エルヴィス・コステロ、アラン・メイズとの幻のバンドを再結成 新作『The Resurrection of Rust EP』を6月10日にリリース

 


エルヴィス・コステロが1972年に結成したバンド、Rustyをアラン・メイズと共に復活させ、「The Resurrection of Rust」というタイトルのEPをリリースすることがわかった。エルヴィス・コステロは「もし誰かが許してくれたら、本来、僕らが18歳の時に公開していたはずのレコードだ」と語っている。


1971年の大晦日にエルヴィス・コステロはアラン・メイズと出会い、彼らは1972年にコステロの最初のバンド、ラストを再結成することが判明。バンド結成から50年を記念して、コステロとメイズはデュオとして再会し、『The Resurrection of Rust』と題した6曲入りのEPをリリースする予定です。Nick LoweやJim Fordのカバーを含む1972年のセットリストからのトラックと、「Warm House」「Maureen and Sam」と題された2曲のオリジナル・トラックが収録されています。


長年を経て、メイズと再び仕事をすることについて、コステロは、「アランと私は、私たちが10代の頃、世界(あるいは少なくともウィドネス)を征服するかもしれないと確信させたヴォーカルブレンドをすぐに再発見しましたが、ラスティを21世紀に導くために、私は才能を求め、私たちの古い友人、ボブ・アンドリュースを招いて、ブリンズリー・シュウォーツのショーストッパー、 "Surrender To The Rhythm" で特徴あるハモンド・オルガンとピアノパートに再び戻ってもらうことができて嬉しく思います」と語った。


Rustyの『The Resurrection of Rust EP』は6月10日に発売され、公式サイトにて現在予約受附中です。


https://www.elviscostello.com/#!/


0 comments:

コメントを投稿