Do Nothing、デビューアルバム『Snake Sideways』の最新シングル「Nerve」を公開

 


ノッティンガムのバンドDo Nothingのデビューアルバム「Snake Sideways」の最新シングル「Nerve」をリリースしました。昨日午後、BBC Radio 6 Musicで世界初公開されました。

 

このシングルと、Clump Collectiveによるビデオについて、Do NothingのボーカルChris Baileyは次のように語っています。


「”Nerve”では、Perfume GeniusやBig Thiefのような人たちを参考に、何か素敵でシンプル、小細工なしのものを書きたかった。この曲は、ボンネットの下を覗いて、自分が本当は何でできているのかを確認することの大切さを歌っている。それは、あまり楽しいことではないことが多いけれども・・・」

 

「でも、そのプレッシャーを強く意識しすぎることは、自己価値の問題や、さまざまな厄介な状況を引き起こす可能性があります。特にソーシャルメディアは、自分自身のことをよく思っていない人にとっては、怖い穴のようなもの。これは明らかに、若い人たちが、私よりもずっと苦労していることで、一体どうやって管理しているのだろうかと思います。私は、このようなアイデアは、特定の関係や人について歌っているように聞こえるようにする方が簡単だと思います」



クランプ・コレクティヴは、さらに補足しています。「このアイデアは、クリスが公園の柵にはまったという基本的なイメージから始まりました。ファイヤーマン・サムのノーマンが同じような状況に陥ったことから着想を得ているんです。村人たちがクリスのことを心配していたのが嘘のように、世間の注目を浴びるという不条理な展開になった。一発勝負の撮影は、リハーサルや長時間の撮影など、ストレスがたまるものですが、「Nerve」に携わった全員が、見事にやり遂げましたよ。この作品は、私たちが本当に誇りに思うビデオであり、チームなのです」


「Nerve」は、これまでにリリースされたシングル「Moving Target」、「Amoeba」に続く作品です。新作アルバム『Snake Sideways』は6月30日に発売されます。また、Do Nothingは、10月にロンドンのKOKOを含む、これまでで最大のヘッドライン・ライヴを行うことも発表している。


0 comments:

コメントを投稿