来年1月に、Fat Mikeが主宰するPunk Rock MuseumがLAにオープン予定

 


 NOFXのベーシスト兼リードヴォーカルのFat Mikeは月曜日、世界初の総合的なパンクロックミュージアムをラスベガスに開設すると発表した。


12,000平方フィートに展開されるギャラリーは、2023年1月13日にオープンするとSPINが報じている。

 

所蔵コレクションにはすでに、Devoのエナジードームヘルメット、Debbie Harry(デボラ・ハリー)のVulturesシャツ、Sum 41の”Does This Look Infected?”ツアーで使用された鮮やかな緑のチェーンソー、FEARのサックス、Rise Againstが最初の曲を書くのに使用したアコースティックギター、その他にも様々な展示が行われるという。


ファット・マイクは、このミュージアムを包括性の拠り所として捉えているようだ。"インドネシアから来た人たちに、自分たちのバンドのチラシが壁に貼ってあるのを見てもらいたいんだ。とマイクは言う。「彼らがどれだけ誇りに感じるかわかるだろう? 世界中のパンクバンドの誰にでも、そういう機会を持ってもらいたいんだ」


その "シンプル "なポリシーが、複雑な議論につながるかもしれない。パンク・ロック・ミュージアムは、Sab GreyがIron Crossで着ていたレザージャケットも所蔵している。このバンドは、「ナチスが嫌いだ」と主張しているにもかかわらず、ナチスの意味合いを持つ賞から名前を取っており、そのためスキンヘッドのファンが多くなっている。ヘイトグループと密接な関係を持つパンクバンドは他にもあり、パンクロック博物館は、彼らの遺品をどう展示するかで頭を悩ませることになるだろう。


ファット・マイクがミュージアム開設にラスベガスを選んだことは、火に油を注ぐことになるかもしれない。2018年、彼とギタリストのエリック・メルヴィンは、50人以上の死者を出した2017年のラスベガス銃乱射事件に関して、下品なジョークを飛ばしたのだ。その後、NOFXは、彼らが創設したフェスティバル「Punk in Drublic」でファンからブーイングを受けている。


ファット・マイクは、10人の "パンクロック集団 "の力を借りて、「パンク・ロックの教会」を作りたいと語っている。これには、Tony Hawk、Foo FightersのPat Smear、Bad ReligionのBrett Gurewitz、Vans Warped Tourの創設者Kevin Lymanといった出資者が含まれている。


レコード会社、Fueled by RamenとPaper + Plastickの創設者であり、Less Than Jakeの元ドラマーでもあるVinnie Fiorello(ヴィニー・フィオレロ)は、「これはパンクロックへのラブレターです」と述べています。「この音楽に対する様々な人々の共通の情熱を示したいと思っています」


NOFXは2023年に解散することを暗に発表しており、ミュージアムのキュレーションはファット・マイクのキャリアの次のステージを示すものになるかもしれない。9月には、最後のアルバムとなるかもしれない「Double Album」を発表した。バンドは10月14日にニュージャージーで開催されるPunk in Drublicに出演する。このミュージアムの詳細につきましてはこちらから御覧下さい。


0 comments:

コメントを投稿