ローリング・ストーンズの最新作『ハックニー・ダイアモンド』が全英1位に返り咲く

©︎Mark  Seliger

ローリング・ストーンズの最新作『ハックニー・ダイアモンズ』が英国1位に返り咲いた。クリスマスにストーンズを聴くことほど心楽しいことはない。ストーンズの最新アルバムは、12月22日金曜日に発表されたUKオフィシャル・アルバム・チャートで2週連続でトップを獲得した。


10月にリリースされた同アルバムは、トップ5を上回るセールスを記録し、ストーンズにとって14作目となる全英1位を獲得した。


レディー・ガガ、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダー、ポール・マッカートニーとのコラボレーションをフィーチャーし、元ベーシストのビル・ワイマンとグループの故ドラマー、チャーリー・ワッツが参加した『ハックニー・ダイアモンズ』(ポリドール)は、ストーンズのオリジナル・アルバムとしては、2005年に最高2位を記録した『ア・ビガー・バング』以来18年ぶりの記録となる。


「2023年を締めくくるにふさわしい素晴らしい結果ですね」と、ローリングストーンズはオフィシャル・チャート・カンパニーが発表した声明の中で述べている。「ハックニー・ダイアモンズを聴いてくれたみんな、ほんとにありがとう。楽しいクリスマスと新年をお過ごしください!!」


ローリングストーンズの『ハックニー・ダイアモンド』Best Rock Album 2023としてもご紹介しています。

0 comments:

コメントを投稿