Grandaddy、近日発売のアルバム『Blu Wav』のニューシングル「Cabin in My Mind」を公開

 


ジェイソン・ライトル率いる米国のインディー・ロック・バンド、Grandaddyが、近日発売のアルバム『Blu Wav』のニューシングル「Cabin in My Mind」を公開した。『Blu Wav』は2024年2月16日にDangerbird Recordsよりリリースされる。ニューアルバムの予約はこちら


ジェイソン・ライトルは次のように説明する。「しばらく前、友人と一緒に旅をしていて、ライヴをしながらただリフを弾いていたら、彼がこのフレーズを思いついた。


「私にとってとても意味のある言葉だったし、タイトル自体にたくさんの意味が込められていた。文字通り、心の中の小屋を想像するのは楽しいよ。玄関に入ってドアを閉め、しばらく姿を消すんだ。タイトルがすべてを物語っている古いカントリー・ソングのように完璧だった。私はこのフレーズを覚えていたし、それを拾い上げて仕事にするのは簡単だった」


近日発売予定のアルバム『Blu Wav』は、グランダディの巨匠、ジェイソン・ライトルがネバダ州の砂漠をドライブ中に、ラジオのクラシック・カントリー・ステーションから流れてきたパティ・ペイジの「Tennessee Waltz」を聴いて思いついた。このアルバムには、グランダディが得意とするローファイな瑞々しさと、時にサイケデリックなオーケストレーションが、ライトルが初めて本格的なカントリー・ミュージックに挑戦した作品として組み込まれている。全13曲中7曲がワルツで、「ペダル・スティールを使用した曲が非常に多い」とライトルは書いている。


Grandaddyは最近、Sumday Twunnyのボックス・セットを含む一連の20周年記念リイシューを行っている。ライトルはまた、友人でありサイケデリック・ポップの作家であるマーク・リンカスの遺族の要望により、スパークル・ホースの遺作アルバムにヴォーカルで参加している。



0 comments:

コメントを投稿