ちょっとした「迷作」なのだそうだ。

 

この曲は、普通のホリデーソングとは明らかに異なっている。幸福感が抑えられているものの、一筋縄ではいかないユニークさ、シュールさが込められているのは、いかにもバーンらしい曲といえる。つまり、これは、「毛皮で縁取られた襟を持つファンキーな男」に捧げる、「古風で不気味な」ネオクラシカルな頌歌となっている。この曲のダウンロードによる収益は、バーンが運営する非営利のオンライン・ニュースマガジン「Reasons To Be Cheerful」に寄付されます。


このホリデー・ソングについて、デイヴィッド・バーンは次のように語っています。


「この曲の基礎は、数年前にセント・ヴィンセントと行ったコラボレーションと同時に書かれたものかもしれないと思うのですが、なぜかサンタ現象を文字通りにとらえたものが出てきてしまったのです。

 

ちょっと変わった服装の太った男が、人の家に侵入して謎の荷物を置いていく、というストーリーは、アニーと僕には合わなかった。オーケストラのアレンジとレコーディングは、以前から一緒に仕事をしていたジェレクにお願いしました。昔の「テディベア・ピクニック」という曲も参考にしたのかもしれません。

 

当時は、この曲を寄付を募るための手段として使おうと思ったのですが、この曲に注目してもらうためには、ビジュアルが必要かもしれないと思い、絵コンテを描いたのですが、結局、お蔵入りになってしまいました。でも、”Reasons To Be Cheerful”の1年を祝うために、この曲を復活させ、絵コンテを見ながら、どんなビデオになったか想像してもらうのもいいかもしれないね」


 

Julia Jacklin


今年8月にリリースされた2ndアルバム『PRE PLEASURE』について、オーストラリアのSSW,ジュリア・ジャックリンは、セリーヌ・ディオンがレコード制作中の「心の指針」だったと話している。


以前、Consequenceのインタビューに語ったところでは、ジュリア・ジャックリンはこう語っている。


「今となっては、ちょっとした性格診断テストのようなものだと感じているんです。もし誰かがセリーヌ・ディオンの悪口を言っていたら、"あなたは何に喜びを見出すの?"っていう感じ。もちろん、みんながセリーヌ・ディオンを好きでなければならないとは言わないけど、あの手のアーティストをまともに相手にしないのはとても簡単なこと。でも、セリーヌ・ディオンは、とても愛されているし、明らかに人とつながることをやっている、それはとても貴重なことなんです」


ジュリア・ジャックリンは11月30日のスペイン/マドリードでのライヴで、セリーヌ・ディオン不朽のヒット曲であるタイタニックのラブソングとして、あまりにも有名な「My Heart Will Go On」をカバー、このアーティストに対する献身性を証明しました。素晴らしいサウンドに仕上がっており、観客も一緒に熱狂的に歌い上げました。下記よりライブの様子をご覧ください。

 

 

Portland


ベルギーのドリーム・ポップ・デュオ、Portland(ポートランド)が3月17日にニューアルバム『Departures』をPIASからリリースします。この告知に合わせて先行シングル「Stardust」が公開されています。MVも4日前に公開されています。下記よりご覧ください。

 

ポートランドは、音楽学校で学んでいた時に出会った、ジェンテ・ピロネとサラ・ペペルズを中心に結成された。ポートランドは、2019年にはデビュー作「Your Color Will Stain」、2021年には「Besides」を発表しています。

 

COVIDは、彼らの人生に大きな変化をもたらした。ニューアルバム「Departures」はこの時期から生まれ、イーストロンドンのロンドンフィールズのポニースタジオでレコーディングされた。


ポートランドのボーカリスト、Sarah Pepels(サラ・ぺぺルズ)は「Stardust」について次のように語っています。

 

「2021年1月、私は失恋してしまい、たくさんの思い出と私の人生の一部である愛を捨てなければならなかったのです...。どこに行けばいいのかよくわからなかったけど、内心ではよくわかっていたんだ、その考えや重い感情を込めるために音楽を作らなければならないって。一人になりたかったから、姪のアパートで猫の世話をしていた。4日間閉じこもって、毛皮で覆われた子猫の暖かさと仲間だけを見て過ごしました。それはとても濃密な時間で、カタルシスのある旅になりました。そして、「Stardust」という、私にとって世界を意味する曲が誕生したのです」

 

 

 

 

Portland 『Departure』


 

Label: PIAS

Release: 2023年3月17日

 

Tlacklist:


1.Where Did Everybody Go

2. Good Girls

3. Sensational

4. Stardust

5. Never Leave

6. How It Is

7. Last Trip

8. Alyson

9. Little Bit Closer

10. Serpentine

11. So Sweet

12. No Man's Land

 

Pre-order:

 

https://portland.lnk.to/departures

Weekly Recommendation 
 
 
 
Move D& D man 「All You Can Tweak」
 
 


Label : Smallville Records   

Genre: Techno/House
 
Release: 2022年12月2日 
 
 
 
 



Featured Review    
 
 
ードイツ/ライン地方のダンス・ムーブメの30年の集大成ー



1990年頃、ドイツ・ハイデルベルクは、アンダーグラウンド・レベルでダンスシーンがこれまでになく盛り上がりをみせていた。ゲーテ、ヘンダーリン、アイヒェンドルフで有名なネッカー川にほど近いフィロゾーフェン通り(哲学者の道)や、ドイツで最も美しい古城を始めとする由緒ある旧市街地、また学生街でもある--ハイデルベルクのベルクハイマー通りにある「Blaues Zimmer」(ブルールーム)というライブ・スペースには、当時、定期的に優秀なプロデューサがここぞとばかりに集っていた。
 
 
このドイツのアンダーグラウンド・シーンの一端を担った「Blaues Zimmer(ブルー・ルーム)は、Dirk Mantei(Dman)が所有するスタジオであり、David Moufang(Move D)は、この場所を、その後の10年間にライン・マイン地域で起こったエレクトロニック・ミュージック・ムーブメントの「種(Keimzellenーカイムツェーレン)」と呼びならわしている。ハイデルベルクは、マンハイム、ルートヴィヒスハーフェン、ダルムシュタット、といった中堅都市が比較的近くに位置し、フランクフルトにも簡単に行くことが出来たためか、この町の90年代のダンスフロアは活況をきわめ、その頃、多くのクラブやパーティーが開催されたが、プロデューサー、Dirk Mantei(ディルク・マンテイ)とDavid Moufang(ダビデ・モウファン)は、当地のクラブシーンの一翼を担う存在だったという。


Dirk Mantei & David Moufang,、Eric D Clark、Robert Gordon、Nils "Puppetmaster" Hess、DJ Cle-、などなど、ハイデルベルクに住んでいた秀逸なプロデューサーたちが、この時期にダークなフロアに集まっていた。このことに関して、Discogsは、Dirk Mantei(ディルク・マンテイ)を「南ドイツの1990年代のテクノ・シーンの中心的人物」と呼んでいるが、これにはそれなりの理由があるのだという。他でもない、Dirk Mantei(ディルク・マンテイ)は、地元のミュージック・シーンを盛り上げてきた人物であり、南ドイツのクラブ・ミュージックの地盤を築き上げた人物でもあるのだ。
 
 
Dirk Manteiは、個人経営のレコード店(Dubtools)を経営しながら、Planet Bass(1988年頃、ハイデルベルクのNormalで行われた日曜日のパーティ)、Hot Lemonade(1990年頃、マンハイムでの日曜日のパーティ)といった、伝説的なパーティを開催しながら、地元ハイデルベルクのダンスシーンを活性化させようとしていた。その後、ハイデルベルクからマンハイムに拠点を映すやいなや、Dirk Mantei(ディルク・マンテイ)は、伝説的なクラブ”Milk!”(1990年~)をオープンし、その後、HD800(MS Connexion内)というクラブを経営するに至った。この2つのクラブには、彼自身が購入し、調整した、巨大なサウンドシステムが導入された。David Moufangは、クラブ”Milk!”について、自分のソロ名義/Move Dとレーベル名Source Recordsの発祥の地と呼びならわしているようだ。


Dirk Mantei & David Moufangの実質的なデビュー・レコードは、Davids Sourceからリリースされた「Homeworks 1」という12インチだ。また、その1年前には、Source Recordsから最初のCDとしてリリースされた4曲もあった。また、「Wired To The Mothership」は、このCDコンピレーションに収録されている32秒のトラックで、あまりにも短いが、特別なものであるのだという。


シェフィールドにインスパイアされたブリープ、タイムレスなパッド、デトロイトなストリングス、JXP-3のオルガンソロ、アナログドラム、アナログ・ベースラインなど、時代を超えたコンポーネントが最も素晴らしい方法で織り成されてから消えていく。DavidとDirkは、この曲のロングバージョンが何故今まで存在していなかったかという点について、「当時のミックスダウンに満足おらず、30年近くかけてようやく2021年のフルバージョンを完成させた」と語っている。


 
今回、Smallville Recordsからリリースされた『All You Can Tweak』の全てのトラックは、1992年から2021年の間にDavid MoufangとDirk Manteiによって書かれ、プロデュースされ、ミックスされた作品である。
 

Move D


昨日、12月2日に発売された南ドイツのダンスシーンを象徴する二人のプロデューサーDirk Mantei & David Moufangの最新作『All You Can Tweak』は、先述したように、90年代に録音されていながら、長らく発表されていなかったトラックも複数収録されているという点で、伝説的なアルバムと呼べるかもしれない。二人のプロデューサー、Dirk Mantei (ディルク・マンテイ)& David Moufang(ダビデ・モンファン)のダンスミュージックは、デトロイト・テクノや初期のハウス・ミュージックに象徴される4つ打ちのきわめてシンプルなハウス・ミュージックが基本的な要素となっている。シンプルなスネアとドラムのキックに支えられた基本的なテクノ/ハウスではありながら、反復的に繰り返されるビートに、アシッド・ハウスやサイケの要素が加わっていくことにより、途中から想像しがたいような展開力を持ち合わせるようになる。
 
 
Move D/Dmanの最新作『All You Can Tweak』は、テクノ/ハウスの原点を探るような作品といえそうだ。この作品は、ジェフ・ミルズ、オウテカ、クラーク、ボノボの初期のように、最もテクノが新しい、と言われていた時代の熱狂性の痕跡を奇跡的に残している。時代を経るごとに、これらの4つ打ちのリズムは徐々に複雑化していき、ヒップ・ホップのブレイクビートの要素が付け加えられ、ほかにもロンドンのドラムン・ベースの影響が加わり、さらに細々と不可解に電子音楽は枝分かれしていった印象もあるが、『All You Can Tweak』を聴くとわかるように、これらの基礎的な4つ打ちのビートにも、まだ音楽として発展する余地が残されていることを、Move D/Dmanの二人のプロデューサーはあらためて、この最新作『All You Can Tweak』ではっきり証明しているように思える。しかし、一方で、この作品は、単なるデトロイト・テクノや旧来のハウス・ミュージックへの原点回帰とはいいがたいものがある。三十年という月日は、Move D/Dmanにとって、これらの原始的なダンスミュージックを、さらに深化/醸成させるための準備期間であったのだろうと思う。二人のプロデューサーは、実際に、レコード店を経営しながら、そして、地元ハイデルベルクのダンスシーンと密接に関わりながら、イギリスにもない、イタロにもない、そして、アメリカにもない、特異なGerman-Techno(ゲルマン・テクノ)を綿密に構築していった。
 
 
彼らは、80年代のテクノやハウスのシンプルなビートの要素に加え、デュッセルドルフのテクノ、トランス、構造的なエレクトロの要素をもたらし、他にも、ホルガー・シューカイのダブの多重録音や、サイケの色合いを付け加える。ハウスの16ビートに、シャッフルビートを加え、グルーブの揺らぎを生み出し、オシレーターを駆使したフレーズを重ね、トーンの絶妙な揺らぎをトラックメイクに施し、音の進行に流動性を与え、曲そのものに多重性をもたせている。ビートは、常に反復的で、キックが強調されていることからも分かる通り、フロアの重低音の実際の音響に重点が置かれているが、軽薄なダンスミュージックを極力遠ざけて、思索的な音の運びを尊重している。二人のプロデューサーは、オシレーターによるトーンの微細な変化により、信じがたい音色を生み出す。多くの曲がイントロから中盤にかけて、印象がガラッと一変するのはそのためである。そして、これが今作を聴いていて、ランタイムが進むごとに、音楽の持つ世界が深度や奥行きを増していくかのように感じられる理由でもあるのだろう。
 
 
アルバムのアートワークを見ても分かる通り、これらのテクノ/ディープ・ハウスは一筋縄ではいかない。製作者の音楽的な背景を実際の音楽に反映したかのように、サイケデリックな色合いを持ち、アンダーグラウンド性の高い、緊迫したトラックが続く。リスナーはオープニングを飾る日本の江戸時代後期の浮世絵画家にちなんだオープニング「Hokusai」で、異質な何かを発見することになる。コアなグルーブと共に、ベースラインを強調させたリード、ハイハットのシンプルな連打がアルバムの世界観を牽引する。 これらは、二人のプローデューサーの豊かな創造性により、浮遊感が加味され、ときに、サイケデリック・アンビエントの領域に踏み込む場合もある。
 
 
一転して、#2「All You Can Tweak」では、落ち着いたIDM寄りの電子音楽が展開される。ミニマル・グリッチ的なアプローチの中にチルアウトの要素が加味される。金属的なパーカションを涼し気な音響の中に落とし込むという点では、Bonobo(サイモン・グリーン)に近い手法が取り入れられている。さらに、#3「Colon.ize」は、本作の中でハイライトの1つとなる。4つ打ちの簡素なビートは、ハウスの基本的な要素を突き出しているが、特にバスドラムのベースラインを形成するシンセが絡み合うことにより、コアなグルーブ感を生み出していく。しかし、この曲が既存のハウス/ ディープ・ハウスと明らかに異なるのは、デュッセルドルフのテクノ、つまり、クラフトベルクのロボット風のシンセのフレーズがSFに近い特異な音響空間を導出する点にある。不思議なのは、これらのロボット・シンセが宇宙的な雰囲気を演出しているのである。さらに続く、#4「Weierd To The Mothership 2021」は、ユーロ・ビートやトランスが隆盛をきわめた時代のノスタルジアが揺曳する。これらのアプローチは古びている感もなくはないが、その点を二人のプロデューサーは、リミックスを通し、アシッド・ハウスの要素を加味することによって克服し、淡白なダンスミュージックを避け、鮮やかな情感を添えることに成功している。

 
その後もまた、4つ打ちのシンプルなビートがタイトル・トラック「All You Can Tweak」で続くが、ここでは複合的なリズム性が現れ、シャッフル・ビートの手法を駆使し、特異なグルーブを呼び覚ましている。この曲でも、ビートやリズムは、新旧のハウス/ディープ・ハウスをクロスオーバーしているが、そこにシンセのオシレーターのトーンの振幅により、音色に面白い揺らぎがもたらされ、曲のクライマックスでは、ボーカルのサンプリングを導入し、近未来的な世界観をリスナーに提示している。ただ、ひとつ付け加えておきたいのは、それは人間味というべきなのか、電子音楽の良曲を見極める上で欠かすことの出来ない仄かな情感を漂わせているのである。
 
 
 
アルバムの終盤では、この二人のダンスフロアへの熱狂性がさらに盛り上がりを見せ、90年代のハイデルベルクのアンダーグランドのダンスフロアに実際に踏み入れていくかのようでもある。続く、#6「Doomstorlling」では、シンセ・リードにボコーダーのエフェクトで処理した面白い音色を生み出していてユニークであるが、やはり、80年代のイタロ・ディスコに触発されたマンチェスターのミュージック・シーンとも異なる、バスドラムのキックのダイナミクスを最大限に活かした少しダークな雰囲気を持つダンス・ミュージックを体感することが出来る。そして、アルバムのクライマックスを飾る#7「Luvbirdz」は、「Hokusai」「Colon.ize」「All You Can Tweak」と合わせて聞き逃すことの出来ない一曲である。彼らは、シャッフル・ビートを交えつつ、アシッド・ハウスの極北を見出す。タイトルに纏わる鳥のシンセの音色についても、二人のプロデューサーの斬新なアイディアを象徴するものとなっている。
 
 
 
総じて、『All You Can Tweak』は、90年代から続く、南ドイツのアンダーグラウンドのダンス・ミュージックの二人の体現者であるDavid&Dirkが、それをどのような形で現代に繋げていくのか、真摯にそして入念に探求しつくしているため、歴史的なアーカイブとしてみても、かなり意義深い作品となっている。これらの7つのトラックは、90年代のハイデルベルクのミュージック・シーンの熱狂性を余すことなく継承しているばかりか、現在も新鮮かつ刺激的に感じられる。いや、それどころか、これらの楽曲が、2020年代の世界のダンス・ミュージックの最高峰に位置することに疑いを入れる余地はない。信じがたいことに、彼ら(David&Dirk)が90年代にハイデルベルクに蒔いたダンス・ミュージックの種-Keimzellen-は、この本作において、30年の月日を経て実に見事な形で結実したのである。
 

98/100
 
 
 
 Weekend Featured Track #1「Hokusai」
 

 

Cassandra Jenkins

 

 ブルックリンを拠点に活動するシンガーソングライター、Cassandra Jenkins(カサンドラ・ジェンキンス)が、学者、ヴォーカリスト、サランギー奏者のSuhail Yusuf Khan(スハイル・ユスフ・カーン)とコラボレートしたEPを12月2日にリリースしました。


『Cassandra Jenkins & Suhail Yusuf Khan Live』EPには、Sonos Radioのポッドキャスト「Music is Everything!」のためにスタジオでライブ録音された即興演奏とJenkinsの楽曲が収録されている。

 

また、カサンドラ・ジェンキンスは映像作家のAdinah Dancyge(アディナ・ダンシガー)と作家、ポルノディレクター、また、セックスワーカーにおける人権/政治活動家でもあるLiara Roux(リアナ・ルー)と共に制作した「Crosshairs(interlude)」の新しいビデオも公開した。


「歌には、様々な顔があり、私が愛する他のアーティストとコラボして優しくてシュールなものを作ることで、CrosshairsのDNAの潜在意識の側面を探りたかった」とカサンドラ・ジェンキンスは「Crosshairs(間奏)」についての声明に書いています。

 

さらに、ジェンキンスは「Crosshairs (interlude)」について、「見知らぬ者同士、あるいは初めてお互いを探り合う二人の間に起こる親密さ、そしてそれが私たちの精神を開放する様を捉えたかったんだ。撮影はパフォーマンスというより、遊び心のある直感的なシーンになりました」


「”Crosshairs”は、親密さの主観的な経験に対する好奇心を反映しています」とAdinah Dancyge(アディナ・ダンシガー)は言います。人間の姿のディテールを拡大することで、そのような人間の経験、人と人とのつながりによって起こりうる神聖な感覚を別世界のようにもたらすのです」


Liara Roux(リアナ・ルー)は、「Cassandraからこの撮影への参加を依頼されたとき、とても興奮しました。まるで私の心を読んだかのよう!」と付け加えました。「”Crosshairs”は、このアルバムの中で一番好きな曲です。ムーディーで優しくて、誰かの中に自分が落ちていくような、あの言いようのない美しさを捉えていて、ビデオもそれを反映していると思う」と語っている。


最新スタジオ・アルバムは2021年の『An Overview on Phenomenal Nature』。その後にコンピレーション『(An Overview on) An Overview on Phenomenal Nature』がリリースされています。

 

 

 

 

 

Cassandra Jenkins 『Cassandra Jenkins & Suhail Yusuf Khan Live』EP

 

 

H.C.McEntire

ノースカロライナを拠点に活動するアメリカーナ・シンガーソングライター、H.C.マッケンタイアが、2023年1月27日にMergeよりニュー・アルバム『Every Acre』をリリースすることが決定した。

 

このたびH.C.マッケンタイアは、その中から新曲「New View」を、振付師/ダンサーのMaya Orchinをフィーチャーしたビデオで公開しました。ビデオは、Jethro Watersが監督しています。以下からご覧いただけます。


マッケンタイアはプレスリリースで、この曲について次のように語っています。「音楽的には、"New View "は『Every Acre』の中で最も協力的な曲で、ルーク、ケイシー、ダニエル、ミッシー、そして私というクリエイティブなパートナーシップを喜ぶアルバムです。多くの意味で、この曲はテープが巻かれている間に自分で書いた曲なんだ。5人の身体が一緒に部屋にいて、それぞれが自分の立っている場所から、フィルターを通さない景色を提供しようとしたんだ」


以前、マッケンタイアはアルバムの "Dovetail "を公開した。マッケンタイアはミッシー・サングス、ルーク・ノートンとともに新作を共同プロデュースしている。

 

 「New View」

 

 

 

 

H.C. McEntire 『Every Acre』


Label: Merge

Release:2023年1月27日


Tracklist:

 

1.New View

2.Shadows(feat. S.G.Goodman)

3. Turpentine(feat.Amy Ray)

4. Dovetail

5. Rows Of Clover

6. Big Love

7. Soft Crook

8. Wild for the KIng

9. Gospel of a Certain Kind



Pre-order:

 

https://hcmcentire.bandcamp.com/album/every-acre





 

Divorce ©Rosie Sco


英ノッティンガム出身の4人組インディーロックバンド、Divorceが、デビューEP『Get Mean』をロンドンのレーベル、Hand In Hiveから12月2日にリリースしました。今回、彼らはその中から「That Hill」を、自ら監督したミュージック・ビデオと共に公開しました。以下でご覧ください。


Divorceは、Tiger Cohen-Towell(ボーカル/ベース)とFelix Mackenzie-Barrow(ボーカル/ギター)を中心に、Adam Peter Smith(ギター)、Kasper Sandstrøm(ドラムス)が参加している。

 

Mackenzie-Barrow(マッケンジー・バロー)は、プレスリリースで、このニューシングルについて次のように語っている。

 

「"That Hill "は、私たちの夢を追求するためのコミットメントとして書かれました。最初の行は、最低賃金の仕事で早朝からシフトに入り、世界で最も好きなことを仕事にしようとする一般的な混乱から生まれた。寝不足のままライブに行ったり、老人にクラクションを鳴らされたりすることもたくさんありました。そういう社会的な不条理な部分がトラックに込められているんだ」


EP全体について、Mackenzie-Barrowはこのように語っている。「本来、EPになるはずじゃなかった。Divorceの旗の下で発表するものはすべて自分たちのものにするために多くの考察を経てきたと信じ、それは私たちのすべての音楽と繋がっている。夏に、最終曲の「That Hill」が完成した時に、それらが同じ獣の一部だと気づいた。この曲は、単調でガラスの天井のような生活に対する疲労感と一緒に、私たちの1年間のシングル・リリースを締めくくる曲となっている」


「このアルバムは、「Services」の若い傲慢さから「That Hill」の辛辣さへと変化していきますが、このシニカルな歌詞は、古い友人たちが集まるバーで、調子外れのピアノを弾いているように歌うのがふさわしいかな、と思ったんです。このアルバムの核にはユーモアがあり、すべての出来事を深刻に受け止め過ぎないようにする必要がある。

このレコードを聴いている人たちにぜひ感じてほしいことだけど、この最初のレコードは私たちの弱さや素朴さを多少なりとも見せている気がしていて、それで良かったと思う。そして、私たちがプロジェクトとして学び、成長する過程で、リスナーには私たちの旅のすべてに関与してほしいと思っている。楽しんでもらえたら幸いです」

 

 

「That Hill」MV

 

 

 

Divorceの記念すべきデビューEP『Get Mean』の全曲ストリーミングはこちらからどうぞ。