Rick Rubin ザ・ストロークスのニューアルバム制作に際してコスタリカの山脈地方にある家で録音を行ったと語る


リック・ルービンは、カニエ・ウェスト、スレイヤー、ラナ・デル・レイなど、ジャンルを問わず、幅広い作品を手掛けるプロデューサーとして知られている。先日、ルービンは、ザ・ストロークスのニュー・アルバムを制作しており、コスタリカの山の上にある家でレコーディングをしていたことを明かしている。

 

昨日(10月12日)、リック・ルービンはザ・ジョー・ローガン・エクスペリエンスの最新エピソードに出演し、コスタリカでザ・ストロークスのニューアルバムに取り組んでいることについて話した。この伝説的なプロデューサーは以前、2020年の『The New Abnormal』でバンドと仕事をしたことがある。


ルービンは、"数ヶ月前、コスタリカでザ・ストロークスのニュー・アルバムのレコーディングをしていて、山の上にあるこの家を借りて、外にバンドをセッティングしたんだ "と語っている。


"それで彼らは演奏している、山の頂上で海のためにコンサートをやっているようなもんだよ" とルービンは続けた。「後でビデオを見せるけど、彼らは帰りたがらないし、最高の経験だった」

0 comments:

コメントを投稿