シューゲイザーの大御所 Drop Nineteens 30年ぶりのニューアルバム『Hard Light』を11月3日にリリース

 


ボストンのシューゲイザーの大御所、日本人ギタリストを擁するDrop Nineteens(ドロップ・ナインティーンズ)が昨年、ニューアルバム制作のために再結成すると発表していたが、その旨が正式に発表されました。

 

30年ぶりとなる新作アルバム『Hard Light』は、Wharf Cat Recordsから11月3日にリリースされます。このアルバムには、バンド・リーダーのグレッグ・アッケル、スティーヴ・ジマーマン、ポーラ・ケリー、モトヒロ・ヤスエ、ピーター・ケプリンのオリジナル・メンバー全員が参加しています。カバー・アートとトラックリストは以下をチェックしましょう。


アルバムからのファースト・シングルは「Scapa Flow」。ドロップ・ナインティーンズのサウンドはこれまで同様、霞がかったようなドローンでメロディアス。シューゲイザーとしては抜群の安定感を持つトラックです。この曲のミュージックビデオは以下からご視聴することができます。

 

「Scapa Flow」


Drop Nineteens(ドロップ・ナインティーンズ)は、この秋、グレッグ・メンデス、ホース・ジャンパー・オブ・ラブ、そしてウィンターと共にツアーを行う。DC、フィラデルフィア、ボストン、ブルックリン、ロサンゼルス、オークランドなど。



Drop Nineteens 『Hard Light』



Label: Wharf Cat Records

Release: 2023/11/9 


Tracklist:

 

1. Hard Light

2. Scapa Flow

3. Gal

4. Tarantula

5. The Price Was High

6. Rose With Smoke

7. A Hitch

8. Lookout

9. Another One Another

10. Policeman Getting Lost

11. T


0 comments:

コメントを投稿