ユニバーサルミュージックグループとローランドがAIによる音楽制作のガイドラインを公表


人工知能とその創造性、著作権、その他多くの分野への潜在的な影響が話題を独占し続ける中、ユニバーサル・ミュージック・グループと電子楽器メーカーのローランド株式会社は共同でガイドラインを作成し、"Principles for Music Creation With AI "という見出しの声明を発表した。


以下の7つの原則、つまり両社が言うところの「明確化する声明」は、AIでの制作の権利は認められるが、人間のクリエイターを保護し尊重し、それらが責任ある透明な方法によって使用されるべきという認識に基づいている。両社は、今後、この枠組みを支持する組織がさらに増えることを期待しているという。7つの原則は、こちらのサイトで少し詳しく見ることができます。


・私たちは、音楽が人類の中心であると信じています。


・私たちは、人類と音楽は切っても切れない関係にあると考えています。


・テクノロジーは長い間、人間の芸術表現を支えてきましたが、持続可能な形で応用されるAIは、人間の創造性を増幅させると信じています。


・私たちは、人間が創造した作品は尊重され、保護されなければならないと信じています。


・私たちは、信頼できるAIには透明性が不可欠であると信じています。


・私たちは、音楽アーティストや作詞家、その他のクリエイターの視点が求められ、尊重されなければならないと信じています。


・私たちは、音楽に命を吹き込むお手伝いができることを誇りに思います。


プレスリリースによると、この原則の策定はUMGとローランドのパートナーシップの一環であり、「音楽の出所と所有権を確認する方法」を考案するための研究プロジェクトも含まれる。


「UMGでは、人間の創造性を高め、増幅し、音楽的革新を進め、オーディオ制作とサウンド・テクノロジーの領域を拡大するAIの可能性を長い間認識し、受け入れてきました」と、UMGのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・デジタル・オフィサーのマイケル・ナッシュは声明で述べた。


「これは、業界全体で倫理的かつ責任を持って適用されて初めて実現するものです。私たちはローランドと協力し、この分野における新たな可能性を共に模索するとともに、音楽界のクリエイティブ・コミュニティにおける主要な関係者のコンセンサスを喚起し、新しいテクノロジーの進化とともに人間の創造性が繁栄し続けることを目標に、これらの基本原則の採用を促進することに貢献できることを嬉しく思います」

0 comments:

コメントを投稿