ブルース・スプリングスティーン、闘病による6ヶ月の休養後、アリゾナのライブに復帰 

USロックのボス、ブルース・スプリングスティーンは先週、フェニックスでパフォーマンスへの凱旋を果たした。


彼は消化性潰瘍疾患との闘病による6ヶ月の休養の後、Eストリート・バンドと共にステージに立ち、ワールド・ツアーを再開した。しかし、スプリングスティーンは健康上の懸念をかかえながらツアーを続行していたようだ。


E Street Radioの司会者ジム・ロトロとのインタビュー(via Deadline)で、74歳のロック・アイコンは、最近、もう二度とライブをやらないかもしれないと恐れていた時期があったと語った。


「歌い始めたら、歌のリハーサルをすることはできるけど、リハーサルでは声が違うんだ。胃の病気になったとき、大きな問題のひとつは歌えなくなったことだった」と語ったスプリングスティーンは、胃の病気の深刻な影響のため、9月に予定されていたEストリートの2023年から2024年にかけてのワールド・ツアーを一時中断した。


「横隔膜で歌うんだ。横隔膜がとても痛くて、歌おうと努力すると死ぬほど痛かったんだ。「だから、文字通り、まったく歌えなかったんだ。ある時点で、スプリングスティーンは、彼の特徴であるハイ・エナジーなパフォーマンス・スタイルに戻れるかどうか全く分からなかったと語った。


『僕は、みんなに言われる前は、もうダメかもと思う。でも、これは僕が一番好きなことのひとつなんだ。 医者から大丈夫だとか。最初は、誰もそんなことは言わなかった。誰もそう言ってくれなかったから、不安になった。それでも結局、素晴らしい医者たちに出会えて、彼らが僕を正してくれたのさ」


医療チームのおかげで、スプリングスティーンは復帰し、3月19日のフェニックス公演(当初は11月30日に予定されていた)では、セットの最後の曲まで、医療問題に触れることなく29曲を歌い切った。スプリングスティーンの直近のツアーは3月25日(月)にサンディエゴのパチェンガ・アリーナで開催される。ライブには復帰したものの、実際はかなり治療のためにやつれているご様子。顔はやつれた感じで肉体はシュワルツネッガーというアンバランスな感じが心配になってくる……。

0 comments:

コメントを投稿