レスターのローカルラップの体現者、Saintéがニューシングル「Tea Over Henny」をリリース

 



レスターのローカルラップの体現者、Saintéがニューシングル「Tea Over Henny」をミュージックビデオとともに公開した。


グリッチ・サウンドとお馴染みの清涼感のあるフロウが融合を果たし、唯一無二のUKラップが登場した。サンテの曲を紹介するのは「Sade」以来のことだ。ストリーミングはこちらから。


Saintéの音楽は、彼の故郷、レスターを世界の中心のように感じさせてくれる。レスターは、多民族国家であること、レスター・シティ・フットボール・クラブの本拠地でもあり、さらに1967年に開局した英国で初めて独自のローカルラジオ局BBCラジオ・レスターの都市としても有名である。しかし、レスターがサンテのような才能を輩出することは、この街の文化の背景を見てみれば納得出来る。



2019年にデビュー・シングル「Envy Me」をリリースして以来、Saintéの名前はアンダーグランドで話題を呼び、今日、彼はUKラップシーンの超有望アーティストとして見なされているという。年明けに発表したLocal MVPプロジェクトで注目を集めたこのラッパーは、現在も量と質という両側面で高い水準を保持している。
 

ラッパー、サンテは、「Champagne Shots」で自身初のバイラルヒットを記録した。流麗かつ率直な語り口で、Saintéは二面性のある音楽プリズムを構築している。生意気なワンライナーとリリックの間に、サンテの創造的原動力の源泉が求められる。



Saintéの音楽は、UKのドリル、トラップ、同世代のラッパーとは共通点が少なく、Dom KennedyやIsaiah Rashadといったアメリカ国内の曇ったラッパーと類似点が多い。


Dave MeyersとHype Williamsにインスパイアされた "No Love "のビジュアルから、The SourceやXXL Magazineのバックナンバーに掲載されているような未来志向のワード・ローブに至るまで、Saintéは現在のイギリスの音楽シーンで他の誰とも明らかに一線を画しているのが特徴である。

0 comments:

コメントを投稿