The Murder Capital 2ndアルバム「Gigi's Recovery」のリリースを発表 1月20日に発売

 

©︎Grayce  Leonard


The Murder Capitalがセカンドアルバム「Gigi's Recovery」のリリースを発表と同時に新曲「A Thousand Lives」を公開しました。アルバムは1月20日にリリースされます。(先行予約はこちら


昨晩(9月22日)ロンドンのLafayetteで2年以上ぶりとなるヘッドライン・ライヴを行ったアイルランド出身の5人組は、新譜発売に合わせて来年初頭にイギリスとヨーロッパでのツアーを行うことも発表しています。


「A Thousand Lives」はThe Murder Capitalのカムバック曲「Only Good Things」に続く作品で、フロントパーソンのJames McGovernはNMEの取材に対して「人々は明らかにこのアルバムがどんな音になるか知っていると思っているけど、実際はそうではないんだ」と語っている。「さらにこの新作アルバムを発表できることに興奮している」と語っている。


「"A Thousand Lives "は詩として始まり、それ自体を隠すことは一切していない」とJames McGovernはラブソングについて語った。

 

「"A Thousand Lives with you and I won't be enough "のような行は、悲しい気持ちを呼び起こすことができるが、それは今という即時性についてでもあり、すべてを置いて、自分のバスケットを満たしている人やものを見ることでもあるんだ」


デビュー・アルバム「When I Have Fears」が悲しみ、喪失感、痛みに突き動かされていたThe Murder Capitalとはまた違った一面を持つ。「私たちはまだ1枚しかアルバムを出していないから、これから書くべきことがたくさん残っているんだ」とJames McGovernは説明する。


「本当に限界があるように感じる。でも、それをすべて取り除いたとき、私の書くものは、それが自分自身であれ他人であれ、共感するための努力の一つでしかないんだ」


0 comments:

コメントを投稿