Fujiya & Miyagi ニューアルバム『Slight Variations」を9月30日にリリース決定

Photo: Darryl Webber
 

ブライトンを拠点とする長年のエレクトロニック・アウトフィット、Fujiya & Miyagiの作品が最後にファンの耳に届いたのは、2019年のアルバム『Flashback』でした。バンドの20年にわたるキャリアの中、彼らは一貫してエレクトロニック・ミュージックに対して熱烈かつ拡張的なアプローチをとり、ポップ、ハウス、ディスコ、アシッド、クラウトロックなどの要素を融合してきた。

 

彼らのディスコグラフィーは、数十年にわたるエレクトロニカのサンプリングとして機能しており、今回発表されたLP『Slight Variations』では、そのアプローチをさらに強化したものとなっています。


シンガー兼ギタリストのDavid Best(デヴィッド・ベスト)は、次のように説明する。「Slight Variationsというタイトルには2つの意味がある。

 

「ひとつは、生物学的にはほとんど同じなのに、その違いが私たちを定義し、摩擦や誤解を引き起こす傾向があるということ。もうひとつは、私たちのレコードはどれも似たような音に聞こえるが、私にはどれも全く違う音に聞こえるという指摘に対する頷き。僕らがやること全てに共通していることだけど、僕たちは常に物事を前に進めようとしてきた」


フルアルバム『Slight Variations』はバンドが主宰するレーベル、”Impossible Objects of Desire”から9月30日にリリースされる。(先行予約はこちらからどうぞ)この発表に伴い、バンドはアルバムのタイトル曲を公開しました。


「”Slight Variations "は、ハウスとディスコのビートに、Everything Shookの鋭いファンクギターとバックボーカルが加わった、ダンスフロア向けの曲です。この曲は、ハウスとディスコのビートに、Everything Shookのシャープなファンク・ギターとバッキング・ヴォーカルが加わり、中毒性の高いサウンドとジャンルの統合を実現しています。”Slight Variations "は、エレクトロニック・ミュージックやダンス・ミュージックの様々なサブジャンルに対する彼らの愛情が感じられ、洗練され推進力のあるトラックでありながら、閉鎖的で催眠的なトラックになっています」



0 comments:

コメントを投稿