ロンドンのミステリアスなバンド、Saultが最初で最後のライブを予告



ロンドンの謎に包まれた音楽グループ、Saultが、デビューライブを予告した。この予告は先週(11月25日)、集団がインスタグラムに投稿したところから始まった。"サウル・ライヴ、ロンドン、2023年"。


それ以上の詳細はまだ明かされていないが、2つ目の投稿では、未発表アルバムの収録曲を「最初で最後の」ライブで披露することが明らかにされた。昨年リリースされた5枚のアルバムと2021年の『NINE』(99日間限定)に続き、コメント欄のファンは、このアルバムが発表される日を推測している。去年の11/11に全てのレコードを手に入れ、10/10にXをドロップしたように。


Saultの正体は常に謎に包まれているが、ヴォーカリストのクレオ・ソルとキッド・シスター、プロデューサーのインフロ、そしてリトル・シムズ、マイケル・キワヌカなど幅広いコラボレーターで構成されていると広く考えられている。


今年初めに開催されたアイヴォア・ノヴェロ賞では、『11』が最優秀アルバム賞を受賞し、受賞者にはインフロ、クレオ・ソル、クロニクス、そしてジャック・ペニャーテの名前が挙がっている。



0 comments:

コメントを投稿