ラベル Gossip の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Gossip の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Lorde in Primavera Sound in L.A   photo: John Anthony

 

イギリスの大人気シンガー、Lordeは先週金曜日の夜、Primavera Sound Los Angelesで行われた公演のステージで、4枚目のアルバムのリリースを仄めかす発言をオーディエンスに対して行った。もちろん、現時点では公式な形でのリリース情報は出ていないが、続報を待ちたいところだ。

 

セットリストの演奏の合間に、Lordeは、これまで発表された3枚のアルバムのテーマについてさりげなく触れ、1stアルバム『Pure Heroine』は「ティーンエイジャーではないことについて」、『Melodrama』は「ある少年について」、『Solar Power』は「気候変動について」であると指摘した。


「次に何が来るかなんて誰にもわからない」彼女はマイクパフォーマンスを通じて観客に語りかけた。「私は知ってます。そして、あなたもすぐにわかるでしょう」と次のアルバム制作を仄めかすにとどめた。


彼女のコメントは、Lordeがツアー以降、新曲に取り組んでいることをファンに報告した後に行われた。「ツアーが終わってから断続的な作業を続けていて、暗い部屋で長い日数を過ごし、頭は蛍光管のようにざわざわし、光の中に戻ると目が潤むことがある」とニュースレターに書いている。


6月には、最新アルバムでより内省的なアプローチをとった後、”再び「バンガー」しか書かない傾向に近づいている”と語っています。


「大きくて明るいポップソングを書くことが、私の人生を定義するものだったなんて、とても興味深い」と彼女は説明している。「ラジオをつけると、その感じがとても好きで、それが私の感覚にもたらすものが好きで、14歳の時にこの習慣を始めた。今では中毒のようになり、私は、ただ3分半以上、感情的にあなたたちの心を打つ完璧な曲を構築していきたいと思ってたの」


ロードは、北米のソーラー・パワー・ツアーの第2行程を終えた。来月には中南米を回り、その後オーストラリアとニュージーランドで公演を行う予定となっている。

 


 


NOFXは1983年以来、ポップ・パンクの代表的存在である。多くのレコードを作り、かつて世界で最も人気のあるインディペンデントロックバンドの一つであった。

 

最近では、NOFXの話題が出ると、フロントマンのファット・マイクが2017年のラスベガスのカントリー・フェスティバルでの大量殺戮事件が起きた直後に嘲笑したことを中心に語られることが多い。このジョークから何年も経った昨年、その余韻が残っていたため、NOFXはラスベガスのフェスティバル「パンクロック・ボウリング」--かつてはNOFXのフェスティバルだった--の出演を取りやめることになった。そして今、NOFXはついにその活動を終了することを計画しているようだ。


今のところ、NOFXの解散についての公式な発表はない。代わりに、Instagramの投稿のコメントからそのことが示唆されている。現在、ファット・マイクはアラスカにおり、床屋で髭を剃ってもらう動画を投稿したが、その投稿のコメントで、マイクはバンドが最後に行ったカナダでの活動について言及している。そのことについて人々が尋ねると、彼はNOFXが2023年に解散すると言ったのだ。

 

アーケイドファイア ウィン・バトラー



ご注意:


※この記事には、性犯罪の疑惑に関する性的な記述や自殺に関する言及が含まれております。お読みになる際には充分ご留意下さい。





アーケイド・ファイアのフロントマンであるウィン バトラーは、複数の女性から性犯罪の疑惑をかけられている。音楽ジャーナリストのマーク・ホーガンによるPitchforkのレポートでは、4人(2015年から2020年にかけて行われたとされる交流の当時は18歳から23歳)が、バトラーに不適切な性的関係を持たれたと告発している。


バトラーは(危機広報専門家リサ・ヘラーを通じて)ピッチフォークに宛てた書面の中で、婚外恋愛をしたことを認めたものの、その出会いは合意の上であり、自分から言い出したわけではないと述べている。バトラーは、「私は女性の意思に反して触ったことはありませんし、そのような示唆はまったくの誤りです」と述べています。「私は、私が女性に無理強いしたとか、性的な好意を要求したというようなことは、全く否定します。それは単に、そして明確に、決して起こりませんでした。


"これらの関係はすべて合意の上でしたが、私の行動で傷つけた人には大変申し訳なく思っています "と彼は付け加えました。「人生にはとてつもない痛みと間違いがつきものですが、私は決して誰かの痛みを引き起こす一員になりたくありません。将来に向けて、私は自分の過ちから学び、より良い人間になるために、息子が誇りに思える人間になるために、懸命に努力し続けます。[言い訳にはなりませんが、私は前を向き、癒せるものは癒し、過去の経験から学び続けたいと思います」また、この声明文の全文は以下よりご覧いただけます。


バトラーの妻でArcade FireのバンドメンバーであるRégine Chassagneも声明を発表し、「私は彼の心の中を知っていますし、彼が女性の同意なしに女性に触れることはこれまでも、そしてこれからもないでしょうし、彼が決してしなかったと確信しています。彼は自分の道を見失い、戻る道を見つけたのです」


ジェンダーフルイドで、彼ら/彼女らの代名詞を使うリリー(仮名)との関係が詳細に描かれている。


リリーは、21歳でアートを勉強していた2015年のはじめ、カナダモントリオールのコンサートでバトラーと出会ったという。しかし、夕食で再会した後、バトラーは同意なしにリリーのアンダーウェアに手を突っ込んだとされる。その数日後、ウィン・バトラーはリリーのアパートに現れ、リリーは「私を壁に固定し、積極的に私の体を掴み、舌を喉に突っ込んできた」と主張している。それはセクシーになろうとする試みで、その流れではとてもOKとは言えないものだった」と。この疑惑の事件に対し、バトラーは次のように語っている。


「(リリーの)ベッドに移動したんだけど、なんか変な雰囲気になったから、立ち止まって「リリー、大丈夫?物事が少し早く進んでいるような気がしたんです。[リリー]は私に出て行けとは言わなかったし、非難したこともない。ただ、どうしてこんなに急に雰囲気が変わって、気まずくなったのか、少し戸惑いはありました。私は、それは全く大したことではないと言いました。私はすべてやめて、その場を離れました。


[リリー]は次の日、私に謝罪の手紙をくれた。問題にならなかったし、大したことじゃないと思った。私は無理強いしたことはないし、雰囲気が変わったらやめて確認し、ドラマも問題もなく立ち去りました。私は誰にも暴行を加えていないし、【リリー】にも暴行を加えてはいない」


また、ステラという仮名で名乗る女性による主張も含まれている。バトラーは18歳の時に出会った後、同意も相互関係もなく露骨なメールを繰り返し送るようになったと主張している。彼女はまた、バトラーが自分の性器の写真を未承諾で送ってきたと主張している。バトラーはステラとの18歳の年齢差について、コメントしている。"当時は年齢差の重要性に気づいていなかった。今なら18歳の頃を思い出して圧倒されるのがわかるけど、当時はそのことに気づかなかった "とコメントしています。


サラとフィオナという仮名で呼ばれるさらに2人の女性はピッチフォークに、バトラーはフィオナが20歳、サラが23歳の時にインスタグラムでメッセージを送り始め、露骨な動画を共有するよう求める前にカジュアルな会話をしていたと語った。


"私はそれが彼だったので、すべて受け入れた“と、サラは語った。「私はどんな場合でも、特に性的なことをするのは好きではありません。私はそれをしたことをとても緊張し、とても恥ずかしかったことを覚えてます。私は『気分が悪い』って言うの。彼は「今すぐ写真を送ってくれ」と言うんだ。「彼は私を個人的なセラピストとして利用したの、電話でセックスする簡単な方法としてね。フェイスタイムは厳密で、彼は満足して、電話を切った。毎日、気分が悪くなった」


これに対して、バトラーはサラの行動を「不健康なファンダム」と位置づけ、彼女の存在に「ますます不快になり」、「セキュリティに彼女が近づきすぎないように言わなければならなくなった」と述べている。サラは、バトラーのセキュリティが彼女と交流することはなかったと主張している。


フィオナが最前列にいたモントリオールのアーケード・ファイアのコンサート後に手を差し伸べたバトラーとの関係も、オンラインから直接のものになった。バトラーによれば、「これは合意の上だった。セクスティングをして、最終的には何度か一緒に寝た。1回目は、彼女が僕のバンドのタトゥーを入れていることに気づいて、正直ちょっと変な気分になった」と。



バンクーバーで行われたアーケード・ファイアのコンサート前夜に、直接会って性的関係を持った後、フィオナは「信じられないほど気分が落ち込み」、特強のタイレノールを大量に飲み込んで自殺未遂を起こしたという。「すべてを秘密にしなければならないこと、彼をなだめるために常に自分の要求を押し通すこと、境界線の欠如、そしてもう一人の女性であることの罪悪感の犠牲は、無視できないほど厳しくなっていた」と彼女は語っている。


バトラーはこれに対し、自殺未遂について知っていたことを認めたが、フィオナは "私とは無関係だ"と繰り返し、彼女は精神的な病に苦しんでいた、それには非常に同情する "と主張している。フィオナはうつ病と自殺未遂についてPitchforkに語っている。"それは絶対に彼と(因果)関係があった"


2020年7月、ステラはインスタグラムの投稿でバトラーを "性的捕食者 "と呼び、公に非難した。"彼は常に私に性的な出会いを強要しようとし、私が興味がないと何度も言った後、自分のヌード写真を送ったり、迷惑なヌード写真を送ったりしていました。"と彼女は書いています。"彼は私を放っておかず、私がブロックした後も違う番号からメールを送ってきました。年齢も一度も聞かれたことがありません"


ステラの投稿を見たサラは、ステラに連絡を取り、その投稿のスクリーンショットをRedditにアップロードすると、リリーとフィオナ、そしてバトラーと合意の上で交流があったとされる別の女性がコメントで反応した。また、別の女性は、バトラーとの直接の性的な出会いについて、最終的には二人の間の力関係のために同意の境界があいまいになっていると感じたと詳述している。"それはこの本当に複雑なことだ "と彼女はPitchforkに語った。"そう、それは同意の上だったんだけど、でも、ほとんどノーと言えなかったような面もあるのよ。"



ウィン・バトラーの声明


私はレジーヌを心から愛しています。私たちは20年間一緒に過ごしてきました。彼女は音楽と人生のパートナーであり、ソウルメイトであり、彼女がそばにいることは幸運であり、感謝しています。しかし、時には、父親、夫、バンドマンとしてありたい姿のバランスをとることが難しいこともありました。今日は、私の人生、判断力のなさ、そして犯した過ちについて明らかにしたいと思います。


私は結婚していない時に、合意の上で関係を持ったことがあります。


これを言うのは簡単ではありませんし、このことを息子と共有しなければならないのが一番辛いことです。これらの関係の大半は短命に終わり、妻も承知しています。私たちの結婚は、過去には、ある人たちよりも型破りなものでした。私は、直接会って、ショーで、そしてソーシャルメディアを通じて人々とつながり、自慢できないようなメッセージも伝えました。最も重要なことは、これらの交流の一つひとつが相互のものであり、常に同意した大人同士のものであったということです。誰かがそうでないと示唆することは、深く修正主義的であり、率直に言って間違っています。


私は女性の意思に反して女性に触ったことはありませんし、そのようなことをほのめかすのは単なる誤りです。私は、私が女性に無理やり触ったとか、性的な要求をしたというようなことは、一切否定します。それは単に、明確に、一度もなかったことです。


これらの関係はすべて合意の上でしたが、私の行動で傷つけてしまった人には大変申し訳なく思っています。人生にはとてつもない痛みと間違いがつきものですが、私は決して誰かの痛みを引き起こす一員になりたくありません。


私は長い間、精神衛生上の問題や幼少期の虐待の亡霊と闘ってきました。30代になると、流産を経験し、人生で最も重いうつ病と向き合いながら、お酒を飲むようになりました。このことは、私の行動を弁解するものではありませんが、この時期に私の人生に何が起こっていたのかを、少し説明したいと思います。私はもはや自分自身を認識することも、自分がどのような人間であるかを認識することもできませんでした。レジーヌは、私が苦しむのをじっと待って、できる限り助けようとしてくれました。愛する人が失われていくのを見るのは、彼女にとってとてもつらいことだったでしょう。


私は自分自身に一生懸命になってきました。それは恐怖や恥ずかしさからではなく、私は自分の欠点や損傷にもかかわらず、向上したいと思う人間だからです。コヴィッドのヒット以来、私はこの数年間、自分の魂のその部分を救おうと努めてきました。AAに通うなど、セラピーとヒーリングに多大な時間とエネルギーを費やしてきました。今は、たとえ自分にとって友好的でポジティブに感じられる状況であっても、自分の公的な人格がいかに人間関係を歪めてしまうかをより意識しています。レジーヌ、家族、親しい友人、そしてセラピストのおかげで、時には私を飲み込んでしまうのではないかと思うほどの奈落の底から立ち直ることができました。バンドメンバーとの絆、そして音楽を共有することで観客と築いた信じられないほど深いつながりは、文字通り私の人生を救ってくれました。


将来に向けて、私は自分の過ちから学び、より良い人間になるために、息子が誇りに思えるような人間になるために、懸命に努力し続けています。私の友人、家族、私が傷つけてしまった人、そして私の音楽を愛してくれている人、この報道にショックを受け、失望している人たちに告げます。申し訳ありません。そして、言い訳にはなりませんが、私は前を向き、癒せるものは癒し、過去の経験から学び続けていきます。私はもっとうまくやれるし、もっとうまくやるつもりです。


レジーヌ・シャサーニュの声明


Winは私のソウルメイトであり、作曲のパートナーであり、夫であり、かわいい息子の父親です。彼は20年もの間、私の人生と音楽のパートナーです。そして、私たちの人生におけるすべての愛のために、私は彼が計り知れない苦痛に苦しむのを見てきました。私は、彼がこの世界、バンド、ファン、友人、そして私たち家族を大切にする良い人だと知っているからこそ、彼の側に立ってきました。私は、私たちが「有名」になる前、普通の大学生だった頃からウィンを知っています。彼の心の中を知っているし、彼が女性の同意なしに手を出したことは一度もないし、これからもないだろうと確信している。彼は道を見失い、そして戻るべき道を見つけたのです。私は彼を愛し、私たちが一緒に作り上げた人生を愛しています。

 

Amanda Hatfield


レディオヘッドの最新のスタジオ・アルバムから6年が経っている。2016年の『A Moon Shaped Pool』--以後、メンバーが様々なサイド・プロジェクトに忙しく、最近ではトム・ヨークとジョニー・グリーンウッドがトム・スキナーと共に結成したバンド、ザ・スマイルが活躍していることから、レディオヘッドの現状や、すぐにでも彼らからの新曲が期待できるかどうかについて疑問視する声がファンの間で上がっている。これは実際、レディオヘッドのトム・ヨークとジョニー・グリーンウッドが本来はサイドプロジェクトとして立ち上がったザ・スマイルのライブを今や主流活動に置きつつあることを考えてみれば真っ当な意見であるように思える。

 

Exclaimは、Radiohead subredditのファンが、「The Line-Up Podcast」で、レディオヘッドのギタリスト、Ed O'Brienの4月のインタビューを掘り起こし、そこで彼らが現在休止中であると述べたことを指摘しています。"今のところ、Radiohead(の続報)はない "とオブライエンは話しています。


「数年後に何かやるかもしれない。もしくはそうでないかもしれない。でも、何かを始めるためには、5人の人間が『また一緒にやりたい』と思わなければならないと思うんだ。今は、長い間やってきているから、みんな(新しいプロジェクトに)手を伸ばして、いろいろな経験をしたいと思っているんだ。それはミュージシャンとして許されるべきだし、奨励されるべきなんだ」。

 

「俺たちはお互いを愛している」とエド・オブライエンは続けた。「僕たちは兄弟なんだ。おそらく一緒にプレイすることになるだろう...。そうならない可能性もある。でも、ゆくゆくはそうなるだろうと確信している。そうなると、ほとんど確信している。でも、(現実的な見方をすれば、それが)もう二度と起こらないということに平気でいられるようにならないといけない」エド・オブライエンは2020年にEOB『アース』としてソロ・デビューしている。さらにフィリップ・セルウェイが今年ニューアルバムをリリースすることもインタビューの中で触れています。


PJ Harvey Credit: Steve Gullick
 



イギリスのシンガーソングライター、PJハーヴェイは、次のソロ・アルバムの制作が最終段階に入っており、来年の夏までには到着するはずだとローリング・ストーン誌のインタビューにおいて明かしている。


今回、ハーヴェイの詩を編集した8月上旬に発売予定の新作ハードカバー書籍『Orlam』に関するローリング・ストーン誌のインタビューにおいて、シンガーソングライターは2016年の『ザ・ホープ・シックス・デモリッション・プロジェクト』に続くファン待望の作品について近況を語り、2023年夏にリリースする見込みであることを明かしている。完成間近と思われるこの新たなミュージックプロジェクトについて、彼女は次のように話す。「ちゃんとしたものにするために書くのに長い時間がかかったけど、ようやくとても満足のいくものになったと感じている」


その他、PJ・ハーヴェイは、現在の音楽のインスピレーション源として、ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)、ミカ・レヴィ、ヒルドゥル・グンドナドッティル、坂本龍一といった「サウンドトラックプロデューサー」や、トム・ヨークの新たなバンドプロジェクト、ザ・スマイルとの仕事を挙げている。アンナ・フォン・ハウスヴォルフの『All Thoughts Fly』、ボブ・ディランの2020年の作品『Rough and Rowdy Ways』は、「ずっと憧れていたアーティストが、最新作として最高の仕事をしているのを見る時ほど、大きな喜びはない」と語っている。 "彼女はまた、「時々、プライベートでエルヴィスのサンプリングを楽しんでいる」ことも認めている。


最近の音楽活動は、彼女の最初の8枚のLPのビニール盤の再発シリーズに象徴される。このリイシューにはそれぞれ未発表のデモを収録したコンパニオン・レコードが付属。1992年のデビュー作『Dry in 2020』から始まったリイシュー・プロジェクトは、今年3月の『Hope Six』デモ集を持って一段落ついた。


今回の詩集「Orlam」の発売に関するローリング・ストーン誌のインタビューの中で、PJ・ハーヴィーは、この回顧的な取り組みが次のアルバムにどのような影響を与えたかにも触れている。「実際、4トラックでのデモにまた戻りたくなった」と語っている。「この前のアルバムは、文字通り電話の中で歌った。デモバージョンに愛着を持ちたくなかったから、デモすらしなかった。でも、その過程で大事なことを見逃してしまったような気がして、またそれをやりたくなったのよ」と話す。


一連のアーカイブ・デモ&ヴァイナル・リリース・シリーズの中では、1993年の『Rid of Me』、1995年の『To Bring You My Love』、1998年の『Is This Desire?』、2000年の『Stories from the City, Stories from the Sea』のリイシューが注目されている。また、ハーヴェイは、3月、BBCのドラマ『Peaky Blinders』のサウンドトラックに収録される番組のテーマ曲 "Red Right Hand" を提供している。来年のニューアルバムの到着が待ち望まれるほか、サウンドトラック、詩人としての今後の活躍にも大いに注目していきたいところである。


Lana Del Ray
 

NMEが報じたところによると、ラナ・デル・レイの昨年の「Blue Banisters」のフォローアップとなる作品は、彼女のマネージャー、ベン・モーソンによると、「もうすぐ」だと話している。

 

同スターは、2021年10月に「ブルー・バニスターズ」をリリースして以来、新曲はユーフォリアのサントラ提供曲「ウォーターカラー・アイズ」1曲のみをシェアしている。


6月5日(日)、ベン・モーソンは、「20 unforgettable Hollywood Bowl concerts」をまとめた記事のスクリーンショットを公開し、その中にデル・レイの2019年の同会場でのライブが含まれていた。「真のスター 」と彼はキャプションに書いている。「今後、何十年にもわたって影響を与える存命中の偉大な女性ソングライターの1人であり、複数の世代にインスピレーションを与えた本物のパフォーマーでもある。大きな愛と、@honeymoonを永遠に誇りに思う。新しい音楽が来ると思うよ」




ラナ・デル・レイからのコメントに対して、ベン・モーソンは "love u. Another beauty of a real songwriters album coming soon. "と付け加えた。


同ミュージシャンは、最近、新しいインタビューで取り組んでいる音楽について話し、曲は「とても会話的」であると表現する。同スターはW誌に対し、「何もフィルターをかけない瞑想的な自動歌唱」を実践しており、携帯のボイスノーツアプリを通して直接歌い込んでいるという。"明らかに完璧ではないけど "と彼女は言っています。「間があるし、つまずくこともある」。


ラナ・デル・レイは、それらの「生音のデモファイル」を、「ブルー・バニスターズ」で一緒に仕事をしたプロデューサー兼ソングライターのドリュー・エリクソンに送ったと説明している。エリクソンは「Arcadia」、「Black Bathing Suit」、「If You Lie Down With Me」などの曲でクレジットされている。


「もっとこうただ、曲は、とても会話的なんです。最初の曲では、レコードを押して、振り返ると、ビニール袋の上を指先でなぞりながら、何か小さな意図を推定したり、1、2分でもあなたの注意を引けたらいいと思う」と歌った。以前に比べて、とても、言葉の多いアルバムです。だから、色をつけるような余地がないんです。心の中でタイプしているような感じといえばよいのか」


4月、ラナ・デル・レイは、ステージコーチ・フェスティバルにサプライズ出演し、コラボレーターのニッキー・レインと一緒に祭典のステージに上がった。2人は一緒に、ラナ・デル・レイの「Chemtrails Over The Country Club」からのコラボ曲「Breaking Up Slowly」と、レイン自身の楽曲「Look Away」の演奏を披露している。新作アルバムの登場なるか、ファンは目が離せないところか。

 

Peter Gabriel


プログレッシヴロックバンド、Genesisの初代ボーカリストとして知られるピーター・ガブリエルは、アーケイド・ファイアの新作にゲスト参加してはいるものの、この20年間、公式にはソロアルバムをリリースしていない。ところが、その停滞した状況も間もなく変わりそうな気配が出てきた。

 

ピーター・ガブリエルのバンドの長年のドラマーを務めるマニュ・カッチェによると、いよいよ2002年の『Up』に続く、待望のニューアルバムが、2022年内に登場するかもしれないということであり、カッチェは、6月のL'Illustréのインタビューにおいて、「僕らは、ニューアルバムを完成させている途中であり、2023年には、ワールドツアーが予定されている」と述べています。

 

マニュ・カチェは、3月にも、フランスの新聞『ouest France(ウエスト・フランス)』の取材に応じた際、ニューアルバムについて言及し、年内にリリースする予定であると述べている。「I/O」は、現在のところ、ワーキング・タイトル(暫定タイトル)となっている。他にも、昨年末の2021年10月、ピーター・ガブリエルは、イタリアの雑誌『SPECCHIO(スペッキオ)』に、最近バンドと一緒に、10日間スタジオに入り、全17曲を制作したことを明かにしている。ガブリエルはまた、彼自身に加え、マニュ・カッチェ、ベーシストのトニー・レヴィン、ギタリストのデヴィッド・ローズが、リアル・ワールド・スタジオで作業している写真を共有している。


2020年、ピーター・ガブリエルは、英国のUNCUT MAGAZINEに「今、調理されているものに興奮しているんだ。ロックダウンでペースダウンしてしまって、エンジニアのディッキーをここに呼べなかったのをすごく残念に思うけど、自分が誇りに思うレコードを作るためにふさわしい曲は用意されているよ」と語っている。「ということは、もうまもなく、新しいアルバムの発表を期待できるということか?」というUNCUT側の質問に対し、ガブリエルは「それは、あなたが”もうすぐ”をどのように定義するかによるけれど、答えは「イエス」だよ!!」と答えている。

 


今年の夏、来日出演が決定しているイギリスのポップロックバンド、ご存知、The 1975がソーシャルメディアに復帰し、来月何か新作を発表するのではないかという憶測が広がっています。


数ヶ月ぶりにツイッターとインスタグラムに投稿したバンドは、次のように語っている。「あなたの新しいアルバム。あなたの新しい時代。あなたの古い友人たち・・・」


この投稿は、新しいセクシーな外観の写真とともに行われた。



このニュースと共にプレスリリースにはこう書かれています。「The 1975は、コラボレーターのSamuel Bradleyによって撮影された2枚の新しい写真を公開し、5枚目のスタジオアルバムに先立ち、7月7日をバンドにとって重要な日としてマークしています「


バンドのカムバックがいよいよ間近に迫っているというゴシップニュースは、本日未明、バンドのウェブサイトと個人のプロフィール写真をオンラインで更新した際に初めて複数の海外メディアに広まりました。その後、バンドのメインアカウントであるTwitterとInstagramが再開され、Spotifyのプロフィールページも更新されました(彼らは今年の初めに活動を停止していました)。


さらに、その直後には、フロントマンのMatty Healyの写真と7月7日という日付が入ったフライ・ポスターがロンドンで発見され始めた。




今年初めには、バンドが5thアルバムをレコーディングしているというニュースが流れ、最初のトラックのビデオがレコーディングされたという微妙なヒントがあった。何かほのめかしが続いているように思えますが、さてさて、今後、彼らの動向から一時も目を離すことが出来ませんよ。


The 1975は、今年8月、日本のサマーソニックでライブ活動を再開する予定。Matty Healyに遭遇したファンからのネット上の噂では、ニューアルバムは10月にリリースされるようだが、今のところ確定していません。

 5月24日、シェアされたファン通信の最新号で、ニュージーランドのポップスター、Lordeは「私は、Kendrickを愛している。現代音楽で最も人気と影響力のあるアーティストが、神経を働かせ、間違いを認め、世代間のトラウマや偏見を処理しようとする姿に頭が上がらない」と敬意を表している。

 


また、「アルバムの開き方、最初の数曲のペースと熱さが好きです、と続け、また、「後のCount Me Out、Auntie Diariesでの構築とストリングス...特別だった」と、ロードは語っている。


ケンドリック・ラマーは、5月13日に「Mr.Moral & the Big Steppers」をリリースした。この2枚組LPには、Duval Timothy、Thundercat、PortisheadのBeth Gibbons、Pharrell、Baby Keem、Ghostface Killahらが参加しています。このレコードは、ラマーにとって2017年の『DAMN』以来で、Top Dawg Entertainmentからの最後のリリースとなる。


LordeとLamarは、ともに、今夏、グラストンベリーへの出演が決まっており、ケンドリック・ラマーにとっては、同フェスでのデビュー・パフォーマンスとなる。Lordeは現在UKツアー中で、来月にはバルセロナのPrimavera Festivalへの出演を含むヨーロッパ横断を控えている。




ローリングストーンズのボーカル、ミック・ジャガーは、先日、新作アルバムを発表したハリー・スタイルズについて言及している。ジャガーは、スタイルズについて尋ねられると、このシンガーを「若い頃の自分に表面的に似ている」と発言し、さらに、「私のような声を持っていないし、私のようにステージで動くこともない」と述べた。


ローリング・ストーンズのフロントマンは、バンドの60周年記念ツアーの宣伝のために企画されたロンドン・タイムズ紙の平凡なインタビューの中で、コーチェラからポップシーンの話題をさらっているハリー・スタイルズについて眉をひそめるようなコメントをしたのだ。


ミック・ジャガーは、自分がスタイルズを好ましく考えているということ、2人は「簡単な関係」だと前置きした上で、こう言った。しかしながら、ジャガーは2人の間に比較対象がない理由を並べ立てたので、歓談はそこで終わった。


「つまり、僕は、かって、彼よりもたくさんどきついアイメイクをしていたんだ。つまりさ、俺はもっとアンドロジナスだったんだよ」とミック・ジャガーは言いはなった。「そしてね、彼は私のような声を持っていないし、私のようにステージ上でアクティブに動くこともない。彼は、ただ私の若い頃の自分に表面的に似ているだけなんだ」


ハリー・スタイルズは、ファッションを含め、ジャガーに最も影響を受けた人物の一人として、頻繁にミック・ジャガーの名を挙げている。スタイルズは2017年にSNLで司会を務めた際、ザ・ローリング・ストーンズのシンガーの物まねをしたことでも有名だ。


今度の英国きっての大御所シンガー、ミックジャガーのコメントのタイミングは、スタイルズが最新ソロ・アルバム『ハリーズ・ハウス』の成功を祝い、自身の広大なヘッドライン・ツアーの開始に向けて準備を進めている時だった。少なくともジャガーはスタイルズを、人物的には好ましく考えているようだが、一人前のシンガーとしてみとめていないのかもしれない。もちろんスタイルズは若いこれからのシンガーである。この日、ミックジャガーは、さらにMachine Gun KellyとYungbludをロックミュージックの未来だというように断言している。

 


英国・シェフィールド出身の偉大なロックバンド、アークティック・モンキーズは2020年の初めから次のアルバムの制作に取り掛かっているようですが、前作から2年ほど経つのに公のリリース告知がいまだ出てこない。何をしているのか、彼らの新作を待ちわびるファンは考えているはずですが、次のアルバムが『Tranquility Base Hotel & Casino』(2018)の後続作品のようなものになること以外、その詳細が明らかとされていない。 


カルテットのドラマー、マット・ヘルダースは、7枚目のスタジオ・アルバムとなる本作について最も積極的に発言しており、今週は、今回のバンドの音楽の方向性についてちらりと話している。「R U Mine? 」のような、あの、ヘビーなリフには決してならないはずです」と、Drumathon LIVE 2022のチャリティ放送でマット・ヘルダースは説明している。「でも、エレクトリック性はなくても、ちょっと速いリフもあるんですよ、説明しにくいんですけどねえ」と。


いまだ、新作の全容は明らかになっていない。昨年の11月、マット・ヘルダーズは、BBC Radio 5 Liveのインタビューにおいて、レコーディングの方法が「少しバラバラ」だったにもかかわらず、アルバムは「かなり出来上がっている」ことを明かしている。このミュージシャンは、正確なリリース日を明言しませんでしたが、2022年のツアー開始前に届く可能性が高いと目されている。


数週間前、アークティック・モンキーズは南米ツアーの日程を発表している。11月4日のブラジル公演を始め、パラグアイ、チリ、アルゼンチン、ペルーへと飛び回る予定。コロンビアについては、アレックス・ターナー率いるバンドが訪問を確認したが、今のところ具体的な日程は決まっていない。


エモコアというジャンルを傑作「Diary」で確立したシアトルの伝説的なロックバンド、サニー・デイ・リアル・エステイトが、アメリカ国内の熱狂的なファンの間で、2022年に再結成ツアーを行うのではないか、という噂話がまことしやかに囁かれはじめているのを皆さんはご存知だろうか。

 

SunnyDayRealEstate2009.jpg 

 CC 表示 2.0, リンクによる

 

 

サニー・デイ・リアル・エステイトは1992年に、ジェレミー・エニグクとウィリアム・ゴールドスミスを中心にシアトルで結成され、ゲット・アップ・キッズやミネラルとならんで、90年代から00年代にわたって、インディーエモシーンを牽引しつづけたいわば伝説的な存在である。

 

彼らは、2009年から2010年にツアーを敢行して以来、一度もバンドとしてパフォーマンスを行っていない。

 

加えて、Circa Surviveとのスピリット「リプトンウィッチ」を2014年に発表して以来、7年にもわたり沈黙を守り続けている。かつてSDRSのドラマーのゴールドスミスが立ち消えとなった幻の五枚目のスタジオ・アルバムの噂をもたらして以来、彼らの動向の噂は常にファンの間でゆらいでいるように思える。

 

ところが、今年に入って、SDRSに新たな動きが出て来ている。バンドのUS版Wikipediaには、[Years Achive]の項目に、新たに「2022ーpresent」という記述が何者かによって追加されたことを受けて、多くの熱烈なファンの間で、サニー・デイ・リアル・エステイトの再結成ツアーの噂が流れ始めている。

 

 

・Sunny Day Real Estate Wikipedia 


https://en.wikipedia.org/wiki/Sunny_Day_Real_Estate 

 

 

サニー・デイ・リアル・エステイトのWikipediaのページ更新については、バンドメンバーや関係者が記述したのかまでは定かでないため、情報として信頼にたるものなのかまでは不明である。もちろん、第三者のいたずらの可能性も無きにしもあらず。


しかし、現在、SDRSの周辺には、いくつかの動向が見られることだけはたしかである。ウォッシュアップエモは、バンドがInstagramを立ち上げたという情報をいち早く取り上げたほか、Brooklyn Veganも、新たに中心人物のウィリアム・ゴールドスミスが新しい自身のInstagramの個人アカウントに、SDRSのライブのスクリーンショットを新たに追加したと報じている。


これらがもし、個人的な趣味や懐古的な意味を持つものでないなら、このバンドが再結成を果たす可能性が高いとのことである。

 

まだ、依然として、SDRSの正式な再結成にまつわる情報は出ていない。どころか、これらが完全に飛ばし記事に終わる可能性もゼロではない。また、SDRSのFacebookやtwitterアカウントにもメンバーの明確な投稿がなされていないが、今後のバンドの動向にファンとしては注視していただきたい。


アメリカン・フットボール、ミネラルに続いて、サニー・デイ・リアル・エステイトが再結成を果たせば、往年の熱烈なエモファンにとっては驚愕のサプライズとなることだろう。


 現在、イギリス国内のツアーを回っているノッティンガム出身のポスト・パンクデュオSleaford Mods。




Quote :Amazon.co.jp

 

 

 

この二人の世界一のファンキーブラザーたちが、昨夜、リバプール公演後、ライブの熱気も冷めやらぬ中、ファンに向けて、ホットでクールなメッセージを世界に向けて公開してくれた。彼ら二人は、ツアーの一部であるリバプール公演の後すぐに、「Thank You Livepool,Until We Meet Again」と熱いメッセージと贈ると共に、即興のクールでホットなラップを披露してくれた。

 

楽屋の中で、おもむろに画面の外にフェイドアウトしていくSlaford Modsの中心人物、ジェイソン・ウィリアムソン。ほどなくして、謎めいたトラックが楽屋の中に流れ始める。何をするんだと思ったら、ウィリアムソンは、ライブだけじゃものたりんわいとばかりに、音楽の再生に合わせてクールなライムをかましはじめる。即興のラップであるものの、公演のホットさが伝わってくる滅茶苦茶リアルなフロウだ。それに加え、デュオのもうひとりのメンバー、アンドリュー・ファーンが、な、何と、、、「東京喰種」の黒シャツを着て、傍らにノリノリで佇んでいることにも注目である。

 

リバプール公演を無事終えたSleafords Mods。

 

本日から、ノッティンガムの公演、それから、カーディフ、ブリストル、ロンドン、ブライトンでの公演を経た後、スペイン、ドイツを巡るヨーロッパツアーを控えている。これから、世界一クールなブラザーたちがどんなフロウをかましてくれるのか、そして、公演の先々でどんなビデオメッセージを贈ってくれるのか、俄然目が離せないところである。

 

Go!!

 Sleaford Mods!!



関連動画につきましては、以下、Sleafords Modsのtwitteアカウントのリンクよりご試聴ください。


https://twitter.com/epicureben/status/1464339490592509958?s=20