ロイル・カーナー、今年10月にロイヤル・アルバート・ホールで公演予定

ロイル・カーナーは、10月6日にロンドンの歴史あるロイヤル・アルバート・ホールで開催される特別公演で、マーキュリー賞にノミネートされたアルバム『hugo』と、彼の輝かしいバック・カタログを披露する予定だ。


カーナーの華麗なるディスコグラフィーは、ロイヤル・アルバート・ホールのために追加ミュージシャンとゲストを迎えて再構築される。チケットの先行販売は9月5日(火)より、こちらのリンクから専用アクセスに登録した人に限り購入可能で、一般販売は9月7日(木)より開始される。


ロイル・カーナーは、ショーストップのゲストの数々と衝撃的なライブ・バンドを武器に、過去1世紀にわたってこの象徴的な会場に出演してきた豪華なパフォーマーの仲間入りを果たす。マーキュリー賞やブリッツ賞に何度もノミネートされ、NMEアワードや世界的なブランド・キャンペーン(ナイキ、YSL、ティンバーランドなど)にも出演しているカーナーは、間違いなくトップへの急成長を遂げ、絶賛された2022年のアルバム『hugo』はUKアルバム・チャートで3位を記録した。


カーナーは2023年、ロンドンのウェンブリーOVOアリーナを筆頭に、イギリス国内外での大規模なフェスティバルのショーや会場を飾ってきた。続いて、グラストンベリーのウェスト・ホルツ・ステージ、プリマヴェーラ・サウンド、そして最近ではレディング&リーズ・フェスティバルでのヘッドライン・スロットを含む、夏には満員御礼のフェスティバルへの出演が相次いだ。彼のライヴ・ショーに対する絶賛は、5つ星を獲得した『イブニング・スタンダード』誌の「『hugo』は、彼のこれまでの作品の中で最も野心的な作品だ。


新星カーナーのアルバム『hugo』は、10曲からなる大作で、切迫した表現と華麗なワイドスクリーン・プロダクションで、カーナーは深く個人的なものと高度に政治的なものの両方に立ち向かっている。


映画的なスケールと広がりを持つ『hugo』は、炎の中で鍛えられた世代への叫びであると同時に、混血の黒人として、アーティストとして、父親として、息子として、アルバムの他の部分を牽引する個人的な内的葛藤の研究でもある。


その結果、彼の最もカタルシス溢れる野心的なアルバムが完成した。この激動の時代に生きているということはどういうことなのか、その核心に迫る興奮に満ちた旅であり、現在最も強力で活力に満ちた若い才能の一人としての彼の地位を確固たるものにしそうだ。 


有名プロデューサーのkwes.(ソランジュ、ケレラ)と共に、カーナーはこのアルバムでサウンドとストーリーの両面で手を抜かない。ゴージャスなネオ・ソウルから轟音ヒップホップまで、即効性のあるバンガーやミュージシャン以外(混血のガイアナ人詩人ジョン・アガードや青少年活動家で政治家のアティアン・アケック)のサンプリングによるインタールードなど、10曲からなるアルバムの中で、カーナーはミクロからマクロへとシームレスに移り変わり、家族とのぎくしゃくした関係から階級差別が引き起こす社会の涙まで、あらゆることに立ち向かっている。

0 comments:

コメントを投稿