Japanese Breakfast Fender USAのニューモデル『Player Plus Meteora HH』のPR動画に出演

 


 

2022年初め、Fender(USA)は、新しいギター・モデル「Player Plus Meteora HH」をファミリーの一員に迎え入れました。


ニューモデル「Player Plus Meteora HH」は、2011年にデザイナーのジョシュ・ハーストがアイデアを練り、2018年にフェンダーのパラレル・ユニバース・シリーズの限定モデルとしてデビューしました。

 

オリジナルは、フェンダーの定番ギターであるジャズマスターとテレキャスターの特徴を融合させたものでしたが、この新モデルはそれとは大きく異なっています。オフセットのボディシェイプは、明らかにジャズマスターの流れを汲んでいて、さらに、未来的なルックスになり、Fireballのハムバッカー(ギターワールドはショーバッカー・ピックアップを「かなり近い従兄弟」と呼んでいる)を2基搭載、ワミーバーも装備している。ネックは、一般的な "Modern C "を採用している。一見すると少し奇抜に見えるが、フェンダーらしい親しみやすいボディになっている。


この最新モデルのギターのルックスとサウンドの宣伝を行うため、Japanese Breakfast(ミシェル・ザウナー)は、”Fender Player Plus Session”でフェンダーの新作ギターを演奏した。バックバンドと共に代表曲、「Savage Good Boy」、「In Hell」、「Posing for Cars」を演奏し、さらに自らがギターを始めたきっかけについても話していますので、是非御覧下さい。

 

 


 

・Fender社のニューモデル『Player Plus Meteora HH』の商品詳細については下記のリンクで御確認下さい。


https://www.fender.com/en-US/electric-series/player-plus/guitars/meteora/player-plus-meteora-hh/0147352391.html?rdl=true




0 comments:

コメントを投稿