Bonny Light Horseman 新曲「When I Was Younger」を発表

 


Bonny Light Horsemanが新曲「When I Was Younger」を発表した。この曲は、バンドとの契約を発表したばかりのジャグジャグワーからの最初のシングルである。この曲は、大人になること、親になることで無謀な日々を脇に置くことなどをテーマにしている。


Bonny Light Horsemanはアナイス・ミッチェル、エリック・D・ジョンソン、ジョシュ・カウフマンの3人組。カウフマンがプロデュースしたこの曲は、アイルランドのコーク州バリーデホブにある100年以上の歴史を持つ水飲み場、リーヴィス・コーナー・ハウスでレコーディングされた。


バンドはプレスリリースで、この曲についてこう語っている。「トラッドの曲には、"Single Girl Married Girl "や "Wish I Was a Single Girl Again "など、"家庭内の不満 "を歌ったジャンルがある。この曲はそれらにインスパイアされたものだけど、私たちはデュエット曲として書き、2つの側面の物語を伝えたかった」


「ライブでレコーディングしたので、咳払いや車の音が聞こえるし、観客全員が途中で私たちと一緒に言葉を発しない叫び声をあげた。それは原始的な集団的シェイクオフのように感じられた。翌朝、パブから荷物を回収していると、オーナーのジョーがビーチサンダル姿で表に出て、道に落ちているタバコを掃きながら、『若い頃は派手な格好をしていたもんだ』と歌っていた」



0 comments:

コメントを投稿