John Peelの個人コレクションが今年6月にオークションに掛けられる

John Peel
 

ザ・ガーディアンが報じたところによると、英国の伝説的なDJ、BBCラジオで「ピール・セッションズ」を立ち上げ、長年この番組のパーソナリティーを務めたことで知られるジョン・ピールの個人的な所蔵コレクション、レコードと音楽の記念品が、今年6月にオークションにかけられることが判明しました。この事実を受け、ピールの家族は、以下のようなコメントを添えています。

 

ジョン/パパ(John Peel)は、ポピュラー・ミュージックの歴史の中で、最も有名な人々や、イベントに簡単に接する環境にありました。これは彼が長年蒐集してきたコレクションに反映されています。40年間のポップミュージックの奇跡的な瞬間の集積を経て、私達家族は彼の番組「Peel Sessions」のファンや番組内で演奏を行ったアーティストの熱烈なファンが望むような興味深いアイテムが家の中で見つかるかもしれないと思い、今回、これらのコレクションを競売にかけることを決定しました。


上記のオークションにかけられるアイテムの中には、ジョン・ピールにしか所蔵しえないコレクションがずらり。

 

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの1968年のアルバム「Two Virgins」の直筆サイン入りのモノプレス、シングル「ビッグ・チーズ」、1968年のピンク・フロイドのコンサートポスター、ジョイ・デイヴィジョンの1978年にリリースした「理想の生活」、バンドが署名したローリング・ストーンズのプロモーションアルバム、クイーンの「Queen 2」のマスターテープのコピー、さらに、クイーンのフレーディー・マーキュリー直筆の書簡等が含まれています。





0 comments:

コメントを投稿