Dirty Heads  8枚目のスタジオ・アルバム『Midnight Control』を発表

 

Dirty Heads  credit: Anthony Duty

 

カリフォルニア州ハンティントンビーチ出身のレゲエ・ロックバンド、Dirty Headsは、8枚目のスタジオ・アルバム『Midnight Control』を発表し、最新シングルとして「Heavy Water」を公開しました。

 

8月26日にBetter Noise Musicからリリースされる『Midnight Control』は、Dirty Headsのベーシスト、David Foral(デイヴィッド・フォーラル)がアートワークを手がけています。バンドはツアー中、リードシングルとしてJoe Walshの「Life's Been Good」をアレンジしてリリースしています。 

 

 

 

 

さらに、バンドは、ニューアルバムの発表に合わせて先行シングル「Heavy Water」を7月29日に発表している。レゲエの深いグルーヴが特徴のこの曲は、リードシンガーのJared Watsonによると「"ヘビーウォーター "は人生の比喩で、人生が不測の事態やコントロールできないものを投げかけてきたとき、それに対応できるようになり、それに追い越されないようにするためだ」。


「Heavy Water」では、ダーティ・ヘッズが同じレゲエ・ロックのスターであるコモン・キングスとチームを組んでいる。この曲のミュージックビデオを撮影するため、こグループはツアー中に一緒に行動することもありました。

 

 



Midnight Controlは現在予約受付中です。アルバム・アートとトラックリストは下記より御確認下さい。




Dirty Heads 『Midnight Control』

 

 

 Tracklist:


1. Island Glow 

2. Heavy Water (feat. Common Kings) 

3. Life’s Been Good 

4. Make Me 

5. Midnight Control 

6. Little Things 

7. Indigo 

8. El Dorado 

9. Shade
10. Live Your Life

0 comments:

コメントを投稿