ブルックリンの注目のオルナティヴ・ロックバンド、Jobber  ニューシングル「Summerslam」をリリース 

 

©Cooper Winterson


ブルックリンの注目のオルナティヴ・ロックバンド、Jobber(ジョバー)がニューシングル「サマースラム」をリリースしました。Exploding in Soundからリリースされたこの曲は、プロレス・イベントの数日前にリリースされた。グランジ・サウンドを下地にしたヘヴィーなシングルです。ロサンゼルスのL7が好きな方はストライクかもしれません。以下よりチェックしてみてください。


「"Summerslam”は、WWF(プロレス)が全盛期だった頃、私がよく聴いて育ったヘヴィ・ロックに触発を受けた曲です」と、ヴォーカル/ギターのケイト・マイズナーは声明の中で説明している。

 

「Helmetにインスパイアされたベースラインとメインリフは、しばらく前に書いたんだけど、日の目を見るかどうかわからなかった。マイクにそれを見せたら、彼は、さらに2、3のパートを完成させたデモを作ってくれ、曲に命を吹き込んでくれた。WWF時代のサマースラムのコマーシャルや、WCW ビーチ・ブロウル・'99のバックのような、キャッチーでありながら大げさでヘビーな曲にすることに専念した。曲のテーマとしては、政治的な権力の座に就いて色あせた人間になり、自分たちの行動が現実の人間の生活にどのような影響を与えるのかがわからなくなるという感じ」

 


「Summerslam」

0 comments:

コメントを投稿