ラベル Country の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Country の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

ニール・ヤングは、4枚目のスタジオ・アルバム『ハーヴェスト』の50周年を記念して、12月2日にRepriseからデラックス盤のリイシューをリリースする。


3xLPまたは3xCDのボックスセットには、オリジナル・アルバム、3つのスタジオ・アウトテイク、1971年2月23日に収録された未発表のBBCソロ・パフォーマンス、そしてドキュメンタリー「Harvest Time」が収録される予定である。また、ハードカバーの写真集、ポスター、写真家ジョエル・バーンスタインによるライナーノーツも収録されています。


再発盤に収録されているアウトテイクは、"Bad Fog of Loneliness", "Journey Through the Past", "Dance Dance Dance "である。一方、『ハーヴェスト・タイム』では、ヤングが北カリフォルニアで行った「ハーヴェスト・バーン」のセッションに加え、ナッシュビルとロンドンでのレコーディング・セッションの映像が収録されている。


プレビューとして、YoungはBBCのコンサートから抜粋した「Heart of Gold」のライブバージョンを公開しています。ミュージック・ビデオは以下よりご覧ください。


ヤングは先日、クレイジー・ホースとのニューアルバム『World Record』を発表した。マリブにあるリック・ルービンの有名なシャングリ・ラ・スタジオで録音されたこのアルバムは、11月18日にリリースされる予定となっています。現在予約受付中です。



Harvest (50th Anniversary Edition)

 

 

 

Tracklist:

01. Out on the Weekend
02. Harvest
03. A Man Needs a Maid
04. Heart of Gold
05. Are You Ready for the Country?
06. Old Man
07. There’s a World
08. Alabama
09. The Needle and the Damage Done
10. Words (Between the Lines of Age)

 

©︎Mickie Winters

 

テネシー州のカントリーバンドLambchopが、9月30日に”City Slang”からリリースされるアルバム『The Bible』からのサード・シングル「Little Black Boxes」を公開しました。「Police Dog Blues」「So There」に続き、Isaac Gale監督によるCGビデオ付きです。下記よりご覧ください。


Lambchopのフロントマンであるカート・ワグナーは「Little Black Boxes」について次のように語っています。「この曲は、7月中旬の夜、暑くて汗ばんでいてスモークの多い部屋で作られたんだ」

 

「6、7人の汗臭いミネソタ人と、4、5台のラップトップ、ピアノ、スモークマシーン、レーザー光線で満たされ、紛れもなくドキドキしてたよ。しかし、我々はここにいる。ビール瓶の中の稲妻なのさ」


「3Dアセットとデジタルフィルターだけを使用し、このビデオで "映画的 "なものに近づけるか試行錯誤してみたかった」と監督を務めたアイザック・ゲイルはこのビジュアルについて付け加えた。

 

「まあ、そこで、まず、不可能を可能にするゴールを設定し、史上最高のコンサートフィルムである「Shake! ”オーティス・ライブ・アット・モンテレー "をある種の目標として定めてみたんだ。この映像はパフォーマンスとカメラワークの両方で最高のエネルギーを持っているはずだよ」


 


Wilcoは、2001年にリリースされたアルバム「Yankee Hotel Foxtrot」のリイシュー第4弾として、「Ashes Of American Flags」のスタジオ・ライブを公開し、同時にアイスランドでの初ライヴの開催を発表しました。


今回、発掘された音源は、WXRTのSound Opinionsシリーズで、2001年9月18日にウィルコが「Yankee Hotel Foxtrot」5曲を演奏した際に録音された。このセッションには、6つのインタビュー・トラックが含まれ、9月16日にNonesuchから発売される「Yankee Hotel Foxtrot Super Deluxe」のリイシューのCD8枚(またはレコード11枚)として発表される予定となっている。


「Ashes Of American Flags (Live In The Studio)」は、「Reservations」と「Pot Kettle Black」のライブ音源、"Unified Theory Of Everything Version"と呼ばれる「Kamera」に続く、「Yankee Hotel Foxtrot Super Deluxe」のリイシューから公開された4曲目の先行シングルです。


このデラックバージョンには全11曲のオリジナル・アルバムのリマスターバージョンを含む、全102曲が収録。残りのトラックは、デモ、ドラフト、インストゥルメンタル、2002年に行われた22曲のコンサート録音が組み込まれる。リマスター盤と18曲のボーナストラックを収録した「Yankee Hotel Foxtrot」のリイシューもCDで発売。レコードでは、11枚組の「スーパー・デラックス」リイシューに加えて、リマスター・アルバム単体の2枚組プレス盤も発売が予定されている。 

 

 

 「Ashes Of American Falgs」

 


さらに、ジェフ・トゥイーディー擁するウィルコは、アイスランドの首都・レイキャビクで3日間の公演を発表しており、これはバンドにとってアイスランドでの初の公演となる。このライブは2023年4月6日から8日にかけて行われる予定で、HARPA Concert and Conference Centre内の”Eldborg Hall”で開催される。ドラムのGlenn Kotche(グレン・コッチェ)は、「ついにアイスランドで初めて演奏することになってとても興奮している」とコメントを添えている。「多くの素晴らしい音楽と芸術の源であるアイスランドの文化と人々を体験するのが今から待ちきれない。世界中のファンと一緒に、素晴らしい思い出を作ることを楽しみにしているよ」


ウィルコは、今年、5月に12枚目のスタジオ・アルバム『Cruel Country』を”dBpm Records”からリリースしている。その中で、ジェフ・トゥイーディーは、「仮に、最高のカントリー・ミュージックが、ストーリーテリングによってもたらされるものとするならば、まさに『Cruel Country』において、Wilcoは最も純粋な形でそれを提供しているはずだ」と説明している。

 

Kurt Wagner


Lambchopがニューシングル「So There」とミュージックビデオを公開しました。ラムチョップの音楽は、オルタナティヴ・カントリーに属し、テネシー州ナッシュヴィルに古くから伝わるポピュラー・ミュージックをもとに、スティール・ギター、トロンボーン、オルガンなどのアレンジを加えたサウンドが魅力です。彼らの楽曲はハチャメチャなカントリーバンドとも呼ばれているらしい。

 

新たにリリースされたニューシングル「So There」は、前作「Police Dog Blues」に続き、彼らの次作『The Bible』からのセカンド・シングルとなります。Isaac Galeが監督したミュージックビデオも公開されていますので以下よりご覧下さい。『The Bible』はCity Slangから9月30日にリリース予定です。



Kurt Wagnerはプレスリリースで、「"So There "は、私の頭の中では、友人のために、そして私たちが正しいと信じるもののために、姿を現し、そこにいることのアイデアを扱っているんです」と述べている。

 

「しかし、それだけで十分なのかどうかという疑問もあります。2021年の灼熱のミネアポリスの夏に浸っている間、私はこのことについて考えていました。グレイトフル・デッドのバンパー・ステッカーを見つめながら渋滞に巻き込まれ、ポールに「Cloudy Forever」とスプレーされた高速道路のビルボード看板の下に毎日停車していた。車内には、ハエが飛び交い、街には恐怖感が漂い、太陽が朝の霞を焼き払うのを待っていた」



 レナード・コーエンをトリビュートした新しいコンピレーションアルバム『Here It Is: A Tribute to Leonard Cohen』がブルーノート・レコードから発売されます。


『Here It Is: A Tribute to Leonard Cohen』は、イギー・ポップ、ピーター・ガブリエル、メイヴィス・ステイプルズ、ノラ・ジョーンズ、サラ・マクラクラン、ジェームス・テイラー、デヴィッド・グレイ、ナサニエル・レイトリフなどのカバー、Bill Frisell(ビル・フリゼール)、 Immanuel Wilkins(イマニュエル・ウィルキンス)、 Kevin Hayes(ケヴィン・ヘイズ)などのバックバンドが収録されています。アルバムはラリー・クラインがプロデュースし、ブルーノートから10月14日に発売される予定です。


同レーベルは、レナード・コーエンの1984年のアルバム『Various Positions』に収録されている「Coming Back to You」をジェームス・テイラーが演奏したものを公開しています。このジャジーでハートフルなバージョンは、アルバムバンドに加え、ベースのScott Colley、ペダルスティールのGregory Leisz、オルガンのLarry Goldingsが参加しています。これはマサチューセッツ州ワシントンの『Barn』で録音されました。試聴は以下でどうぞ。

 

 

 

コンピレーションへの参加について、ジェームス・テイラーはこう語る。



ラリー・クラインがレナード・コーエンのトリビュート・アルバムに参加しないかと誘ってくれたとき、すぐに引き受けたんだ。ラリーは優れたレコーディングのプロデューサーであり、良き友人であること、そして、私と同世代のほとんどすべての人と同じように、私もレナード・コーエンを崇拝しているからです。自分の音楽の好みを追求するようになってすぐに、コーエンの曲は数少ないお気に入りのひとつとなり、ソングライターとしての自分の進歩に大きな影響を与えたのです。

 

 ラリー・クラインは、数十年にわたるコーエンとの友情に敬意を表し、このアルバムを制作することになった。「彼はおそらく、私が持っていた最も賢明で楽しい友人であり、あらゆる点で非常に、楽しかった人でした」と彼は声明で述べています。

 

彼が亡くなった後、私は一緒に仕事をしている他のアーティストと頻繁に彼の曲をカバーしていることに気づきました。理由のひとつは、もちろん曲がとても良いから-ある意味、レナードは最高のポップソング・ライターなんだけど、もうひとつの理由は、それが私の周りに彼の空気をとどめておくのに役立ったからだよ。




HERE IT IS: A TRIBUTE TO LEONARD COHEN TRACKLIST
1. Steer Your Way – Norah Jones
2. Here It Is – Peter Gabriel
3. Suzanne – Gregory Porter
4. Hallelujah – Sarah McLachlan
5. Avalanche – Immanuel Wilkins
6. Hey, That’s No Way To Say Goodbye – Luciana Souza
7. Coming Back To You – James Taylor
8. You Want It Darker – Iggy Pop
9. If It Be Your Will – Mavis Staples
10. Seems So Long Ago, Nancy – David Gray
11. Famous Blue Raincoat – Nathaniel Rateliff
12. Bird On The Wire – Bill Frisell