Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)の13年ぶりとなる来日公演が決定 来春に東京/大阪で開催

 

ハワイ出身のシンガーソングライター、ジャック・ジョンソンの13年ぶりとなる来日公演が決定しました。Smash-jpn主催の本公演は2月26日(月)にZEPP OSAKA、28日(水)に東京ガーデンシアターで開催される。

  

ハワイ出身でサーフィンとギターを弾いて育ち、2001年以来7枚のスタジオ・アルバムと2枚のライブ アルバムをリリースし、全世界で2,500万枚以上のセールスを記録している。

 

彼のレーベルであるBrushfire Records とツアー・クルーは音楽業界の緑化のリーダーであり、彼が主宰するAll At Onceというソーシャル・アクション・ネットワークはツアー各地でファンと地元の非営利団体を結び付けている。妻のキムとともに設立したコクア・ハワイ財団では地元ハワイの学校や地域コミュニティーの環境教育を支援し、ジョンソン・オハナ財団では世界中の環境、芸術、音楽教育を支援しており、アルバムやツアーの収益と個人的な慈善活動により、2001 年以来 3,700 万ドル(50億円)以上が慈善団体に寄付されています。

 

最新スタジオ・アルバム『ミート・ザ・ムーンライト』は 昨年リリースされ、北米、南米、オセアニア、ヨーロッパ各地でソールド・アウトのツアーを続けており、今秋はメリーランド州のオーシャンズ・コーリングと南カリフォルニアのビーチライフ・ランチに出演が決まっている他、来年春にはバイロンベイ・ブルース・フェスティヴァルでヘッドライナーを務めることが発表された。

 

 さらなる公演の詳細につきましては、Smash-jpnの公式サイトをご確認下さい。

0 comments:

コメントを投稿