ラベル Collaboration の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Collaboration の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

 


イギリスのシンガーソングライター、Holly Humberstone(ホリー・ハンバーストーン)が2曲の新曲を発表しました。


ミディアム・ビルドとタイニー・ハビッツとのコラボレーションは、彼女が最近MUNAとのコラボレーションに続く作品。昨年10月にリリースされたデビュー・アルバム「ペイント・マイ・ベッドルーム・ブラック」の楽曲の新バージョンを制作しています。


「ミディアム・ビルドを知ったのは、1年ほど前、アメリカでツアーをしていた時だった。ツアー・マネージャーのカールが、パシフィック・コースト・ハイウェイを北上しているときに彼の曲をかけたの。彼のことを少し理解できたような気がして、すぐに連絡を取り、コラボレーションしないかと尋ねた。彼に私の曲『Cocoon』を送ったところ、歌詞はすでに書かれていたにもかかわらず、彼は2番の歌詞を彼自身のストーリーに変えてくれた。彼の言葉遣いが、この曲を本当に不思議なものに変えたので、私たちのバージョンをリリースすることにしたんです」


「ニック(ミディアム・ビルド)はその後、今年初めの私のUK&EUツアーのオープニングに来てくれ、毎晩私のショーでこの曲を一緒に演奏しました。彼は私の大親友になってくれた。だからこの『コクーン』のヴァージョンはわたしにとって特別。みんなに聴いてもらうのが待ちきれません」

 

 

「Tiny Habits」

 

 

「Cocoon」

 


Blondeshell(ブロンドシェル)が、Bully(バリー)と組んで新曲「Docket」をリリースした。双方ともアメリカの現行のロックシーンをリードするクールな女性シンガー。今回のコラボシングルには2人のフレンドシップが感じられる。男性同士にも友情あり、そして女性同士にも友情はつきもの。


Blondshell(ティーテルバウムのロック・プロジェクト)、セルフ・タイトル・デビューに浸透していたアルト・ロックのヴァイブスを倍増させた "Docket "は、Bully(アリシア・ボグナンノのロック・プロジェクト)とアーティストが繋がり、人間関係に関してあまり健康的でない振る舞いをする人物の視点を提示しながら、自問自答の物語を紡ぐ。


「ティテルバウムは、ドライブするパワーコードと飽和したドラムにのせて歌う。彼はもっと恋をしている人と一緒にいるべき/タダで食べている人じゃない/私の最悪の悪夢は私/少なくとも彼らは正直!」


「私はこの曲で別の人のためのスペースを持っていたし、私はそこにBullyの声を聞き続けた 」とティーテルバウムは声明で述べている。


「私は彼女の大ファンで、去年の夏のツアー中、彼女のアルバムを聴くのを止められなかった。正直なところ、スタジオで彼女の歌声を聴いたとき、ただただ衝撃を受け、畏敬の念を抱くばかりだった。彼女がわたしと一緒に曲を作ることにイエスと言ってくれて本当に嬉しい」


「私はサブリナの大ファンで、彼女は信じられないほど素晴らしいと思っています。インディーズの世界で多くのミュージシャンが互いをサポートし、賞賛し合っているのを見ると、本当に嬉しくなる。だから、ありがとうサブリナ。そして、私が大ファンである彼女の愛犬にも特別なエールを送りたいよ」


「Docket」はBlondshellの2024年最初の新作となる。この曲には新しいプロジェクトに関する発表はないが、アーティストはA24のトリビュートアルバム『Stop Making Sense』に参加する。ブリーは最近、2023年の作品『Lucky for You』に続く破壊的な「Atom Bomb」を発表した。


Blondshellは、現時点では2024年のツアーを計画していないもの、ロラパルーザ、ボストン・コーリング、ガバナーズ・ボール、グラストンベリー、シェイキー・ニーズなど、今後数ヶ月の間に数多くのフェスティバルに出演する予定。一方、Bulyは現在グループ・ラブとのツアーを終えたばかりだ。

 


「Docket」

 



米国の人気歌手、Miley Cyrus(マイリー・サイラス)は近年、カルフォルニアのマリブビーチの自宅が全焼するという信じがたい不幸に見舞われたが、新作アルバム『Endless Summer Vacation』のリリースやシングルカット「Flowers」でのグラミー賞の受賞、続いて、この曲が昨年、「最も売れたシングル」として公式に認定されたところを見るかぎり、その見返りは予測していたものよりも大きいものとなった。

 

実際、『Endless Summer Vacation』は、商業音楽として王道にあるアルバムで、商業的な成功を視野に入れた作品であったが、実際はかなり聴きごたえのある内容で、ソウルフルな歌唱力とバラードのうっとりさせるような美しさには目を瞠るものがあった。つまり、ローリング・ストーン誌が「Flowers」の紹介記事のなかで「勝利宣言」を行ったのも至極頷ける話なのだ。

 

サイラスがこの二度目の商業的な成功の後、どのような近況にあるのかは寡聞にして知らないが、グラミー賞の後も浮かれることなく、地道に音楽活動を続けていることは確かだ。


今回、彼女はファレル・ウィリアムスと組み、待望のコラボレーション第2弾「Doctor (Work It Out)」をリリースした。ファレルのルイ・ヴィトン・メンズの秋冬ショーで初披露された「Doctor (Work It Out)」は、マムフォード&サンズとの共演曲「Good People」に続く、今年2枚目のシングル。

 

マイリー・サイラスは、2023年最大のヒット・シングル「Flowers」でグラミー賞の年間最優秀レコード賞と最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞し、ジェイコブ・ビクセンマン監督によるオフィシャル・ミュージック・ビデオに出演している。アルバムのアートワークのような表向きのセンセーショナルなイメージとは裏腹に、かなり勤勉なアーティストの一人である。

 

 


オリジナル・アルバム『DEMIDEVIL』をリリースしてから12ヶ月余り、Ashnikko(アシュニコ)は、友人でありオルタナ・ポップのリーダーでもあるDora Jar(ドラ・ジャー)とのコラボによる、彼らの強烈なパンチの効いたシングル「You Make Me Sick!」のリミックスを公開しました。


この新バージョンは、ディストーションと硬質さをはるかにメロウなものに変え、ドラの言葉を借りれば、「怒りから悲しみを掘り起こし、感情のコラージュを作る」ことを目指しているという。


アシュニコとの共同作業について、Dora Jar(ドラ・ジャー)は次のように語った。「『ユー・メイク・ミー・シック!』は、この1年で最も好きで、最もプレイされた曲のひとつです。この曲は、私の女性的な怒りを解放的に解き放ち、何度も涙を流したくらい。アッシュからリミックスを依頼されたとき、オリジナルがすでに大好きだったので、実現できるとは思わなかったわ」

 


「You Make Me Sick!」


 

Hollu Humberstone(ホリー・ハンバーストーン)がMUNAと組み、「Into Your Room」の新バージョンを発表した。ハンバーストーンは先日、「Elvis Impersonators」のミュージックビデオの撮影のため来日し、東京でカラオケを楽しんだ。彼女の妹は東京に住んでいるという。


オリジナルは10月にリリースされた彼女のデビュー・アルバム『Paint My Bedroom Black』に収録されており、来春にはUKツアーを行う予定。


ホリーはコラボレーションについてこう語っている。「私はMUNAに夢中で、ずっと一緒に仕事をしたいと思ってました。やっと私の曲に魔法をかけてもらえることになり、とても感謝しています」


MUNAは付け加えた。「ホリーはとても才能のあるアーティストで、私たちは長い間、彼女の曲作りと音楽性にとても感銘を受けてきました。イーサンとロブのプロデューサーとしての仕事も大好きだから、セッション・ファイルで演奏できるなんて夢のようだったよ」





多方面で活躍するアーティスト、Mac Wetha(マック・ウェタ)が、beabadoobeeとAminé(アミネ)をフィーチャーしたコラボレーション・シングル「Fear of Flying」をDirty Hitから発表した。


「この曲は2021年に初めて形になり、当初はジョシュ・スカーブロウとマット・マルテーズと書いたものだったんだ。この曲は、フルタイムで音楽で生計を立てるという夢を持ちながら、幾度も自問自答を繰り返し、ファンを失望させることを心配していた時期から生まれたたものなんだ。それが私にとっての "Fear of Flying "の意味でもある。"みんなに見てもらうために高く舞い上がろうとするんだけれど、誰もそれを好きにはならないし、気にもしてくれないという恐怖に関して」


2年後、「Fear Of Flying」の最終バージョンは、レーベル・メイトのBeabadoobeeと、彼が以前プロデュースしたアメリカのラッパーAminéをフィーチャーしている。


2人との制作について、マック・ウェタは次のように語った。「私がコラボレーションについて最も好きなことは、必ずしも意味をなさないかもしれないトラックで人々が一緒になるというアイデアなんですが、実際にそれを聞くとTOTALの意味がわかりますね...。私は2019年にLimboのトラックをプロデュースしたときからAminéを知っていますし、Beaと私の仕事は、2021年に彼女が私をツアーに連れて行ってくれたときからさかのぼっています。この2人が一緒に曲を作るというアイデアはずっと前からあったんだけど...。突然、この曲がパーフェクトだと感じたんだ。この曲は、2年ほどかけて本当に自然にできあがった愛の結晶で、これ以上誇れるものはないよ」


 

「Fear of Flying」


豪華コラボレーションが実現。イギリスのインディーズ・アイコン、フィリピン/イロイロ出身のシンガー、beabadoobeeと、ロサンゼルスのシンガーソングライター、Laufeyがコラボレーション・シングル「A Night To Remember」でチームを組んだ。

 

このコラボレーションについて、Beaこと、ビーバドビーは次のように説明している。「最近、いろいろなリズムで曲を書いていて、ストリングスやクラシカルなサウンドも取り入れているんだ。ラウフェイは、このサウンドにぴったりで、私たちはロンドンでつるむようになったから、一緒にスタジオに入って音楽を作ったり、私のプロデューサーのジェイコブ・バグデンとアイデアを試したりしたんだ。ツアーでNYにも行ったし、より親しい友人になったってわけ」


「Beaは以前から大好きなミュージシャンの一人だったから、彼女と一緒に曲を書いたり歌ったりできるなんて夢のようだった。このプロジェクトでは、もう少しセクシーな曲を書きたいと2人で合意して、"A Night To Remember "が生まれたんだ」と、Laufeyは付け加えた。「女性として拒絶されることを歌った曲はたくさんあるけれど、この曲はその逆の立場を歌っているんだ。物語を取り戻すこと! この曲は、ボーのプロデューサーのジェイコブとロンドンでレコーディングし、私のプロデューサーのスペンサー・スチュワートと一緒にLAで仕上げをした」



beabadoobee x Laufey - 「A Night To Remember」


10年近く前に撮影されたピッチフォークのドキュメンタリーの中で、マック・デマルコはイタロ・ディスコ・シンガーのライアン・パリスと彼の1983年の世界的ヒット曲「Dolce Vita」への感謝を語りました。パリスはデマルコにこの曲の再レコーディングの誘いをかけることで応え、デマルコは2016年のビデオで彼に返信し、一緒に仕事をする見込みに興奮しているようだった。


2023年末の今、デマルコとパリスはついにタッグを組んだ。「Dolce Vita 」の再レコーディングではなく、「Simply Paradise 」という新曲のためだ。イタル・ディスコに戻るのではなく、シンガーたちは少しほろ苦いR&Bに挑戦しています。


マックは、ソウルメイトを探す情熱的なロマンチストの役を演じ、パリスは、ナイトクラブのクルーザーの役を演じ、彼らは「The Girl Is Mine」的なやり方でセリフを交換するというなんともほろ苦い内容。イタリアのビーチの夕暮れ時に撮影されたミュージック・ビデオをぜひご覧下さい。


Maya Howke & Samia


SamiaがMaya Hawkeを起用し、今年初めにリリースしたアルバムのタイトル曲「Honey」をカヴァーした。ホークによるこの曲のテイクを以下で聴くことができる。


「Honey」は、サミアが気ままな週末を空想するのに合わせてミュートされたギターが素早くかき鳴らされる、すでにかなりまばらな曲だった。しかし、ホークの演奏は、ギターのメロディーにファジーな鍵盤とさらに弱々しいヴォーカルを加え、この曲の核心にある悲しみを表現している。

 

「Honey」


 

サミアは声明の中で、ホークの「Honey」のカヴァーについてこう述べている。「アルバムのために”Honey”をレコーディングしていた時、元々は辛い曲だったものを、キャンプファイヤーで一緒に歌うようなものに変えることで、皮肉な深みを加えた」

 

だから、マヤがこの曲で何をするのか聞きたかった。驚いたことに、彼女はキャンプファイヤーをすべて取り去ってしまった。彼女のバージョンでは、プロダクションがいかに控えめであるかということで、絶望感を余すところなく聴くことができる。私自身の作品において、このような新しい視点を探求することこそが、私がリ・イマジンド・コンセプトに惹かれる理由なのです。



大好きな人が大好きな曲を書くというのは素晴らしいことです。『ハニー』のカバーを依頼されたのは光栄だったし、お祝いの裏に感じた悲しみを引き出したかった。プロデューサーとしてウィル・グレーフェと仕事をするのが大好きだった。彼なしで曲をレコーディングしたことはなかったし、彼をプロデューサーとして経験することはさらに素晴らしいことだった。


「Honey」は、サミアの友人たちが彼女の2ndアルバムの曲をカバーする「Honey Reimagined 」のシングル・シリーズの最新作である。以前には、Blondshellが「Charm You」をカヴァーしている。

 

BeckとPhoenixが "オデッセイ "というタイトルのコラボレーション・シングル「Odyssey」を発表した。今回のニューシングルは今夏に開催される、オデッセイ・ツアー に先駆けてリリースされた。


ベース、シンセサイザー、マリンバが組み合わさったバブリーでエレクトリックなトラックで、活気に満ちた夏のテーマソングだ。ベックとフェニックスが作曲とプロデュースを手がけ、セルバン・ゲネアがミックスを担当したこの曲では、ベックとトーマス・マーズが詩を交互に歌っている。


フランスのロックバンド、Phoenixのラスト・アルバムは2022年の『Alpha Zulu』で、今年初めにはClairoをフィーチャーしたシングル・カット「After Midnight」のリミックス・バージョンを公開している。また、今年、ベックは昨年のニール・ヤングの「Old Man」のカバーに続いて、シングル「Thinking About You」を発表した。

 

 「Odyssey」

 


イスラエルのミュージシャン、Dudu TassaとRadiohead/The Smileのギタリスト、Jonny Greenwoodが、新曲「Ya Mughir al-Ghazala」のライブパフォーマンスビデオを公開しました。

 

この曲は、ニューアルバム『Jarak Qaribak』に収録されており、イラク人シンガーのKarrar Alsaadiがゲストボーカルとして参加しています。以下、チェックしてみてください。

 

「この曲は、私の父の出身国であるイエメンから発信され、キリ(Karrar)は私の母の故郷であるバグダッド出身です」と Tassaは声明で説明しています。

 

「ウィーンでキリに会ったとき、私たちが違いや国境、制限を強調することに忙殺されている間に、どれだけの美や文化、人間性を見逃しているのかということばかりを考えていました。そうして、Jonnyと一緒に、国境を越え、違いではなくつながりを探すという概念を通して、このアルバム全体のアイデアが形になり始めたんだ」

『Jarak Qaribak』は6月9日にWorld Circuitから発売される予定です。レバノンの歌手Rashid Al Najjarのボーカルをフィーチャーしたシングル「Ashufak Shay」が先行発売されました。

 

 「Ya Mughir al-Ghazala」

 


ThundercatとTame Impalaがタッグを組んだ新曲「No More Lies」を発売しました。下記よりお聴きください。

「Tame Impalaの最初のアルバムから、Kevinと一緒に仕事をしたいと思っていた」とThundercatはプレスリリースでこう語っている。「僕らが一緒に仕事をすることは特別なことになると思っていた気がする。この曲にはずっと興奮していたし、今後Kevinともっと多くの作品を作りたいと思っている」

 

Apple Music 1のZane Loweとのインタビューで、さらにThundercatは詳しく説明しています。

 

「僕個人としては、これはもっと大きな瞬間のひとつなんだ。何から話せばいいのかわからないくらいです。これは僕とケヴィン・パーカーのことです」

 

ケヴィンの音楽を聴いたときから、僕と彼なら何かできると思っていたんだ。聴いた瞬間からわかったんだ。"俺、彼のバンドに入ってたかもしれない "ってね。あなたの音楽のファンです」というようなことを言ったのを覚えていますが、それはほとんど舌打ちのように感じられます。

 

変なふれこみ方ですね。でも、純粋に、僕としては、あなたのアルバムは全部持っていますよ、というようなところがあるんです。私にとってはとても特別なことで、私たちは二人とも、作業中にそこに座っていたのですが、私は確認しなければなりませんでした...なぜなら、私にとっては心理的にアルコールに洗われたような部分があるからです。そして、"Apocalypse Dreams "はいつ発売されたんだろう?というのも、この作品にインスパイアされた部分もあるし、僕ら2人が心理的に同じ心境で、ある物事を感じていた部分もあるからね。ケヴィンには、『Apocalypse Dreams』が私の人生で最も困難な瞬間のひとつを乗り越えてくれたことを伝えました。

 

あの曲は、車の中で泣きながら歌詞を叫んでいたのを鮮明に覚えているんだけど、まるでゲロのように出てきた。ただ、いつか彼に会えたらという思いはありましたね。今に至る。そういう曲は2、3曲しかないんですけどね。

 

そして、それが私の対処の助けになったという感じです。それが助けのひとつでした。あれは私にとって、純粋にスピリチュアルな瞬間のひとつだったんだ。そして、私は彼に言ったんだ。"あなたが『Everything is changing』と言った瞬間に、私は大丈夫だと感じた "とね。そして、「ケビン、あなたは私の言っていることを理解していないようだ」と言ったんだ。だから、この曲で聞いているのは、そのうちのすべてなんだ。これが私にとっての感覚なんだ。

 

「"No More Lies"は、3年以上ぶりのThundercatの公式シングルとなる。2020年には『It Is What It Is』をリリースし、2021年のグラミー賞最優秀プログレッシブR&Bアルバム賞を受賞している。

 

JVKE☓Fujii Kaze ©Brandon Pugsley


米国の若きシンガーソングライター、JVKE(ジェイク)が、日本のミュージックシーンを牽引するシンガーソングライター、藤井風とのコラボレーション・シングル「Golden Hour」を本日(4/12)にリリースします。

 

JVKEは、クランストン出身のシンガーソングライターで、昨年、デビュー・アルバムを発表している。一方、藤井風は、岡山県出身のシンガーソングライターであり、昨年、NHKの紅白歌合戦に出場し、日本国内でセンセーションを巻き起こしている。超豪華コラボシングルの概要は以下の通り。

 

彗星のごとく現れ、2022年9月にデビューアルバム『this is what ____ feels like (Vol. 1-4)』をリリース、一気に世界のトップアーティストと肩を並べるミュージシャンへと変貌を遂げた、米国出身22歳の気鋭シンガーソングライター、JVKE(ジェイク)。


最新アルバムの重要な鍵を握るのが、7億5千万回越えという驚異の再生回数を記録し、間違いなくJVKEの名刺代わりとなったリード曲「golden hour」。この楽曲は、Ruel(オーストラリア)、Jungle(ロンドン)、Shirley Setia(ニュージーランド、インド)、ILLENIUM & NURKO(アメリカ)といった世界各国のアーティストが参加し、恒例のコラボシリーズとなっていった。



 「golden hour」original version



そんな中、日本からのシリーズ参加アーティストとして、昨年、"海外で最も再生された日本の楽曲"に選出された藤井 風が決定した。

 

藤井 風が自身以外の作品に加わるのはめったにないことだが、JVKEが直接、藤井 風にラブコールを送り、互いのクラシック音楽を通過した音楽性に共感し、今回のコラボレーションに至ったという。(ファンの間では密かに二人のコラボが待望されており、まさにその夢が叶うような形となった。)


JVKEがドラマティックに歌い上げるワンコーラス目とはきわめて対照的に、まるで静寂のなか、川のように美しく流れていく藤井 風の歌声に注目したい。印象的なピアノのイントロに呼応するかのようにポエティックな言葉が転がり、どことなく日本の繊細さと情緒感を感じさせる艶やかな「golden hour」のニューバージョンが誕生した。


掲載時にタイトルに誤りがありました。訂正とお詫びを申し上げます。



JVKE × Fujii Kaze 「golden hour (Fujii Kaze Remix)」(ゴールデン・アワー・フジイ・カゼ・リミックス)

 




リリース日:2023年4月21日(金)

 

レーベル:ASTERI ENTERTAINMENT

 

形態:ストリーミング&ダウンロード

 

ストリーミングはこちら:

 

https://asteri.lnk.to/fujiikaze

 

 

 JVKE (ジェイク)   -Profile-


Website | Twitter | Instagram | TikTok YouTube | Facebook

 


アメリカ合衆国ロードアイランド州クランストン出身の22歳シンガーソングライター&プロデューサー。母はパブリック・スクールの音楽教師、父は牧師という、音楽家系に育つ。


JVKEは3歳からピアノ、ギター、ドラムなどの楽器をはじめ、7歳には週一で行われていた地元の教会の音楽隊をまとめるほどになっていた。

 

14歳にて音楽制作を本格的にスタート、18歳のときにカレッジを中退し、初めてパブでの演奏契約を結ぶ。

 

2020年6月、JVKEはTikTokをはじめ、彼の制作する音楽のクオリティの高さが徐々に話題となり、僅か2カ月間あまりでのべ300万人のフォロワーを獲得。

 

しばしば実母とのマッシュアップ・ビデオをポストし、その投稿が著名TikTokerの間で使用されたりと更なる話題を呼んだ。

 

そしてTikTokにて火が付いた楽曲「Upside Down」は、失恋の思い出を歌ったエモーショナル・ポップ・ソングで、累計1,500万以上の再生回数を記録。

 

チャーリー・プースをフィーチャリングしたヴァージョン「Upside Down (feat. Charlie Puth)」を発表し、今、大きな話題を呼ぶアーティストである。

 

 

藤井 風 (フジイカゼ)   -Profile-

 
Website



1997年6月14日生まれ。 幼少期より父の影響でクラシックピアノを始め、12歳の時に実家の喫茶店で撮影したピアノカヴァー動画をYouTubeに投稿したことが、 後に音楽の世界へ飛び込むきっかけとなる。



2020年5月、1st Album「HELP EVER HURT NEVER」(ー常に助け、決して傷つけないー)リリース。 2022年3月、2nd Album「LOVE ALL SERVE ALL」(ー全てを愛し、全てに仕えよー)リリース。



藤井 風が大切にしているコアメッセージを掲げた2作品は、共にBillboard Japan総合アルバムチャート"HOT Albums"並びに オリコン週間アルバムランキングにて1位を獲得した。



2022年10月、2ndアルバムリリースを記念した「LOVE ALL SERVE ALL STADIUM LIVE」と題したスタジアムライブを、 音楽ライブの開催は史上初となる大阪府吹田市のPanasonic Stadium Suitaにて開催し、二日間で7万人を動員した。 この模様は、2023年3月10日よりNetflixにて全世界配信されている。

 


元RIDEのAndy Bellは、エセックスを拠点とするデュオ”Masal”とのコラボレーションアルバム『Tidal Love Numbers』を発表しました。この新作は5月19日にSonic Cathedralからリリースされる。

 

このアルバムよりアンディ・ベルはトラック「Tidal Love Conversation In That Familiar Golden Orchard」を公開しました。Jean de Oliveiraによるこの曲のMVは以下よりご覧ください。


「これは従来のアレンジに最も近いものなんだ」とアンディ・ベルは声明の中でこのシングルについて述べている。「リフとビートを認識しながらも、ほとんどの時間、リフから解放されている」

 

 「Tidal Love Conversation In That Familiar Golden Orchard」




Andy Bell & Masal 『Tidal Love Numbers』


Label: Sonic Cathedral

Release: 2023年5月19日


 

Tracklist:


1. Murmuration Of Warm Dappled Light On Her Back After Swimming


2. The Slight Unease Of Seeing A Crescent Moon In Blue Midday Sky


3. Tidal Love Conversation In That Familiar Golden Orchard


4. A Pyramid Hidden By Centuries Of Neon Green Undergrowth

 


 Fred again...、Skrillex、Four Tetの3人は、本日(3月17日)、初のコラボレーションシングルをリリースしました。

 

現在国内のエレクトロシーンで高い知名度を誇るFred again...、そして米国のプロデューサー、Skirillex,さらにはベテランの域に達しつつあるテクノシーンの象徴的な存在、Four Tetというこのジャンルのファンにとっては願ってもないようなスペシャルコラボレーションです。


「Baby again...」は、昨年7月のFred again...のBoiler Roomのセットで初めて演奏され、以来このパフォーマンスは1600万回ストリーミングされています。さらに、このトラックは、Lil BabyとDa Babyの2019年のトラック「Baby」をサンプリングしている。

 

さらに、この曲は、イギリスのパングボーンでの即席のスタジオセッションで制作された。このことにより、トリオはファンの間で、パングボーン・ハウス・マフィアというニックネームを獲得したようです。それ以来、この曲は3人のアーティストのライブセットの定番となっている。

 

spill tab & Matilda Mann

Matilda Mann(マチルダ・マン)とspill tab(スピル・タブ)がタッグを組んだ新しいインディー・ロック・バップ「Borderline Insane」がリリースされました。


「"Borderline Insane "は、デートに何を着ていけばいいのかわからない時、全てがうまくいかない時、自分が少しおかしくなっているからおかしく見える時についての曲なんだ」とマチルダは説明する。「そして、私が細かく考えすぎている間に、私のデートの相手は努力もせずに完璧な姿でそこに座ってたのよ」


「私は、長い間スピル・タブのファンだったので、彼女の天使のようなヴァースがトラックに入るのは夢のよう」と彼女は付け加えた。「”Borderline Insane”はアップ・ビートで楽しくてクレイジーな曲で、一日の準備をするときにかけるような曲にしたかった。みんなで一緒にインセインになれるはずだよ」

 

「Borderline Insane」の各種ストリーミングはこちらから。

 


 

Confidence Man

Confidence Manは、CHAIと組んで、彼らのTILTトラック "Angry Girl "の新バージョンをリリースしました。このトラックは、彼らがリリースするRE-TILTリミックスEPから抜粋されたものとなっている。


コンフィデンスマンは、チャイとのコラボレーションについて、「愛は一方通行である必要はないんだよ。愛とは、あらゆる場面でぶつかり合う、セクシーな女性たちの集まりでもいいんだ。それは、僕らがここにいるようなものなんだ。このコラボレーションは、自然界に存在するほとんどのものよりも理にかなっていると思う。Conman×CHAIは永遠だ」と説明している。


CHAIはさらに次のように話している。「僕らの仲間は全力で怒りに燃えている。怒りも興奮もパニックもすべて自分次第。この曲は本当にコンフィデンスマンの怒涛の燃え上がるようなラブパフォーマンスを思い起こさせる、強力なエナジードリンクのような曲です。責任なんて関係ない!」


「Angry Girl」の新バージョンは、来月発売予定のコンフィデンスマンのRE-TILTリミックスEPに収録され、Tame Impala、Totally Enormous Extinct Dinosaurs、Daniel Averyなどのリミックスが併録される。

 

 

Photo: Johan Olofsson

 

スウェーデンのシンガーソングライターのAlice Boman(アリス・ボウマン)とPerfume GeniusのMika Hadreas(マイカ・ハドレアス)は、音楽の中に深い絶望を表現する不思議な才能を持つ。

 

この2人の声のシンクロを聴くにつけ、なぜもっと早く実現しなかったのかと思わせるほど、このコラボレーションは理にかなっている。幸運なことに、InstagramのDMをベースとした純粋な両者の友情は、物憂げで心に残るロマンチックな 「Feels Like A Dream 」で音楽の領域に踏み込むことになった。

 

10月21日発売予定のアルバム『The Space Between』に収録されるこの曲は、2020年のデビュー・アルバム『Dream On』の特徴である繊細性はそのままに、Bomanの典型的な悲痛なメッセージを裏返したものとなっています。ハドレアスは、パートナーを腕に抱き、引き寄せ、晴れた日の雲のように現実が過ぎ去っていくことを歌い込んでいる。プロデューサーのパトリック・ベルガーは、2人が溶け込めるようなソフトで心地よいバックグラウンドを支えている。

 

「過去に、私は、失望、失恋、そして、愛への憧れについて多くの曲を書いてきました」とAlice Bomanは声明で述べています。

 

「その際、恋をしてると、それについて曲を書くのはとても困難なことだと思った。あまり安っぽく聞こえるのは嫌だし・・・。でも、愛は時に安っぽくなりうる。この曲は、その誰かと一緒にいることが夢のように感じられる瞬間があると歌っているんです。特に、本当の愛が見つかるかどうか迷っているときはね・・・」


「私とマイクは、Instagramでお互いにメッセージのやりとりをしていた。一度、お互いの好きな曲、フリートウッド・マックの『Storms』のカバーをやってみないって話をしてた。『Feels Like A Dream』は、デュエット曲として美しく機能すると思う、私たちは人間関係を両側面から歌っている。彼がこの作品に参加したいと言ってくれたことにとても感激しています」


一方、マイカ・ハドレアスは、「私は長い間、アリスの曲を聴いてきて、ここ数年、彼女の音楽は私にとって特別な慰めになってます」と述べる。

 

「彼女の歌には悲しみや憧れがありますが、いつも特別な温かさ、そして、寛大さが共存しています」

 

今年11月、Alice BomanはヨーロッパとUKでヘッドライン・ツアーを行う予定です。