【Jesus And Mary Chain(ジーザス&メリー・チェイン)】   『Glasgow Eyes』の制作を発表 3月8日にFuzz Clubからリリース

 

©Mel Butler

スコットランド/グラスゴーのギターロック/ネオアコースティックの祖であり、シューゲイザーの先駆者でもあるJesu And  Mary Chain(ジーザス&メリー・チェイン)が待望の新作『Glasgow Eyes』の制作を発表した。3月8日にFuzz Clubからリリース予定。次作のリード・シングル「jamcod」とアルバム・ジャケット、トラックリストを以下をチェックしてみよう。


2017年の『Damage and Joy』に続く『Glasgow Eyes』は、グラスゴーにあるMOGWAIの所有するキャッスル・オブ・ドゥーム・スタジオでレコーディングされ、ジム/ウィリアム・リード兄弟は、「スーサイド、クラフトワーク、そしてジャズに見られるような規律に縛られない姿勢への新鮮な評価からインスピレーションを得た」とプレスリリースを通じて説明している。

 

「しかし、メリー・チェインがジャズになると期待してはいけない」という。「人々はジーザス・アンド・メリー・チェインのレコードを期待すべきで、”Glassgow Eyes”がそうであることは確かなんだ」

 

「僕らのクリエイティブなアプローチは、1984年当時と驚くほど変わらない。たくさんの曲を持ってスタジオに入り、成り行きに任せる。ルールはなく、必要なことは何でもやる。そして、そこにはテレパシーがある。私たちは、互いの文章を完成させる奇妙な双子みたいなものなんだ」 

 

 

「jamcod」


アルバム発表後、「Chemical Animal」「Girl 71」が先行シングルとして公開されています。



Jesus & Mary Chains『Glasgow Eyes』

Label: Fuzz Club

Release: 2024/3/8 


Tracklist:


1. Venal Joy

2. American Born

3. Mediterranean X Film

4. jamcod

5. Discotheque

6. Pure Poor

7. The Eagles and The Beatles

8. Silver Strings

9. Chemical Animal

10. Second of June

11. Girl 71

12. Hey Lou Reid

0 comments:

コメントを投稿