New Album Review Arctic Monkeys 『The Car』

  Arctic Monkeys  『The Car』

 


 

Label: Domino

Release: 2022年10月21日




Reveiw

 

全世界のロックファン待望のアークティック・モンキーズの四年ぶりのアルバム『The Car』遂に発売となりました。この新作の到着には、往年の熱心なファンにセンチメンタルな感涙すらもたらしたでしょう。

 

さて、シェフィールド出身のアークティック・モンキーズの最新作は、すべての楽曲のソングライティングをフロントマンのアレックス・ターナーが手掛けている。そして、アルバムのレコーディングは、イギリスのサフォークで行われている。アルバムのレコーディングの様子を映した写真が公開されているので、それを、以下に掲載しておきます。この写真は、アレックスと古くからの盟友であり、バンドの屋台骨でもあるマット・ヘルダースが撮影したものです。

 


 

このアルバムには、明らかに、以前よりもソウルミュージックや1960年代のビートルズのマージーサウンドに象徴されるアクの強いアプローチが取り入れられていますが、一体、アレックス・ターナーとバンドは何をこのアルバムで志向しようとしたのでしょう。実は、ターナーは、一ヶ月前に、自身のお気に入りの楽曲を集めたspotifyのプレイリスト公開していて、この最新アルバムの謎を解き明かす上で、このプレイリストはかなり参考になると思います。ここで、アレックス・ターナーは、セルジュ・ゲンスブール、ジョン・カーペンターをはじめとする、渋い選曲をしていることからも分かる通り、どうやら、ロック/ポップスの核心を徹底して追求しようとしたのが「The Car」の正体のようです。


最初の先行シングル「There’d Better Be A Mirrorball」は、おそらくアルバムの中で最も説得力のある楽曲に挙げられる。ビートルズのアナログテープの逆再生の手法を交えながら、クラシカルなロックと古典的なR&Bの中間にあるポイントを、彼らは探っているように見受けられるのですが、その新たなポイントに加え、アークティック・モンキーズの最初期の名曲「Only Ones Who Know」を彷彿とさせる内省的なロマンチシズムが漂う。その他、この曲と同系統に当たる「Body Paint」もまた、アレックス・ターナーのボーカリストとしての円熟味を感じさせるバラードソングとして十分に楽しんでいただけると思われます。


これらの最初期のガレージロックバンドとしての性質の中に隠れていた要素、実はこのバンドの最も重要な性質でもあるソウル・バラードをアルバムの全体像として捉えることも出来るのですが、その他にも、表題曲の「The Car」では、近年の『AM』『Tranquility Base Hotel & Casino』の音楽性の延長線上にあるゴージャスな雰囲気を持ったR&Bソングに、ダンスホール時代のソウル・ミュージック、ファンク、はては、フランスのゲンスブールのようなイエイエの時代のダンディズムを加えた、玄人好みの音楽観を感じさせる。それらが、ピアノ、ギター、ベース、ストリングスを交て多角的なアプローチに取り組んでいる。これはありえないことではあるものの、音楽から、往古の時代の芳醇なノスタルジアが匂い立つように感じられる。映画音楽、また、古い時代への温かなロマンチズムやノスタルジア、つまり、それこそ、アレックス・ターナーがこの最新作『The Car』で描きたかった表現性なのかもしれません。

 

バックトラックに関しては精妙に作り込まれ、完璧なポピュラー/ロックミュージックの表現性が引き出されています。この点は、バンドのしたたかな経験が作品に目に見える形で表出している。ただし、ひとつ大きな問題を挙げるとするなら、その完璧なバックトラックに対して、ややもすると、アレックス・ターナーの掲げる理想のイメージが高すぎるのか、ボーカルが背後のダイナミックなトラックメイクに合致しているとは言いがたい。もっというならば、ボーカルがバックグラウンドから完全に浮いているようにも感じられるわけです。


アークティック・モンキーズは、すでに『AM』の時代から、初々しく突っ走るガレージロック/ダンスロックのイメージから脱却しようと試みており、その凄まじいチャレンジ精神が前々作、前作、そして、この最新作にも引き継がれていることは事実ですが、しかし、あるイギリス国内の音楽メディアも指摘しているとおり、この最新作の転身ぶりには若干の不安も残る。久しぶりのアルバム到着を待ち望んでいたファンの期待には大いに答えてみせている作品ではあるにせよ、最初期からのファンとしてはなんらかの違和感を覚える部分もある。

 

ニック・オマリーのPファンクをベースにした演奏のアプローチについては卓越してあり本当に素晴らしいですが、他方、リズム隊に関していうと、ドラマーのマット・ヘルダースの腕の見せ所が少ないように感じられるのが残念です。この点に関して、バンドの作品ではなく、アレックス・ターナーの『Submarine』のようなソロ作品に近いアルバムという印象を覚えざるをえない。これが端的に言えば、クオリティーが高いアルバムでありながら初期の傑作を完全に超えられない要因です。今後、このアプローチがよりバンド全体の統一された大きな意思となり、それぞれの概念が劇的な融合を果たした時、時代を超える最高傑作が生み出される瞬間となるかもしれません。

 

そういった意味で、アークティック・モンキーズの最新アルバム『The Car』は、ジャズ風のブレイクを多用したり、ファンクのビート、映画音楽のようにゴージャスなストリングスアレンジを取り入れてドラマティックな演出をし、創意工夫が凝らされ、深く聞きいらせる箇所もあり、サウンドは徹底的に磨き上げられ、全体的なクオリティーも軒並み高く、芳醇なノスタルジアに浸ることは出来る。ところが、これらのアプローチはあまりに使い古された手法であるので、先鋭的なリリースとはいいがたい。



75/100

 


Featured Track 「There’d Better Be A Mirrorball」

 

0 comments:

コメントを投稿