ラベル Singer-songwriter の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Singer-songwriter の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

 

©︎Michael Schmelling

 
 米国のシンガーソングライター、Sharon Van Etten(シャロン・ヴァン・エッテン)は、5月にJagjaguwarからニュー・アルバム『We've Been Going About This All Wrong』をリリースしました。


今回、シャロン・ヴァン・エッテンは、このアルバムのデラックス・エディションのリリースを発表した。(オフィシャル先行予約はこちらから)そして、このデラックスバージョンの発売の告知に合わせて、この新作に収録されるニューシングル 「Never Gonna Change」が公開されている。
 
 
このデラックス・エディションには、その他にも未発表曲1曲 「When I Die 」と、最新アルバムには収録されなかった2曲の素晴らしい既発シングルが収録される。幻のシングル「Porta」と、彼女の盟友でもあるエンジェル・オルセンとの2021年のデュエット曲、「Like I Used To 」である。


『We've Been Going About This All Wrong (Deluxe Edition)』は、11月11日にJagjaguwarからリリースされる予定です。「Never Gonna Change」は下記からチェック出来る。


 シャロン・ヴァン・エッテンは、Daniel Knowlesと 「Never Gonna Change」を共同プロデュースを行っています。プレスリリースで彼女はこの曲について、「孤独の中で鬱や不安を管理することについて歌っています」と述べている。
 
「大人になってからも繰り返される恐怖に対処し、欠点や恐怖、引き金は克服できないこと、それらは平穏に過ごすために学ぶべき自分のアイデンティティの不変の部分であることを認めている」


シャロン・ヴァン・エッテンは、このアルバムから先行シングルをリリースせず、ファンが一気呵成に全編を聴くことを望んだ。ヴァン・エッテンは、以前のプレスリリースで、リスナーがアルバム全体を一度に聴くことを望むことについて、次のように語っている。

「徹頭徹尾、このアルバムは、私たちがそれぞれの方法で経験したこの2年間のジェットコースターを記録した感情の旅です。その旅に皆さんに一緒に参加していただければと思います。私の側にいてくれて本当にありがとう!!」


以前、ヴァン・エッテンはアルバムの予告編を公開している。このアルバムには彼女の2022年のシングル「Used to It」は収録されておらず、またデラックス・エディションにも収録されていない。
 

『We've Been Going About This All Wrong』は、Jagjaguwarから2019年にリリースされた『Remind Me Tomorrow』に続く作品である。


以前のプレス・リリースでは、ドラマチックなフレーズで新作の予告を打ち出していた。シャロン・ヴァン・エッテンは常に、人々が自分の周りの世界を理解するのを助けるようなアーティストであり、『We've Been Going About This All Wrong』は、世界が、少なくとも私たちの世界が終わるかもしれないと思うときに自分自身への切実な問いに関連している。それは以下のような考えに基いている。


私たちは、できる限り自分自身を愛しただろうか? 努力は十分だったか? そしてどうすれば、自分にとって最も大切なものを、自分ではコントロールできない破壊的な力から守ることができるのか? そして、すべてが失われたように見えるとき、どのようにして価値あるものを救い出すのだろうか?

 


これらの問いと、それに直面した彼女自身の弱さを考察することで、ヴァン・エッテンは、人生の変化がいかに恐ろしいものであり、また、変化をもたらすものであるかを見事に表現しているのです。つまり、『We've Been Going About This All Wrong』は、私たちの惨状から救い出すことのできる美と力を明確に表現しているのである。


ヴァン・エッテンがダニエル・ノウルズと共同でプロデュースしたこのアルバムは、ロサンゼルスの実家に新たに建設した特注スタジオで、ほとんどのレコーディングとエンジニアリングを自身で行っている。シャロン・ヴァン・エッテンは、ギター、シンセサイザー、ピアノ、ドラムマシン、ウーリッツァー(エレクトリック・ピアノ)などを演奏していますが、ドラムにJorge Balbi、ベースにDevon Hoff、シンセサイザーとギターにライブ音楽監督のCharley Damskiというレギュラーツアー・バンドが参加しており、まさに関係するミュージシャンや製作者が勢揃いした作品となっている。


さらに、シャロン・ヴァン・エッテンは、前回のプレスリリースで、「今回のリリースでは、アルバム全体をひとつの作品として提示するために、これまでとは異なるアプローチで、意図的にファンを巻き込みたいと思ったんだ」とも述べている。「この10曲は、希望、喪失、憧れ、回復力といったより大きな物語が語られるように、順番に、一度に聴くことができるように設計されている」


アルバムのジャケットについて、ヴァン・エッテンは、「必ずしも勇敢ではなく、必ずしも悲しくもなく、必ずしも幸せでもない、私が全てから立ち去ろうとするイメージを通じて、ニュアンスを伝えたかった」と語っている。

 
2021年4月、ヴァン・エッテンは2010年のアルバム『エピック』の記念すべきリイシュー『エピック・テン』をバ・ダ・ビングからリリースした。フィオナ・アップル、コートニー・バーネットとヴァガボン、IDLESなど、著名なアーティストによるアルバム収録曲の一部のカヴァーが収録されている。

 

©︎ Elizabeth Weinberg

 Winterは、来週発売予定のアルバム『What Kind of Blue Are You?』の最後のプレビューとなる「sunday」を公開しました。

 

「good」、「atonement」に続くこの曲は、Lorena AlvaradoとWinterが監督したビデオと共に公開されています。この曲は、Lorena AlvaradoとWinterが監督したビデオと共に発表されています。


プレスリリースによると、"sunday "は「ソーシャルメディアの毒性に関する熱狂的な瞑想」であり、Winterはこのトピックについて次のように説明している

 

「常に私の頭の中にあり、多くの恐怖と不安を生み出している考えについて書かれている。ソーシャル・メディアが精神衛生に与える影響や、女性の歪んだ美の基準に対する批評となっている」


『What Kind of Blue Are You?』はBar/None Recordsから10月14日にリリースされる予定です。


 


コートニー・マリー・アンドリュースは、10月7日(金)のアルバム『Loose Future』発売に先駆け、タイトルの最終プレビュー「Thinkin' On You」を公開し、これでアルバム発売日を待つばかりとなった。

 

『ルース・フューチャー』はアンドリュースの2020年のアルバム『オールド・フラワーズ』に続く作品となり、コットニー・アンドリュースは、毎日1曲ずつソングライティングを行うことで制作を開始した。

 

本作は、コットニー・アンドリュースとサム・エビアンの共同プロデュースで、ニューヨーク州のキャッツキル山脈にあるサム・エビアン所有のスタジオ”Flying Cloud Recordings”で録音された。

 

 


 アイスランドの新進気鋭のシンガーソングライター、Ásgeir(アウスゲイル)が、ニュー・シングル「Borderland」を公開しました。この曲は、10/28に、One Little Independentからリリースされる新作アルバム『Time On My Hand』に収録される最新シングルとなっています。


Ásgeirはプレスリリースを通じて次のようにこの新曲について語っています。「この曲はアルバムに収録される最後の曲で、かなり自発的に生まれた」

 

「スタジオで古いMemory Moogで遊んでいて、シンセとドラムマシンのループを作って、その上に即興でメロディーをつけた。曲の基本レイアウトができたところで、父に歌詞を書いてもらったんだ。すぐにアイスランド語の歌詞を彼は送ってくれたんですが、「á Milli svefns og vöku」という歌詞で、これは”覚醒と睡眠の間”という意味です。


「この歌詞は、起きているときと眠っているときの狭間にいる男が、恋人に会うため、楽園に向かう夢を見ている、という内容です。このような幻覚状態の中で、彼は彼女の話し声や歌声を聞くことができるのですが、いつも彼女にたどり着く前に目が覚めてしまうのです。この状態は、しばしば創造性の高まりと結びついています。


 さらに映像ディレクターのEiner Egilsは次のように付け加えています。「Ásgeirが曲を送ってきたとき、私はすぐにこの物語を書く気になりました」

 

「音に取り憑かれた不眠症の男のラブストーリーを。私自身、数年前に耳に耳鳴りがあると診断されてから、特定の音の周波数に執着するようになりました。この幽霊話は耳鳴りについて言及されているわけではありませんが、この同じ執着に共感することができます」

 

 

 Benjamin Clementineが、来るサード・アルバム『And I Have Been』のプレビュー第4弾として、ニュー・カット "Delighted "を公開した。


1ヶ月前に "Genesis "でAnd I Have Beenを発表したベンジャミン・クレメンタインは、カーティス・エッセルが監督したビデオとともに「Delighted 」と題された先行シングルを共有している。この曲は、"Copening"、"Weakened "とともにニューアルバムに収録される予定となっています。


クレメンタインは、この曲について、「今も昔も、試しに傾いて、それから試練で学び、そして監視塔に沿って尊敬を勝ち得る。傲慢は自己満足の元凶になる。だから、苦労して形にしたものから目を背けると、長年の情熱、忍耐、練習をすべて燃やすことになるんだ。幸いなことに、私たちは人間ですから、もう一度やり直すことができ、それゆえに喜びを感じるのです」と述べている。


『And I Have Been』は、ベンジャミン・クレメンタインの2017年のセカンド・アルバム『I Tell a Fly』に続くもので、2023年には第2弾が予定されており、プレス・リリースによると、もしかしたら最後のアルバムになるかもしれない。


「”And I Have Been "はCovidの時に構想されたものだ、と彼は説明する。「みんなと同じように、私も特別な人と道を共有することに関わる多くの教訓、複雑さ、そして啓示に直面したんだ。パート1はシーンを設定しているだけで、より深いパート2のシーンを設定する氷山の一角なんだ」


 

「Delighted」はシングルとして現在発売中です。Benjamin Clementineのアルバム『And I Have Been』は自身のレーベルPreserve Artistsから10月28日にリリースされる予定となっている。

©︎Maximum Person



メルボルン在住のソングライター、Gena Rose Bruceが、Bill Callahanと共作した新曲「Foolishly In Love」を公開しました。ビル・キャラハンと共作した新曲「Foolishly In Love」は、以下のビジュアルでチェックできます。

 
この新曲についてブルースは、「私はある種の恋愛をする運命にあるのだろうかと自問していました」と語っている。
 
 
「という問いかけをしました。また、「ビルとの仕事はとても詩的で、ノスタルジックな感覚をもたらしてくれた。私たちはこれまで、お互いに歌詞を送り合い、時には何週間も返事を待って、ただ歌詞を分析し、世間話もせず、ただ重要なこと、つまり音楽について話し続けてきたのです" と述べています」


 
 
 
ジェナ・ローズ・ブルースのデビュー・アルバム『Can't Make You Love Me』は、2019年に発売された。

 

Alice Boman(アリス・ボーマン)がニューシングル 「Where To Put The Pain」をリリースし、次作『The Space Between』の4枚目のプレビューしています。

 

先月リリースされたPerfume Geniusとのコラボレーション曲「Feels Like A Dream」に続き、Bomanは新曲「Where To Put The Pain」を公開し、先行シングル "Maybe"、 "Night And Day "と合わせてニューアルバム『The Space Between』に収録される予定となっています。


「この曲は、難しい感情や心配事、様々な種類の痛みに対処することについて歌っているんだ」とBomanはコメントしています。

 

「多くのことが絶望的に感じられたり、悪いことが起こっている世界では、時に少し圧倒されてしまう。それで、時には、無感覚になることもあります。その中でどうやって私達はバランスを取って生きていくのか??」


『The Space Between』は、アリス・ボーマンの2020年のデビュー・アルバム『Dream On』に続く作品で、ボーマンは、この新譜のためにDream Onのプロデューサー、パトリック・ベルガー(Robyn、Lana Del Rey)と共同作業を行っている。

 

 


ナッシュビル在住のシンガー、Madi Diazがニューシングル "Love Looks Different "のPVを9月22日に公開しました。


ディアスはプレスリリースで次のように述べています。「この曲は、うまくいかなかった愛の最後の残骸をかき集めているんだ。最終的な再集計を行い、全てのピースを並べ、苦い思い出や悪い思い出を全て切り離し、もう細かいことまで持ち歩かないようにセットしているんだ。今回の恋は、戦いの叫びというより、やっと違うんだという完全な安堵の叫びのように感じられます。愛が何であるかについてはまだ学んでいる最中だけど、愛が何でないかは確実に知っているわ。"


7月、ディアスはシングル「ハングオーバー」をシェアし、この曲は私たちのソングス・オブ・ザ・ウィークのひとつとなった。


マディ・ディアスの最新アルバム『ヒストリー・オブ・ア・フィーリング』は、昨年ANTI-からリリースされた。さらに、今月初め、ディアスは『History of a Feeling』の楽曲のリワークで構成されたEP『Same History, New Feelings』をリリースしている。

 

 


米国のシンガーソングライターAngel Olsenは、最新アルバム『Big Time』のタイトル曲の新バージョンを制作しました。Sturgill Simpsonがゲスト参加しています。下記よりご覧ください。


「この曲の歌詞を書いた後、あなたが本当に尊敬している他の人があなたの歌詞を歌うのを見るのはかなりクレイジーなことです。この曲はすでに大好きなんだけど、スタージルが歌う "Big Time "を聴いて、耳から笑みがこぼれたわ」


シャロン・ヴァン・エッテンとジュリアン・ベイカーと共に行ったワイルド・ハーツ・ツアーに続き、オルセンは、今年後半、トムバーリンのサポートでヨーロッパとイギリスでのツアーを開催する予定となっている。


 

©︎Bret Curry


Okkervil RiverのフロントマンであるWill Sheff(ウィル・シェフ)は、10月7日にATOよりソロ・デビュー・アルバム『Nothing Special』をリリースする予定です。このレコードは、ロックダウンの初期に亡くなった友人のドラマー、トラヴィス・ネルセンを追悼する一作ということです。

 

今回、彼は、Cassandra Jenkins(カサンドラ・ジェンキンス)をフィーチャーしたアルバムのサード・シングル「In the Thick of It」を公開しています。ウィル・シェフはプレスリリースでこのニューシングルについて次のように語っています。

 

「In the Thick of It」は、物事の熱狂的な最中にある恵みの瞬間について歌った曲です。L.A.から砂漠に向かう必死のフライトの中で、Will Graefeとリモート作業を通じて書いたんだ。Zac Raeがピアノでリードし、Cassandra Jenkinsに一緒に歌ってもらいました。

 

大掛かりなミュージックビデオを計画していたんだけど、そのビデオを作るはずだった人がみんなCOVIDになってしまった。そこで私はカメラを借りて、愛犬のラリーを散歩させながら、街のお気に入りのスポットを巡って歌を歌ったんです。すごく楽しかったし、200ドルしか使わなかったよ。


『Nothing Special』は、ギタリストのWill Graefe、ベーシストのBenjamin Lazar Davis、Christian Lee Hutson、DawesのドラマーGriffin Goldsmith、Death Cab For CutieのピアニストZac Raeが音楽参加しているのが特徴です。

 

また、Fruit BatsとBonny Light HorsemanのCassandra JenkinsとEric D. Johnsonがゲストヴォーカルとして参加。エンジニアはJohn Congleton、Matt Linesch、Marshall Voreが担当した。


以前のプレスリリースで、ウィル・シェフはこの新しいアルバムについて次のように語っています。「私はまだ子供だった頃、ロックンロールのスターになるという夢にとりつかれていました」

 

他の多くの若者と同じように、私は普通の生活の外にあるこの輝かしい道に呼ばれているという考えに恋をしてしまった。そして、同じように呼びかけられたと感じる人たちとバンドを組むことになった。

 

特に、優秀なドラマーのトラヴィス・ネルセンは、私にとって兄弟のような存在だった。私たちは、陽気なおふざけや、とんでもない過剰な行為、悲劇的な死の話を、まるでお経のように交わしたものです。トラヴィスと私は激しく対立し、彼は、ロックダウンの初期の数週間で亡くなりました。『Nothing Special』の大部分は、彼を悼み、友人たちが失ったものを悼み、ロックとロックンロールの神話を悼み、より超越した現実に目を開こうとすることを中心に据えていると思う。


 

 

 

 Will Shef 『Nothing Special』

 


 Tracklist:

 

1.The Spiral Season

2.In The Thick Of It

3.Estragement Zone

4.Nothing Special

5.Holy Man

6.Like The Last Time

7.Marathon Girl

8.Evidence

 

Pre-order:

 

https://linktr.ee/willsheff 

  


©︎Brett Warren

 

シンガーソングライターのCourtney Marie Andrewsが来月リリースする最新アルバム『Loose Future』は、よりスペーシーなサウンドを追求した作品となっています。このアルバムからは、"Satellite "とタイトル曲の2曲がリリースされており、今回、最後のシングル "These Are The Good Old Days "がリリースされた。


"These are the good old days "は私の叔父がいつも言っている言葉で、今の美しさを思い出させようとするものです」とアンドリュースは声明で述べている。



「私は常に後知恵で生きている傾向があるので、家族の気持ちを尊重するためのマントラのようなものとしてこれを書きたかった。また、このような暗い数年間を経て、純粋に気分を良くする曲を書きたかったのです。最も悲しい時でも、いつも懐かしく振り返ることができる小さな瞬間があり、それは結局それほど悲しいことではなく、完璧に配置されているように思える」


 

Photo: Alice Foster


イギリスのシンガーソングライター、dodieは、9月30日にリリースされる『Hot Mess EP』のリリースを発表しました。

 

4曲入りのこの作品には、初期シングル「Got Weird」が収録されており、本日dodieはこのプロジェクトのタイトル曲を公開しました。この曲のリリック・ビデオは以下よりご覧ください。


「『Hot Mess』は、今年一番の混乱と激しさ、痛みと爽快感を伴うスタートの結果です」とdodieは声明で説明している。

 

「この曲は、ドラマチックで遊び心のあるサイクルで、前へ前へと突き進みながら、何度も何度も回り続ける。リアルな瞬間がちらちらと見え隠れし(テキストを読んだ後、本当にヒーヒー言ってしまった)、全体としては、決して自分からは出てこない出口を見つけようと必死に訴えています!」


dodieは昨年、デビュー・アルバム『Build a Problem』をリリースしています。

 

 

©︎Samantha King

ロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター、Molly Payton(モリー・ペイトン)が、次のEP『Compromise』のリリースを発表し、ニュー・シングル「Do It All the Same」のPVを公開しました。

 

2021年のフルアルバム『Slack』に続くこの作品は、”The Orchard”から10/28にリリースされる予定となっています。先行シングル「Do It All the Same」は以下からチェックしてみてください。


"この曲は、特に悪いことが続いた後に生まれた "と、ペイトンはプレスリリースで説明している。

 

「お金がなく、余裕のないツアースケジュールを始めようとしていて、自分の将来を本当に憂いていた。そのような生活を送っていると、手に入れられるどんなものにも本当に一貫して感謝するようになります。”Do It All The Same "は、深遠なものでも画期的なものでもなく、ただ自分のために存在するもう一人の人間に感謝する曲です」

 




さらに、モリー・ペイトンは、今月、オーストラリア、及び、母国ニュージーランドで開催される、イギリスのシンガーbeabadoobeeの”BeatopiaTour”のサポート・アクトを務める予定です。


 


SOHNが5年ぶりのアルバム『Trust』の4枚目のプレビューとして「 Won't」というタイトルのシングルを公開しました。「I Won't」は、先行シングルとして公開済みの「M.I.A.」「Segre」「Figureskating, Neusiedlersee」とともにニューアルバム『Trust』に併録される。


SOHNは、「この曲は帰郷であり、私たちが背負っている荷物をようやく下ろして、周りの人たちの愛を受け入れる音だ」"と語っています。


『Trust』は、2017年の『Rennen』に続5年ぶりのSOHNのアルバムとなる。Yakob、Mike Sonier、Jesse Boykins III、Ryan Linvill、Noah Le Gros、Emile Mosseriといったコラボレーターを初めて迎えて制作された。

 

 

 

 SOHNのサード・アルバム『Trust』は、9月2日にデジタル配信、11月4日にリリースされます。 現在、予約受付中となっています。


 

Photo: Brit Marling

Young Jesusは、ニューアルバム『Shepherd Head』の第2弾シングル「Rose Eater」を公開しました。今月初めに発表されたTomberlinがゲスト参加したシングル「Ocean」に続く作品となります。


この曲について、Young Jesusの名を冠して活動するジョン・ロシターは声明の中でこう語っています。


「”Rose Eater”はピアノで曲を書き、録音しようとしました。当時、LAの美しいDIYスペースの小さいコミュニティであるEmerald Houseにマイクを貸していたので、コンピュータの内蔵マイクを使用しました。

 

 ピアノの録音はひどい音だった。そこで、エンヤ、ピーター・ガブリエルのストリングスのような音になるまで、ピッチを下げ、100万回エフェクトをかけた。歌詞は、その精神に沿ったものです。何か、誰かの「理想」になろうと一生懸命になることと自分自身の真実は違うものであり、おそらくその過程で発見されることだと思う。このビデオは、その進化するプロセス、人生の未完成の仕事、そして「真剣な」アートや人生のすぐ傍らにある楽しみと、とてもよく合致しています。


 レコーディングの際、静か空間を目指したわけではなく、環境内の音を取り入れるというアルバム制作の方法とマッチしていると思います。伝統的に特殊な伝達方法を持つフォーマットに、音楽の映像を取り込むための媒体や方法を許容すること。課題をこなすというより、クリエイティブであろうと努めました。型に嵌ったものではありませんんし、独自の精神を表そうとしています」

 


Yound Jesusのニューアルバム『Shepherd Head』は、9月16日に”Saddle Creek”より発売されます。

Credit: Akatre Studios

マーキュリー賞受賞のソングライター、ベンジャミン・クレメンタインが10月28日にニューアルバム「And I Have Been」をリリースします。
 

このニューアルバムは、ソングライター自身のレーベル、Preserve Artistsから10月28日にリリースされます。このレコードは、パンデミック中に作られたもので、UKのアーティストの長期にわたる内省的な期間から生まれたものです。


ベンジャミン・クレメンタインは次のようにコメントしている。

 

「And I Have Been "はCOVID中に構想された。みんなと同じように、私も特別な人と道を共有することに関わる多くの教訓、複雑さ、そして啓示に直面した。パート1はシーンの設定に過ぎず、より深い「パート2」の舞台となる氷山の一角なんです」

 

このプロジェクトは、Benjamin Clementineの音楽キャリアを締めくくるものとなり、アルバムの第2部は来年予定されている--。本人も認めているように、これが最後のリリースとなる可能性もある。

 

現在、ファンは高音域に移行する見事なヴォーカル・パフォーマンスを披露した「Genesis」に浸ることが出来る。このニューシングルは、本来持っている創造性を生かした、しなやかな作品です。

 

クレメンタインはこう付け加える。「"Genesis "は、自分のルーツを否定し続ける歌。でも、いつもそうだけど、新しい世界で何をやっても、古い世界は潜在意識の中に埋もれてしまう。私は自分のルーツと愛憎関係にあることに気づいた。私は自由の中に閉じ込められているのです」

 

Benjamin SourrousoとBenjamin Clementineが監督として参加したビジュアルは、下記にてご覧いただけます。 

 




Benjamin Clementine「And I Have Been」
 



Tracklist:


‘Residue’
‘Delighted’
‘Difference’
‘Genesis’
‘Gypsy, BC’
‘Atonement’
‘Last Movement Of Hope’
‘Copening’
‘Weakend’
‘Auxiliary’
‘Loveluster’
‘Recommence’


 

Credit: Tonye Thilesen

米国のソングライター、Ezra Furmanは、ANTI-/Bella Unionよりニューアルバム『All of Us Flames』をリリースしました。(こちらでアルバムを各レーベルのショップからご購入出来ます)

 

『All of Us Flames』には、先行シングルとして公開されなかった「Ally Sheedy in The Breakfast Club」が収録されている。ファーマンは、ジョン・ヒューズ監督(『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』1986、等の作品で有名)の1985年のティーン向け映画の名作『ブレックファスト・クラブ』でアリー・シーディが演じたアリソン・レイノルズに共感しているとこの曲中で歌っている。 

 


『All of Us Flames』は、ジョン・コングルトン(エンジェル・オルセン、フューチャー・アイランド、シャロン・ヴァン・エッテンの作品を手掛けている)によってプロデュースされた。本作はさらに2019年の『Twelve Nudes』、2018年の『Transangelic Exodus』を含む3部作の第3部と説明されています。


「私はトランスジェンダーの女性たちを世界中の秘密結社というように考えるようになった。その人達は、世界各地のどこにでも散らばっているが、繊細であること、そして、家父長制社会の基本的な構成要素を変化させるため、あるひとつの共有ビジョンを持つことの両方において、とても密接に結びついている」とエズラ・ファーマンは以前のプレスリリースで説明していた。

 

「私はクィア仲間で自分の世界を作ってきたんだけど、まるで私たちがギャングを形成しているように感じる」


ニューアルバムの多くの楽曲は、Covid-19のパンデミックの初期数ヶ月間に書かれている。「あまり一人の時間が持てなくて、家のなかがいつも超混雑してたんです」とファーマンは言う。その後、彼女はマサチューセッツ州内をドライブし、曲を書くための静かな場所を探し求めた。


「これは一人称複数形のアルバムとなっている」とファーマンは言う。「自分が一匹狼ではなく、家族や仲間を見つけ、より大きな社会全体の一部としてどのように機能するかに依拠することを理解し始める、人生のある段階のクィア・アルバム。存続が脅かされたコミュニティについて、特に、今、私が属しているトランスジェンダーとユダヤ人が住まう世界の曲を作りたかった」


Julie Orlick

 Scout Gillettは、新曲「slow dancin'」について、「恋愛の駆け引きを皮肉って書いたんだ」と語っています。”人々はあまりにも頻繁に駆け引きばかりしています。私の考えは”本題に入りましょう」です」


この曲は、カンザスシティ出身、ブルックリンを拠点に活動するミュージシャンが、今秋Captured Tracksよりリリース予定のソロ・デビュー・アルバム『no roof no floor』からのセカンド・シングルとなります。


先行シングル「signal」と同様、この曲は、最近行われたWild Hearts Tourのどこかで演奏されても違和感のない、ノイリッシュロックとオルトカントリーのエコーがブレンドされた曲です(偶然、ジレットがニューヨークに移ることを説得したのはSharon Van Ettenと言われています・・・)。しかし、前曲とは異なり、「slow dancin'」ではジレットのヴォーカルがピークに達しています。


「この曲の2回目のヴォーカル・テイクは、納屋の真っ暗な中で星空を眺めながら撮りました」と、彼女はニューヨーク州北部でのレコーディングを振り返っている。「レコーディング・スタジオに戻ると、ニックとエレン・ケンプナー(ペイルハウンド)が、こんな歌声は聞いたことがないと言ってくれた。あの瞬間は、私にとって大きな意味がありました。私たちは本当に特別なものを作ったし、全力を尽くした」


このシングルに付属するミュージックビデオは、ニューヨークの公道と彼女のアパートのプライバシーで踊るジレットという、かなりわかりやすい構図を備えているが、具体的な参照がある。それはデニス・ホッパーの1983年の映画『アウト・オブ・ザ・ブルー』です。

 

「若い女の子であるCebeは、人に合わせることが難しく、Elvisとパンクシーンの風変わりな組み合わせに安らぎを見出そうとする」とScout Gillettはこのショートフィルムを要約して語っています。

 

「私はこれにとても共感しました。このミュージックビデオは、作っていてとても楽しかったです。いつも動いていて、ストリートでも部屋でも踊りまくっていて、一番自分らしいと思った。私の個性がよく表れてます」

 

 

Photo: Henry Hanky 

 

シカゴ拠点のJess Shomanによるソロ・プロジェクト、Tenciがニューアルバムのリリースを発表しました。『A Swollen River, A Well Overflowing』は11月4日にKeeled Scalesから発売される。

 

2020年の『My Heart Is An Open Field』に続く本作は、ニュー・シングル「Two Cups」を筆頭に、John TerEick監督による映像が到着している。


『A Swollen River, A Well Overflowing』には、サックスとギターにカーティス・オレン、ベースにイジー・レイディ(Izzy True)、ドラムにジョセフ・ファラゴ(Joey Nebulous)が参加している。

 

このLPは、エンジニアのAbby Blackとレコーディングし、Jay SomのMelina Duterteがミキシングを担当した。

 

プレスリリースによると、「カップ、水たまり、こぶしなど、愛と新しい喜びを保持する井戸のような容器のコレクションを探求する。それぞれの曲は、頭を横に向け、異なる方法で見ることによって複雑な感情をリフレーミングすることによって、私の心を再び満たし、呪文を形成する」とショーマンは言う。







Tenci 『A Swollen River, A Well Overflowing』
 





Tracklist:

1. Shapeshifter
2. Vanishing Coin
3. Be
4. Great Big Elephant
5. Cold Dirty Water
6. The Ball Spins
7. Sharp Wheel
8. Out of Body
9. Sour Cherries
10. Swallow Me Whole, Blue
11. Two Cups
12. Memories
 
 
 
Pre-order:
 

 

photo : Izzie Austin


オーストラリア出身のシンガー・ソングライターJulia Jacklinが、今週金曜日にPolyvinylからニュー・アルバム『PRE PLEASURE』をリリースします。その第4弾シングル「Be Careful With Yourself」を公開しました。

 

これですべてのプレビューシングルの公開は終了し、あとは金曜日のアルバム到着を待つばかりとなります。  

 

 

 

8月26日にリリースされる『PRE PLEASURE』は、ジュリア・ジャックリンの3枚目のフルレングスアルバムで、2019年の『Crushing』と2016年の『Don't Let the Kids Win』に続く。このアルバムは、『Crushing』のワールド・ツアー終了後に書かれ、共同プロデューサーであるマーカス・パキンと共にカナダ/モントリオールで数ヶ月に及ぶレコーディングを行い、完成した。

 

「このアルバムに収録されている曲は、書くのに3年かかったか、3分かかったかのどちらかです」と、ジュリア・ジャックリンはこのアルバムを発表した以前のプレスリリースで述べています。


ジュリア・ジャックリンのツアーバンド、ベーシストのBen WhiteleyとギタリストのWill Kidmanはカナダを拠点に活動し、The Weather Stationにも参加しています。Owen Pallett (Arcade Fire)がストリングスのアレンジを担当し、プラハのフルオーケストラで録音されました。


「私にとってのレコード制作は、常に経験、新しい場所での新しい経験、デスクにいる新しい人、思い切って何が起こるかを見ることでした」とジャックリンは言います。

 

「初めてギターから離れ、モントリオールのアパートにあるバンドトラック内蔵のローランド・キーボードでアルバムの多くを書きました。歌詞やアイデアを書き連ねた肉厚の紙を壁に貼り付け、自分の脳が時間通りに全てをアレンジしてくれるように音楽の神様に祈ったんです」


アルバム・タイトルの『PRE PLEASURE』に言及したかのように、ジャックリンはこう語っている。

 

「私は多くの場合、自分の人生を楽しむ前にすべての仕事をしなければならないと感じています。歌やセックス、友人関係、家族との関係など、長く一生懸命に取り組んでいれば、いずれはじっくりと楽しめるようになると思っているんだ。でも、そんなことはあり得ないんだ。すべては進行中のプロセス」


Crushingの大規模なツアーの後、ジュリア・ジャックリンは音楽に取り組み、聴くことの喜びに戻る方法を見つけるために時間を費やした。

 

「音楽が仕事になってしまうと、音楽のファンダムとしての純粋さを失ってしまうことがある」と彼女は説明する。「私はこの2年間、音楽と再びつながろうとしました。私はあまり演奏せず、ただ聴いていました。特に、セリーヌ・ディオン、ロビン、ルーサー・ヴァンドロスのようなビッグなポップミュージックを聴いていました。大きな、美しい曲をかけると、何ができるのかわからなくなっちゃう」


セリーヌ・ディオンは特に重要で、1996年のヒット曲「Because You Loved Me」は、ジャック・ジャックリンの父親のお気に入りだったそうです。2020年に、この曲を再び聴いたとき、「音楽に対する素直で素敵な気持ちがたくさんよみがえった」と彼女は言います。純粋な喜びと感情・・・、そして、比較的内向的でクールになりたいと思っている私にとって、セリーヌはこの時期にロックオンするのにすごく適した人物でした。彼女の音楽はドラマチックで、信じられないほど聴きやすい。彼女の歌を聴くことで、自分自身を乗り越えることができた」

 

最初の先行シングル「Lydia Wears a Cross」のミュージックビデオでは、このアーティストのセリーヌ・ディオンへのリスペクトが表され、ジャックリンの携帯電話の背景写真にセリーヌ・ディオンが写っていることが分かる。


ニューアルバム『PRE PLEASURE』のテーマについて、ジュリア・ジャックリンは次のように語っている。

 

「私は周りの人たちのことをとても気にしていて、いつまでも寝ていたいと思うほど、圧倒される。私は愛や労りを表現するために明確な言葉を使うような環境で育たなかったから、私の曲作りのプロセスの一部は、それを正そうとすること、その感情を言葉にすることを自分自身に強いること」と語っています。

 

 

 

Julia Jacklin 「Pre Pleasure」

 

 

Label:  Transgressive Recordings

Release:  2022年8月26日

 

 

Tracklist

 

1.Lydia Wears A Cross

2.Love,Try Not To Let Go

3.Ignore Tenderness

4.I Was Neon

5.Too In Love To Die

6.Less Of A Stranger

7.Moviegoer

8.Magic

9.Be Careful With Yourself

10.End of a Friendship

 

Pre-order :  

 

https://julia-jacklin.ffm.to/pre-pleasure