ラベル Live Info の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Live Info の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

 


ノルウェー出身のシンガーソングライター、”Z世代のクイア・アイコン”とも称されるガールズ・イン・レッド(Marie Ulven)は、クレイロと並んで、ベッドルームポップシーンを牽引するアーティストとして知られる。昨年発表されたデビュー・アルバム「if i could make it go quiet」は、ビリー・アイリッシュの兄、フィニアスをエンジニアに迎え制作され、大きな話題を呼んだ。

 

今週に入って、ガールズ・イン・レッドは、待望の来日公演の開催を行うことを発表している。smash-jpnが主宰する本公演は、来年、1月25日に大阪の梅田クラブ・クアトロ、次いで、26日に東京の恵比寿リキッド・ルームで開催される。公演の詳細は下記の通り。

 

 


・2023/1/25 (Wed) Umeda CLUB QUATTRO 

 


» 会場HP / ロケーション

 

 

・OPEN 18:00 START 19:00


・スタンディング 前売り:¥6,500


ドリンク代別

 

お問い合わせ


SMASH WEST 06-6535-5569


(当面の間、祝日を除く、月・水・金 12:00-17:00の営業とさせていただいております。)

 

 

・2023/1/26 (Thu) 恵比寿 LIQUIDROOM

 


» 会場HP / ロケーション

 

OPEN 18:00 START 19:00


スタンディング 前売り:¥6,500


ドリンク代別 

 

お問い合わせ


SMASH 03-3444-6751
(当面の間、祝日を除く、月・水・金 12:00-17:00の営業とさせていただいております。) 

 

 

 【オフィシャル先行予約】

 


受付期間:10/4(火)17:00〜10/10(月)23:59


受付URL: 

 

https://eplus.jp/girlinred/

 

 

 

 

ご注意:

 

公演内容については急遽変更となる場合もございます。また、ご入場の際の、注意事項、ガイドライン等も記載されております。チケットご購入の際は、下記、Smashの公式ホームページを”必ず”ご確認下さい。

 

 

Smash-jpn:

 

https://smash-jpn.com/live/?id=3790 

 

 

 

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの再結成ツアーは、発表から2年以上が経過し、パンデミックによる延期を経て、7月にようやくスタートしたが、走り始めて間もないシカゴでザック・デ・ラ・ロシャが足を負傷するというアクシデントで中断を余儀なくされることが分かった。

 

レイジは、8月にマディソン・スクエア・ガーデンで行われたニューヨーク5公演まで演奏したが、同月末から始まるはずだったヨーロッパとイギリスでの公演を、医師の指示でキャンセルせざるを得なくなった。そして、今回、2023年の北米公演もキャンセルされたことが発表されました。

 

フロントマンのザック・デ・ラ・ロッチャは、ライブのキャンセルと足の怪我について、長文の声明で次のように述べています。


 シカゴから約3ヶ月が経ちましたが、いまだに自分の脚を信じられない思いで見下ろしています。パンデミックの中、再び、バンドとして活動し、30数年前に始めた仕事を続けるための口火が切られることを願いつつ、私は、2年間も待っていたのです。リハーサル、トレーニング、和解、フォームを取り戻すための作業・・・。そして、たった1回半の公演で、私の腱が切れてしまったんだ。まるで宇宙が仕掛けた悪い冗談のようだった。この文章を書いているとき、それは単に状況が悪かったのだと、自分に言い聞かせた。この瞬間は、まさに地獄のようなものだよ。


 しかし、残念なことに、この瞬間は、多くの作業と治癒を必要とするものなんです。私は左足のアキレス腱にひどい裂傷を負っていて、腱の8%しか残っていませんでした。そしてその部分さえも、ひどく損なわれてしまったのです。単純にパフォーマンスが出来るようになる、ならないという単純な問題ではなく、今後の基本的な運動に置ける機能性にまで及んでいます。だから、2023年の北米ツアーの残りの公演をキャンセルするという、苦渋の困難な決断をするよりほかなかった。


 正直、公演をキャンセルするのは嫌でたまらない。ファンの皆さんをがっかりさせるのも嫌です。皆さんは、私たちに会うために、辛抱強く待ってくれているのだと思うし、そのことは決して忘れたことはありません。そのことを決して当たり前だとは思っていない。あなた方に対して、私は、究極の感謝と尊敬の念を抱いています。弟のTim、Brad、Tom、EL p、Killer Mike、Trackstar、RTJのみんな、制作チームのみんな、技術者、料理人、ドライバー、アシスタント、セキュリティチーム、これまでのショーの実現を可能にしてくれた、すべての人、すべての人に愛と尊敬を捧げます。

 

また、すぐにお会いしましょう。


ザック・デ・ラ・ロッチャ

 

 


 



10日6日に予定されていたSpiritualizcedの公演が休止となりました。これはメンバーの体調不良によりキャンセルが決定したようです。詳細、及び、メンバーからのコメントは下記の通りです。



Spiritualizedからのメッセージ》


“Following the recent cancellation of US dates due to medical issues, we regret to say that we are also going to need to cancel our upcoming Japanese shows. We will have more news on returning there soon but please rest assured that everyone is recovering well.”


"先日の健康上の問題によるUS公演のキャンセルに続き、残念ですが、日本公演もキャンセルせざるを得ませんでした。今後の来日の可能性について は進展があり次第お知らせしますが、全員が順調に回復に向かっていますのでご安心ください


チケットの払い戻し等の詳細につきましては下記、smash-jpn公式ホームページよりご確認下さい。









 2023年発売予定の全編日本語歌詞によるニュー・アルバム『奇跡レベル』からの先行シングル「ボクの愛猫(My Lovely Cat)」が各所で絶賛を浴びているUSインディーの至宝、DEERHOOF(ディアフーフ)



今年5月にアルバム『スーパーチャンポン』を発表し、国内外のツアーで話題沸騰中のおとぼけビ~バ~を迎えて久々の東京公演が決定しました。世界でも初めてとなる希代のライブバンド2組のレアな共演をお見逃しなく




公演詳細は下記より。




DEERHOOF Live in Tokyo 2022

with Special Guest OTOBOKE BEAVER







・公演日時



2022114() 開場 18:30 / 開演 19:30




・会場



恵比寿 ザ・ガーデンルーム 東京都目黒区三田1丁目13 



Google Map




・出演



DEERHOOF / おとぼけビ~バ~



・チケット



前売 ¥4,900 (1ドリンク別)

オールスタンディング

101()より e+にて発売開始



e+(イープラス)




Frue公式サイト:


https://festivaldefrue.com/tour/deerhoof-live-in-tokyo-2022.html

 


今年11月15日から東京、豊洲Pit、16日、Zepp羽田、17日に難波Hatchで開催される予定のクルアンビンの来日公演の最終日に坂本慎太郎バンドのゲスト出演が決定致しました。また初日の羽田ZEPPにはGliiicoがゲスト出演が決定。クルアンビンのバイオグラフィー、公演詳細は下記の通りです。




タイのファンク・ミュージックから強い影響を受けたテキサス出身のトリオ。
極上のミッドナイト・ファンク・ワールドで大注目を浴びるクルアンビン、待望の来日公演が決定!


『The Universe Smiles On You』(2015)、『Con Todo El Mundo』(2018)と60~70年代のタイ・ファンクに強く影響を受けた2枚のアルバムをリリースし、メロウでエキゾなソウル~ファンク・サウンドが瞬く間に評判を呼び2019年に行われた初来日は即完売。同年のフジロックにも出演、そのエキゾチックなライブ・パフォーマンスでここ日本でも絶大な人気を得ている。その後セカンド・アルバムのダブ盤、リオン・ブリッジズとのコラボEPを経て、最新作『モルデカイ』を発表した。これまでの音楽性から更に西アフリカ、インド、パキスタン、韓国など古今東西、様々な土地の音楽的要素を吸収しながらもほぼ全編にボーカルという楽器を取り入れ大胆な深化を遂げた。クルアンビン=タイ語で”空飛ぶエンジン/飛行機”というその名の通り、時代と国境を飛び越える唯一無二の存在である。

《チケット購入に際して》
※未就学児童は入場不可、小学生以上はチケットご購入が必要です
※購入時に個人情報の登録が必要となります




東京【追加公演】


2022/11/15 (Tue) 豊洲 PIT 
東京都 
» 会場HP / ロケーション

OPEN 18:00 START 19:00
スタンディング 前売り:7,800

ドリンク代別

お問い合わせ
SMASH 03-3444-6751
(当面の間、祝日を除く、月・水・金 12:00-17:00の営業とさせていただいております。)

Guest: Gliiico




東京


2022/11/16 (Wed) ZEPP Haneda 
東京都 
» 会場HP / ロケーション

OPEN 18:00 START 19:00
1F
:スタンディング 前売り:7,800
2F
:スタンディング 前売り:7,800
2F
:指定席 前売り:8,800

ドリンク代別

お問い合わせ
SMASH 03-3444-6751
(当面の間、祝日を除く、月・水・金 12:00-17:00の営業とさせていただいております。




大阪


2022/11/17 (Thu) Namba HATCH 
大阪府

OPEN 18:00 START 19:00
スタンディング 前売り:7,800
2F
:指定席 前売り:8,800

ドリンク代別

お問い合わせ
SMASH WEST 06-6535-5569
(当面の間、祝日を除く、月・水・金 12:00-17:00の営業とさせていただいております。)

Guest: 坂本慎太郎




公演内容につきましては変更となる場合がございます。必ず下記のsmash-jpn公式ホームページをご確認の上、チケット等をご購入下さい。



smash-jpn:


https://smash-jpn.com/live/?id=3706




 

での



アイルランドのロックバンド、Foutains DCの単独公演が決定しました。同バンドは、今年の始め、「Skinty Fia」をリリース、フジロックフェスティバルでの公演が予定されていたが、キャンセルとなった。


あらためて仕切り直しとなるフォンテインズD. C.単独公演は、smashが主催し、2月17日に大阪・梅田、18日にはspotify O- Eastで開催される。


本ツアーの詳細につきましては、下記smash公式ホームページよりご確認ください。


https://smash-jpn.com/live/?id=3780




今年、サマーソニックで劇的な公演を行ったイギリスのロックバンド、The 1975の単独来日公演が決定しました。クリエイティブマン主催のツアーは、来年の4月下旬に、横浜ピア・アリーナ、名古屋、愛知スカイエクスポ、大阪、大阪城ホールの三箇所で、四日間にわたって開催される予定です。


本公演の詳細につきましては、下記のクリエイティブマン公式ホームページを必ずご確認下さい。

 

 「Hold The Girl Tour 2023」

 

リナ・サワヤマは、アルバム「Hold The Girl」リリースに併せて、来年1月に愛知、大阪、東京での来日公演が決定致しました。ツアーの詳細は以下のとおりです。

 



 
 
[愛知 2023/1/17(火) ダイアモンドホール]
 
 
開場・開演 OPEN 18:00 / START 19:00
チケット先行 クリエイティブマン 3A 会員先行
期間:9月16日(金) 18:00〜9月19日(月・祝) 23:59

クリエイティブマン モバイル 会員先行
期間:9月16日(金) 18:00〜9月19日(月・祝) 23:59

ライブネーション・メルマガ会員先行
期間:9月20日(火) 12:00〜9月22日(木) 23:59

チケット スタンディング¥8,500(税込/1Drink別)
チケット発売日 11/5(土)10:00am~
注意事項 ※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※本公演は政府および各自治体、ならびに会場におけるガイドライン、要請を遵守し実施します。今後の感染状況や政府の方針などによりガイドライン、公演情報、感染症対策情報に変更が生じる場合もございます。チケットをご購入、ご来場の際は、必ず事前にクリエイティブマン及びLive Nation Japanのウェブサイトに掲載されている注意事項をご確認ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン こちらよりご確認ください
INFO キョードー東海:052-972-7466

 企画・制作・招聘:Live Nation Japan / クリエイティブマンプロダクション
協力:Universal Music Japan

 

 


 


 
[大阪 2023/1/18(水) Zepp OSAKA Bayside]
 
 
開場・開演 OPEN 18:00 / START 19:00
チケット先行 クリエイティブマン 3A 会員先行
期間:9月16日(金) 18:00〜9月19日(月・祝) 23:59

クリエイティブマン モバイル 会員先行
期間:9月16日(金) 18:00〜9月19日(月・祝) 23:59

ライブネーション・メルマガ会員先行
期間:9月20日(火) 12:00〜9月22日(木) 23:59

チケット スタンディング¥8,500(税込/1Drink別)
2F指定席:¥9,500(税込/1Drink別)
チケット発売日 11/5(土)10:00am~
注意事項 ※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※本公演は政府および各自治体、ならびに会場におけるガイドライン、要請を遵守し実施します。今後の感染状況や政府の方針などによりガイドライン、公演情報、感染症対策情報に変更が生じる場合もございます。チケットをご購入、ご来場の際は、必ず事前にクリエイティブマン及びLive Nation Japanのウェブサイトに掲載されている注意事項をご確認ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン こちらよりご確認ください
INFO :キョードーインフォメーション :0570-200-888(11:00~18:00 ※日・祝除く)

 

  企画・制作・招聘:Live Nation Japan / クリエイティブマンプロダクション
協力:Universal Music Japan / FM802

 

 

 
[東京 2023/1/20(金) 東京ガーデンシアター]
 
 
開場・開演 OPEN 18:00 / START 19:00
チケット先行 クリエイティブマン 3A 会員先行
期間:9月16日(金) 18:00〜9月19日(月・祝) 23:59

クリエイティブマン モバイル 会員先行
期間:9月16日(金) 18:00〜9月19日(月・祝) 23:59

ライブネーション・メルマガ会員先行
期間:9月20日(火) 12:00〜9月22日(木) 23:59

チケット S席:¥9,500(税込/1Drink別)
A席:¥8,500(税込/1Drink別)
※A席は5階第3バルコニー後方となります。
チケット発売日 11/5(土)10:00am~
注意事項 ※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※本公演は政府および各自治体、ならびに会場におけるガイドライン、要請を遵守し実施します。今後の感染状況や政府の方針などによりガイドライン、公演情報、感染症対策情報に変更が生じる場合もございます。チケットをご購入、ご来場の際は、必ず事前にクリエイティブマン及びLive Nation Japanのウェブサイトに掲載されている注意事項をご確認ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン こちらよりご確認ください
INFO info@livenation.co.jp      

 主催:J-WAVE
企画・制作・招聘:Live Nation Japan / クリエイティブマンプロダクション
協力:Universal Music Japan



公演詳細


https://www.livenation.co.jp/artist-rina-sawayama-1159943
https://www.creativeman.co.jp/event/rina-sawayama/


 


本日、オーストラリアのインディーロックバンド、Last Dinosaursが、ニューシングル「Put Up With The Weather!」をリリースしました。

 


このシングルは、日本のシティポップへのオマージュとして意図的にアップビートを強調し、歌詞も自分自身に語りかけるAメロから、サビとブリッジでは恋愛の始まりを描き、若い恋の甘さを表現している。まだまだ日差しが眩しいこの季節にもぴったりの、爽やかでロマンティックな1曲となっています。

 

ラスト・ダイナソーズは、「Put Up With The Weather!」について以下のように説明しています。



「この曲は、日本のシティポップへのオマージュで、冬に出会ったカナダの女の子との恋愛のサウンドトラックを作りたかったから、カナダののどかな雪の降る冬をイメージしたんだ。日本のアニメやテレビ番組が、完璧な西洋のホワイト・クリスマスを演出するように、キラキラした音楽であらゆる要素を超ロマンティックに表現したんだ!」



11月には、待望のニューアルバム『From Mexico with Love』をリリースするLast Dinosaurs。コロナで止まってしまった勢いを取り戻し、新しい音楽を全世界に発信する準備が整った!  

 

 

 

 

Last Dinosaurs 「Put Up With The Weather!」 New Single 

 


■ レーベル:ASTERI ENTERTAINMENT
■ 形態:ストリーミング&ダウンロード


 

■ 楽曲のご視聴/ご購入:


https://asteri.lnk.to/putup

 

 

 

・OKAMOTO'S tourw/ ”ウェルカム マイ フレンズ

 

 


 

さらに、メンバー同士が "最高の仲間" と呼び合う盟友、OKAMOTO'Sとの対バンツアーが決定! ラスト・ダイナソーズの他にも、本ツアーには、羊文学、DISH//、iri、ALI、Age Factory等の出演が決定している。



2021年、ボーカル オカモトショウがリリースしたソロアルバム収録曲「Slider feat. Last Dinosaurs」にLachlan Caskeyが参加したことにより交流が始まったLast DinosaursとOKAMOTO'S。

 

楽曲の制作はリモートで行われたが、このフィーチャリングがきっかけとなり、Last DinosaursのアメリカツアーにOKAMOTO'Sを招集、海を越えて二組の豪華な共演が実現した。

 

そして、今秋、今度は、Last DinosaursがOKAMOTO'Sが国内のツアーのゲスト出演が決定。Last DinosaursもSNSで「Playing shows in Japan with our best bros" - 最高の仲間と日本でライブします」とコメントしている。
 

 

お互いの音楽を認め合い、世界を舞台に親交を深めてきた二組のライブを、ぜひ、日本で体感して欲しい。

 


 [公演情報]


神奈川:9/27(火)KT Zepp Yokohama Guest:DISH//
愛知: 9/29(木)Zepp Nagoya Guest:iri
大阪: 9/30(金)Zepp Namba Guest:羊文学
東京: 10/2 (日)豊洲PIT Guest:ALI、AgeFactory


※ Last Dinosaursは全公演に出演いたします。

 

 

[チケットのご購入]

 

http://eplus.jp/okamotos/

 

 




カルフォルニアを拠点に活動するキャメロン・ルーことGiger Rootの初来日公演が決定しました。Live Nathionが主催する本公演は、1月18日に大阪クラブクアトロ、11日に愛知名古屋クラブクアトロ、12日に東京恵比寿リキッドルームにて開催されます。詳細は下記の通り。








『GINGER ROOT LIVE IN JAPAN』



日時:2023年1月10日(火) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪・梅田CLUB QUATTRO
料金:スタンディング ¥7,000 (1D代別途)
お問い合わせ:梅田CLUB QUATTRO 06-6311-8111

日時:2023年1月11日(水) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知・名古屋CLUB QUATTRO
料金:スタンディング ¥7,000 (1D代別途)
お問い合わせ;名古屋CLUB QUATTRO 052-264-8211

日時:2023年1月12日(木) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京・恵比寿LIQUIDOOM
料金:スタンディング ¥7,000 (1D代別途)
お問い合わせ:info@livenation.co.jp  

企画・制作・招聘: Live Nation Japan

・チケット
ライブネーション・ジャパン・プレミアムクラブ先行:9月9日(金)18:00〜9月11日(日)23:59
ライブネーション・メルマガ会員先行:9月12日(月)12:00〜9月14日(水)23:59
その他先行:9月15日(木)〜9月22日(木)
一般発売:9月24日(土)10:00

※先着受付
※未就学児(6歳未満)入場不可

※本公演は政府および各自治体、ならびに会場におけるガイドライン、要請を遵守し実施します。今後の感染状況や政府の方針などによりガイドライン、公演情報、感染症対策情報に変更が生じる場合もございます。チケットをご購入、ご来場の際は、必ず事前にLive Nation Japanウェブ・サイトに掲載されている注意事項をご確認ください。






 

©︎Guy Bolongaro


Dry Cleaningが、近日発売予定のアルバム『Stumpwork』からの最新シングル「Gary Ashby」を公開した。また、このアルバムを引っ提げたワールド・ツアーも発表されています。このワールドツアーの一貫として、11月30日に東京リキッドルーム、12月1日に大阪クラブクアトロで来日公演を行います。


「Gary Ashby」は、バンドによると "家族の混乱の結果、逃げ出したペットの亀についての嘆きであり、2020年12月に書いた曲で、New Long Legセッション後の最初の新曲の一つと付け加えている。


『Stumpwork』は10月21日に4ADからドロップされる予定。このアルバムには先に公開された楽曲「Don't Press Me」と「Anna Calls From the Arctic」が収録されている。












TOUR DATES:



09/17/22 – Solana Beach, CA @ Belly Up
09/18/22 – Los Angeles, US @ Primavera Sound LA
09/20/22 – San Francisco, CA @ The Chapel
09/21/22 – San Jose, CA @ The Ritz
09/22/22 – Big Sur, CA @ Henry Miller Memorial Library
11/08/22 – Paris, FR @ Le Trabendo
11/09/22 – Cologne, DE @ Club Volta
11/11/22 – Utrecht, NL @ Le Guess Who? Festival
11/12/22 – Kortrijk, BE @ Sonic City
11/30/22 – Tokyo, JP @ Liquid Room
12/01/22 – Osaka, JP @ Club Quattro
12/06/22 – Auckland, NZ @ Tuning Fork
12/07/22 – Wellington, NZ @ San Fran
12/09/22 – Brisbane, AU @ The Brightside
12/10/22 – Meredith, AU @ Meredith Festival
12/12/22 – Melbourne, AU @ The Corner Hotel
12/13/22 – Melbourne, AU @ The Corner Hotel
12/14/22 – Sydney, AU @ Manning Bar
12/16/22 – Perth, AU @ Rosemount Hotel
01/10/23 – Montreal, QC @ La Tulipe
01/11/23 – Toronto, ON @ Phoenix
01/13/23 – Chicago, IL @ Thalia Hall
01/14/23 – Minneapolis, MN @ Fine Line
01/17/23 – Vancouver, BC @ Rickshaw
01/18/23 – Seattle, WA @ Neptune
01/19/23 – Portland, OR @ Crystal Ballroom
01/21/23 – San Francisco, CA @ August Hall
01/23/23 – Phoenix, AZ @ Crescent Ballroom
01/24/23 – Tucson, AZ @ Congress Plaza
01/26/23 – Dallas, TX @ Texas Theatre
01/27/23 – Austin, TX @ Mohawk
01/28/23 – New Orleans, LA @ Toulouse Theatre
01/29/23 – Atlanta, GA @ Terminal West
01/31/23 – Washington, DC @ The Howard Theatre
02/01/23 – Philadelphia, PA @ Union Transfer
02/02/23 – Brooklyn, NY @ Pioneers Works
02/14/23 – Dublin, IE @ Vicar Street
02/15/23 – Belfast, UK @ Mandela Hall
02/17/23 – Glasgow, UK @ Barrowlands
02/18/23 – Leeds, UK @ O2 Academy
02/20/23 – Liverpool, UK @ Invisible Wind Factory
02/21/23 – Nottingham, UK @ Rock City
02/22/23 – Sheffield, UK @ O2 Academy
02/24/23 – Manchester, UK @ Albert Hall
02/25/23 – Birmingham, UK @ O2 Institute
02/26/23 – Bristol, UK @ O2 Academy
02/28/23 – Cardiff, UK @ Tramshed
03/01/23 – Brighton, UK @ Chalk
03/03/23 – London, UK @ O2 Academy Brixton
03/13/23 – Copenhagen, DK @ VEGA
03/15/23 – Stockholm, SE @ Debaser Strand
03/16/23 – Oslo, NO @ Parkteatret
03/18/23 – Hamburg, DE @ Knust
03/19/23 – Groningen, NL @ Vera
03/20/23 – Amsterdam, NL @ Paradiso
03/22/23 – Offenbach, DE @ Hafen2
03/23/23 – Munich, DE @ Strom
03/24/23 – Vienna, AT @ Flex
03/25/23 – Prague, CZ @ Futurum
03/27/23 – Warsaw, PL @ Hybrydy
03/28/23 – Leipzig, DE @ UT Connewitz
03/29/23 – Berlin, DE @ Festsaal Kreuzberg
03/31/23 – Rotterdam, NL @ Maassilo
04/01/23 – Antwerp, BE @ Trix


 

Photo: Niall Lee

 

イギリスの大人気シンガーソングライター、Sam Fender(サム・フェンダー)が今夏開催されたFinsbury Parkでの大規模なヘッドライン・ショーを収録したライブ・アルバムのリリースを発表しました。

 

ライブアルバム『Live From Finsbury Park』は単体のダブル・カラー・ヴァイナルとして12月9日に”Polydor”からリリースされる予定です。

 

このライブコレクションは、ストリーミング・プラットフォームや、フェンダーの2枚目のレコードである昨年の「Seventeen Going Under」の「Live Deluxe Edition」でも聴くことが出来ます。


本日(9月5日)、サム・フェンダーは新しいビデオ「Getting Started (Live From Finsbury Park)」を公開し、次作のレコードを告知しています。ライブアルバムの予約・購入につきましてはこちらからお願いします。


「このショーは僕と仲間達にとって本当にハイライトだったから、みんなと共有できて嬉しく思う」とサム・フェンダーはソーシャルメディアにメッセージを書いている。

 




さらに、サム・フェンダーは、イングランドのフットボールクラブ、ニューキャッスル・ユナイテッド FCの本拠地である”St. Jame’s Park”でのライブ開催が決定しました。ニューキャッスルはフェンダーの出身地でもあり、彼が若い時代を過ごした思い入れの深い土地でもある。本公演は2023年6月9日に開催され、Inhaler、Holly Humberstoneがサポートアクトを務める予定です。
 

サム・フェンダーは、このフットボールの聖地でのライブ開催について次のようにコメントしている。「このバンドを始めたときから、いつかニューカッスルのセント・ジェームズ・パークで演奏する日が来るかもしれないと、いつも少年たちと冗談を言っていたんだ。遂に子供の頃の夢が叶って、6月9日に演奏することになったんだ。初めてのスタジアム・ライヴということで、とても奇妙な感じがするんだけどね。待ちきれない、最高に盛り上がるだろうし、みんなに会える日を楽しみにしてるよ」

 
セント・ジェームス・パークのライブ公演チケットは現地で9月9日午前10時から一般発売予定です。