Mogwai Apple TV+の新作限定ドラマシリーズ『Black Bird』のサウンドトラックを公開

 


スコットランドのポストロックバンド、MogwaiがApple TV+の新シリーズ「Black Bird」のサウンドトラックを公開しました。


『Black Bird』は、『シャッター アイランド』『ゴーン・ベイビー・ゴーン』のデニス・レハンが製作総指揮と脚本を務めている。さらに『ロケットマン』『キングスマン:ザ・シークレット・サービス』のタロン・エガートンが主演するApple TV+新しい限定ドラマシリーズです。


この映像作品は、「骨太でサスペンスフルなサイコスリラー」と評されており、実録犯罪回顧録「In With The Devil」を映像化したものとなります。


大まかなあらすじは、"実際の出来事から着想を得て、高校時代のフットボールのヒーローで、叙勲を受けた警察官の息子が、最低警備刑務所で10年の刑を言い渡されたとき、彼は一生に一度の選択を迫られる-精神異常犯罪者のための最高警備刑務所に入り、連続殺人容疑者のラリー・ホールと親しくするか、そのまま仮釈放の可能性もなく全刑期を務めるか”という内容です。


サウンドトラックについて、バンドのフロントマン、スチュアート・ブレイスウェイトは次のように語っています。

 

「”Black Bird”のオリジナルスコアの仕事は本当に我々にとって光栄であり、大きなチャレンジとなりました。ストーリーは信じられないほど強烈で、素晴らしい出来栄えとなっています。みんなに見てもらえるのが楽しみですね」


0 comments:

コメントを投稿