Cavetown  アコースティックライブを収録した『Live From London』をリリース



Cavetownは2022年の最新アルバム『Warm  Room』(レビューはこちら)に続き、3曲入りのライブEPをリリースした。このEPはDeezer Sessionsの一貫として発売された。メトロポリスでレコーディングされた本作ではアーティストによるアコースティックの弾き語りを楽しむことができます。日本国内では、Tower Records Music、及びmoraでも試聴可能です。

 

楽曲「1994 (Recorded at Metropolis Studios, London)」は、自己赦免、自己成長、大人になってからの葛藤をテーマにしている。

 

歌詞はアーティストの内省的な旅を掘り下げ、過去の過ちや後悔を許したいという気持ちを表現している。彼らは、言い残した言葉や選ばなかった選択の重みを認め、それが自分の部屋で腐敗感や孤独感を味わうことにつながっている。


2番目のヴァースでは、過去の自分への恨みはもう自分のためにならないと認識し、若い自分を受け入れ、愛することの重要性について考えている。彼らはシルバニアンについて触れているが、これは想像力豊かなストーリーテリングを刺激する玩具ラインへの言及であり、子供時代の無邪気さと創造性を象徴している。1994年を彷彿とさせる恋する両親の話は、よりシンプルな時代へのノスタルジックな憧れをさらに強調している。


 

コーラスは、感情的な葛藤の中で、誰かにそばにいてほしいというアーティストの切望を表現している。彼らは、周りの子供たちが成長したことに気づき、時の流れに圧倒され、行き詰まりを感じている。しかし、このアーティストは追いつくプロセスを急ぎたくはなく、今の状態のままでいることを望んでいる。


第3節では、アーティストが自分自身の価値を理解し、人生の試練を乗り越えようとしている。彼らは、気楽に過ごすことと、大人になることで生じる責任とのバランスを取る必要性を認識している。仕事を持っていること、そして何事も止められないことを実感していることが、自分たちに課せられた絶え間ない要求と期待を浮き彫りにしている。

 


「1984」-Acoustic Version-

0 comments:

コメントを投稿