Yo La Tengo、Bob OdenkirkとDavid Cross出演の「Sugarcube」のディレクターズ・カットを公開

 Yo La Tengoは、アルバム「I Can Hear the Heart Beating as One Friday」の25周年を記念して、Mr.ショーのBob OdenkirkとDavid Crossが共演したビデオ「Sugarcube」のディレクターズ・カットを新たに公開しました。

 


 

オリジナルビデオでは、ヨ・ラ・テンゴのレコード会社社長(Mr.ショーのジョン・アニス役)が、愛するインディーバンドをロックアカデミーに送り、オデンカークとクロスが教師として、ホテルの部屋のゴミ捨ての仕方や「Burning Out vs. Fading Away」についての授業など、ロックバンドになるための知識を伝授しています。

 

 オデン・カーク演じるミスフィッツ/キッスにインスパイアされた先生役は、「フェスにも出ないような小さなバンドのリズムギターを弾くことはできない」と生徒を諭す。新たにアップロードされた「Sugarcube」には、オリジナルのクリップがMTVで流れた時には登場しなかった30秒間の未公開映像が含まれています。

"これを作るのは最高の時間だった! ミスター・ショーの再結成、そしてもちろん素晴らしい歌とシナリオだ」とオデンカークは新しい声明の中でこのビデオについて述べています。"僕たちは即興でこのハードロックなピエロを作った。おそらく僕の'クラウン'での最高傑作だ。そして、この2人が誰だったのか再訪し、本当に深く掘り下げてみたい。ヘアメタル・ゴージャスなんだ!"

さらに、Yo La Tengoは、このビデオについて回想するバンドとDavid Crossの会話も公開しています。
Matador Recordsは、I Can Hear the Heart Beating as Oneの発売記念として、1997年のPeel Sessionとµ-Ziq、My Bloody ValentineのKevin Shields、Tortoiseのメンバーによるトラック「Autumn Sweater」のリミックスを収録したデジタルデラックス版を今週金曜日にリリースします。1997年のLPは、8月12日に限定カラービニールで再プレスされ、Academy of Rockのスウェットシャツが付属します。

0 comments:

コメントを投稿