Will Sheff  デビュー・アルバム『Nothing Special」の3rdシングル「In The Thick of It」を公開

 

©︎Bret Curry


Okkervil RiverのフロントマンであるWill Sheff(ウィル・シェフ)は、10月7日にATOよりソロ・デビュー・アルバム『Nothing Special』をリリースする予定です。このレコードは、ロックダウンの初期に亡くなった友人のドラマー、トラヴィス・ネルセンを追悼する一作ということです。

 

今回、彼は、Cassandra Jenkins(カサンドラ・ジェンキンス)をフィーチャーしたアルバムのサード・シングル「In the Thick of It」を公開しています。ウィル・シェフはプレスリリースでこのニューシングルについて次のように語っています。

 

「In the Thick of It」は、物事の熱狂的な最中にある恵みの瞬間について歌った曲です。L.A.から砂漠に向かう必死のフライトの中で、Will Graefeとリモート作業を通じて書いたんだ。Zac Raeがピアノでリードし、Cassandra Jenkinsに一緒に歌ってもらいました。

 

大掛かりなミュージックビデオを計画していたんだけど、そのビデオを作るはずだった人がみんなCOVIDになってしまった。そこで私はカメラを借りて、愛犬のラリーを散歩させながら、街のお気に入りのスポットを巡って歌を歌ったんです。すごく楽しかったし、200ドルしか使わなかったよ。


『Nothing Special』は、ギタリストのWill Graefe、ベーシストのBenjamin Lazar Davis、Christian Lee Hutson、DawesのドラマーGriffin Goldsmith、Death Cab For CutieのピアニストZac Raeが音楽参加しているのが特徴です。

 

また、Fruit BatsとBonny Light HorsemanのCassandra JenkinsとEric D. Johnsonがゲストヴォーカルとして参加。エンジニアはJohn Congleton、Matt Linesch、Marshall Voreが担当した。


以前のプレスリリースで、ウィル・シェフはこの新しいアルバムについて次のように語っています。「私はまだ子供だった頃、ロックンロールのスターになるという夢にとりつかれていました」

 

他の多くの若者と同じように、私は普通の生活の外にあるこの輝かしい道に呼ばれているという考えに恋をしてしまった。そして、同じように呼びかけられたと感じる人たちとバンドを組むことになった。

 

特に、優秀なドラマーのトラヴィス・ネルセンは、私にとって兄弟のような存在だった。私たちは、陽気なおふざけや、とんでもない過剰な行為、悲劇的な死の話を、まるでお経のように交わしたものです。トラヴィスと私は激しく対立し、彼は、ロックダウンの初期の数週間で亡くなりました。『Nothing Special』の大部分は、彼を悼み、友人たちが失ったものを悼み、ロックとロックンロールの神話を悼み、より超越した現実に目を開こうとすることを中心に据えていると思う。


 

 

 

 Will Shef 『Nothing Special』

 


 Tracklist:

 

1.The Spiral Season

2.In The Thick Of It

3.Estragement Zone

4.Nothing Special

5.Holy Man

6.Like The Last Time

7.Marathon Girl

8.Evidence

 

Pre-order:

 

https://linktr.ee/willsheff 

  


0 comments:

コメントを投稿