Noah Yorke  デビューEP「Cerebral Key」からタイトル曲を公開

 


トム・ヨークの息子、Noah Yorke(ノア・ヨーク)が同名のEP「Cerebral Key」からのファースト・シングルをリリースした。彼は、普遍的なポピュラー性を追い求める精神に加え繊細な声質を受け継いでいます。

 

「Cerebral Key」はノア・ヨークにとって2023年最初のリリースとなる。これまで彼は、2021年のデビュー曲「Trying Too Hard (Lullaby)」に続く2022年の単独シングル「It's Been a Long Time」と「Lucky Black Cat」を発表している。


ノア・ヨークは自身のインスタグラムで、「Cerebral Key」が近々リリースされるEPからの最初のシングルであり、音楽的に新たな時期を迎えたと発表した。


「@msmithryprecordings(マイケル・スミス)とスタジオで作業したんだ。自分の作品のためにスタジオで作業するのは初めてだったんだ :) 素晴らしい経験だったし、その結果を誇りに思う」


ソロ活動のほか、ヨークはポスト・ジャンル・デュオ、Hex Girlfriendの片割れでもある。また、以前は『サスペリア』のサウンドトラックのドラムのレコーディングの手伝いをしていた。


「Cerebral Key」

0 comments:

コメントを投稿