Mandrake Handshake  新作EP「The Triple Point of Waater」を10月に発売決定

 

PHOTO: LOLA STEPHEN


ロンドン拠点のヒプノティック・ロックバンド、Mandrake Handshakeは、ニューEP「The Triple Point Of Water」をGlasshouse Recordsから11月18日にリリースすると発表しました。この発表に合わせて、マンドレイク・ハンドシェイクは先行シングル「Emonzaemon」を公開しています。


新曲「Emonzaemon」は、日本の作家である西尾維新原作のアニメーション『刀語』に登場する忍者の登場人物にインスパイアされた曲だという。これは製作者曰く、「擬人化」という日本のサブカルチャーではお馴染みではあるものの、音楽としては画期的な手法が取り入れられている。

 

「彼の名前のように、この曲は手裏剣とPainted Beautyの両方を等しく表現している」とバンドはこの曲について次のように説明しています。

 

「手裏剣は、リフ、詩は、衛門佐衛門と彼が仕える飛鳥井姫の関係、つまり、絵に描いたような美女を表現しています。彼は、人間ではなく刀であり、この曲は音楽ではなく、我々の刀でもあるということがポイントです」

 

 

Mandrake Handshake 「The Triple Point Of Water」

 


 

Tracklist:

 

1.Emonzaemon

2.Vitamin Sunday

3.Row's Tinted Glasses/Diogo Jota

 


Pre-order:


https://glasshouserecords.bandcamp.com/album/the-triple-point-of-water

 

0 comments:

コメントを投稿