black midi  新作アルバム「Hellfire」収録の先行シングル「Eat Men Eat」を発表

 

Black Midi Alba Jefferson


今年、来日公演を控えているロンドンのポストロックバンド、black midiが、次作『Hellfire』からのセカンドシングル「Eat Men Eat」を公開した。この曲には、ファンが投稿した50以上の録音と、Demi García Sabatのパーカッションがレイヤー化されています。Maxim Kellyが監督したこの曲のビデオは、以下からチェックできます。


「Eat Men Eat」は、2021年にリリースされたアルバム『Cavalcade』のトラック「Diamond Stuff」で初めて登場したThe Red River Mining Companyにちなんだものです。バンドのキャメロン・ピクトンは、ストーリーコンセプトに基づいて制作された新曲について以下のように説明しています。


この物語は、砂漠で、行方不明の友人を必死に探す2人の男から始まる。彼らの探求は、その地域の天然資源が乏しいにもかかわらず、さらに奇妙なホストが彼らを歓迎するためにその扉を開く奇妙な鉱山施設に彼らを導く。


その夜、仲間の姿が見えない中、鉱山の気難しい船長によって大規模な宴会が開かれ、家族の元へ帰る前の最後の夜だからと、皆を喜ばせる長い演説が行われる。主人公たちは、疑惑の念を抱きつつも、大食いのフリをして、可能な限り食事をとらない。しかし、残念なことに、それさえも十分ではないことに気づく。夜になって、彼らは隠れ、労働者たちが昏睡状態になると、船長に監督された監視員たちは、彼らの毒入りの胃袋を汲み上げる準備をする。この鉱山の目的は、この地方で愛飲されている血のように赤いワインを作るために必要な人間の胃酸を採取することであった。


陰謀が明らかになり、仲間もいないことを知ったパートナーたちは、この施設を破壊することを決意する。しかし、一人の男が毒の軽い影響を受け、胃酸が大量に分泌されるようになったため、作業が中断された。胸が泡立つと、彼はパートナーに最後の別れを告げ、もう一人の男が一人で力仕事をすることになる。


彼は成功し、二人が腕を組んで逃げ出すと、燃えさかる炎の中から悪魔のキャプテンが現れ、二人に酸欠地獄の呪いをかける。しかし、二人は心配する必要はない。なぜなら、二人は必ずや英雄として故郷に帰ってくるからだ。


Black Midiの次のアルバム『Hellfire』は、Rough Tradeから7月15日にリリースされる。「Eat Men Eat」は、リードシングル「Welcome to Hell」に続く作品となります。


0 comments:

コメントを投稿