bdrmm、Rock Action Recordsと契約 2ndアルバム『I Don’t Know』を発表

 


UK/ハルのシューゲイザー・バンド、bdrmmが、Mogwaiのレーベル”Rock Action Records”と契約を結び、セカンド・アルバム『I Don't Know』をリリースすると発表。この新作は6月30日に発売となります。 

 

bdrmmは、UKのシューゲイザー・シーンの要注目のバンドです。トム・ヨークを彷彿とさせる内省的なボーカル、轟音オルタナティヴ・サウンドの画期的な融合、それは近年のNu-gazeの革新性を持ち合わすとともに、Jesus And Mary Chainsの時代のシューゲイズの復刻の象徴でもある。

 

 この次作アルバムの最初のテースターとして公開された「It's Just A Bit Of Blood」は、2021年のシングル「Three」以来の新曲で、Chris Tomsettが監督したミュージックビデオも同時に公開されています。この曲はすでにバンドのライブの重要なレパートリーとなっているようです。 

 

「僕らのツアーを見た人のほとんどがこの曲を知っているはずです」とbdrmmは言っている。「この曲を演奏すればするほど、この曲が特別なもので、僕らのセットに欠かせないものになりつつあることに気付いたんだ。この曲の歌詞は、私が最近、精神的な健康を意識したことに由来している。私はうつ病になり、社会的な不安を抱え、自分が変わってしまったような、自分が何者なのかわからなくなったような気がしていた。でも、幸運なことに、このバンドでは3人の兄弟に囲まれていて(1人は文字通り血縁者)、彼らとはいつも自分らしくいられるんだ。自分が持っているものに気づき、それが見えなくなったときにそれを思い出すということなんだ」

 

彼らは、”Rock Action Records"と契約したことについて、「ロック・アクションと契約できたことにとても興奮している」と付け加えている。「モグワイとツアーを行い、彼らと親密な関係を築いた後、彼らや彼らのチームと一緒に仕事をするように誘われたことに、私たちは恵まれていると感じています。Arab Strapと同じレーベルになるなんて。つまり、これ以上言うことはない...」 

 

『I Don't Know』は、2020年のデビュー・アルバム『Bedroom』に続く作品となり、再びリーズのThe NaveスタジオでプロデューサーのAlex Greaves(Working Men's Club、Bo Ningen)と共にレコーディングされた。 シンガー兼ギタリストのライアン・スミスは「全てはおそらくまだ自分に起こったことがベースになっているけれど、他の人がどんな状況にあっても理解できるように、より曖昧な書き方をしている。最初のレコードは一人の人間の関係のように感じられるといつも思うんだけど、今回はもっと広くて、いろいろな解釈ができるんだ」と説明している。

 

 


brdmm  『I Don’t Know』

 


 

Label: Rock Action Records

Release : 2023年6月30日


Tracklist: 


1.Alps Be 
2.Careful 
3.It's Just A Bit Of Blood 
4.We Fall 
5.Apart Advertisement 
6.One Hidden Cinema
7. Pulling Stitches 
8.A Final Movement
 
 

0 comments:

コメントを投稿