St.Vincent 『Daddy's Home』に続く新作に着手しているとMOJO誌に明かす


セイント・ヴィンセントが、2021年の『Daddy's Home』に続く新作に着手していることが分かった。MOJO誌との新しいインタビューで、このアーティストは、新作は近年のプロジェクトよりも "ダークでハード "だと語り、そのサウンドを "緊急でサイコティック "であると表現しました。


アニー・クラークはこのアルバムをセルフ・プロデュースし、LAのCompound Fractureスタジオ、ニューヨークのElectric Lady、シカゴのスティーヴ・アルビニのElectrical Audioでレコーディングを行った。


この経験について、彼女はこう語っています。「このアルバムは)ポスト・ペスト・ポップだと思いたいし、天国と地獄、つまり比喩的な表現が多い。スタジオに一人で何時間も座っているのは地獄の一種と言えるから」


彼女は、このアルバムにはデイヴ・グロールーとケイト・ルボンをレコーディングに招聘すると語っています。さらに、70年代と80年代に通じるアナログ・シンセとギターロックのアプローチが強いと付け加えました。「最も苛烈なサウンドであると同時に、サウンド的に開花していると思う。杭を打つような、意図的なサウンドだと思う」


クラークはこのアルバムについて、彼女のキャリアの中で "最も笑えないアルバム "だとユーモアを交えて語っています。「前作では、私は多くの痛烈なユーモアとウィットをもってタフなテーマにアプローチしていました。このアルバムは、よりダークでハードで、より骨格に迫っている」と。


『ダディーズ・ホーム』のリリース以来、クラークはケイト・ブッシュの "Running Up That Hill (A Deal with God)"、デヴィッド・ボウイの "Young Americans"、ポーティスヘッドの "Glory Box"、フリートウッド・マックの "Dreams "など、ライブパフォーマンスで他のアーティストの曲をカバーに挑戦した。


昨年、プリマヴェーラに出演したセイント・ヴィンセントは今年、いくつかの音楽フェスの出番を控えています。ナパ・ヴァレーで開催されるボトルロック、オランダのベストケプトへの出演が決定しています。

0 comments:

コメントを投稿