SUB POP  気候変動活動を支援するコンピレーション『The Eleventh Hour: Songs for Climate Justice』を発売



 シアトルのレコードレーベル”Sub Pop”が新しいデジタルオンリーコンピレーション『The Eleventh Hour: Songs for Climate Justice』をリリースしました。アルバムのご購入、ストリーミングはこちらより。

 

このコンピレーションには、Cloud Nothings, Frankie Cosmos, Deerhoof, Charlotte Cornfield, Oceanator, Finom, Guerilla Toss, Mamalarkyといった注目のアーティストが楽曲の提供を行っています。


映画監督のAdam McKay、ポッドキャスターのプロデューサーであるMatt Dwyerが企画したこのアルバムには、Fake Fruit, Death Valley Girls, Shanon Lay, Ya Tseen, Kevin Devineなどの未発表楽曲も収録されている。このコンピレーションから集められた資金は、非暴力的、破壊的な気候変動活動を支援する”Climate Emergency Fund”に直接寄付されます。試聴は以下から。


映画監督のAdam McKay(アダム・マッケイ)は、このプロジェクトについて以下の声明を発表しています。


「現在、私たちは恐ろしい瞬間を生きています。気候はますます危険なペースで温暖化し、政府や企業は、この問題を無視しようと躍起になっているように見えます。そして、このような時こそ、解釈し、表現し、F.S.U.するインスピレーションを持ったアーティストが必要なのです。さらに、売上の収益のすべてが気候緊急基金に寄付され、国際的な市民的不服従をサポートするという事実も加わり、これはとんでもなく良いトラブルメーキンアルバムとなりました」

 

良い問題提起となるアルバム。


大音量で聴くもよし。ソフトにプレイするもよし。


石油会社のCEOのオフィスを占拠しているときに聴くのもいい。彼らはこのアルバムを気に入ることはなく、むしろロッド・スチュワートのクリスマス・アルバムをかけることを望むだろう。

 

(ロッド・スチュワートに神の祝福を)

 

気候変動活動家は、あなたの耳と可能な限りのサポートを貸してくれたことに感謝します。

 

そして、可能な限りのサポートをお願いします。

 


『The Eleventh Hour: Songs for Climate Justice』-Sub Pop

 

0 comments:

コメントを投稿