Jeff Rosenstock 新曲「HEALMODE」をリリース

 

©︎Matt Price

 

ジェフ・ローゼンシュトックが新曲「HEALMODE」をリリースした。


同名のアルバムは9月1日にSpecialist Subjectからリリースされる。先行シングル「LIKED U BETTER」「DOUBT」が収録されている。「HEALMODE」の試聴は以下から。


ローゼンストックはエモ、スカ、パンクを得意とし、ツアーの中心人物であり、さらにはテレビ番組のスコア・コンポーザーとして多岐にわたる分野で活躍。新曲についての長い声明の中でこう語っている。


「2020年1月、妻と私はプリウスに衣類、楽器、ハードディスク、観葉植物を詰め込み、西のロサンゼルスにある新居へと車を走らせた。


 国をまたいで引っ越しをするのは奇妙だ。2020年という世界的な恐怖を私たち全員が共有することになるのだが、その中に残酷な夏があった。性別発表パーティーの花火が山火事を引き起こし、10月になっても気温が華氏数百度しか上がらないような骨まで乾燥した州を引き裂いたのだ。


 ニューヨーカーとして、雨はいつも私を憂鬱にさせた。暗い雲が頭上に群がり、期待に胸を膨らませながらも、せいぜい数滴の雨が降るだけで落胆した。大抵の場合、雲は雲散霧消し、私の故郷から国ごと離れた、時間の止まった世界へと私を連れ戻す。空から灰が降ってきて、空気清浄アプリにはガスマスクをつけた真っ赤なアイコンが表示された。金物屋ではエアフィルターがすぐに品切れになった。


 その頃、私は雨が心底欲しかった。大気中のゴミをすべて吐き出して、澄み切った空と雪の山頂を残してほしかった。誰もいない食料品店で用事を済ませたかった。300日前とは違う一日を過ごしたかった。地球上の生命が持続可能であると感じたかった。干ばつを終わらせたかった。


 それから1年後、2021年12月23日、オミクロン・サージ期間中の7週間の北米ツアーをどうにか終えた私は、自宅の階段にいた。数時間後には、ツアー後のPCR検査で「DETECTED(検出)」と判定され、一緒にツアーを終えたばかりの友人たちに、その連休は家族に会えない可能性があることを警告するメールを送らなければならなかった。プリウスのルーフにクリスマスツリーを括り付け、寒さを吸い込み、6歳児のように自分の息が宙に浮いていることに驚嘆した。


 これは、雨について、そして今あるものに感謝することについて歌った曲なんだ。ほとんどアコースティック・ギター、木管楽器、ヴィブラフォン、シンセサイザー、そして僕の友人のローラだ。私もかなり静かに歌っている。とにかく楽しんでもらえたら嬉しいね」

 

0 comments:

コメントを投稿