Waxahatchee(ワクサハッチー) ANTI‐から最初のアルバム『Tigers Blood」を3月22日にリリース

 

©Molly Matalon

ワクサハッチー(Waxahatchee)は、ANTI-からの初アルバム『Tigers Blood』を発表した。2020年の『Saint Cloud』に続く新作は3月22日にリリースされる。

 

本作には、MJ・レンダーマン、スペンサー・トゥイーディー、フィル&ブラッド・クックが参加。レンダーマンはリード・シングル「Right Back to It」でギターとハーモニー・ボーカルを担当した。

 

ケイティ・クラッチフィールドによれば、この曲は彼女が初めて書いた本物のラブソングであるという。バンジョー/ギターの演奏とオーガニックな雰囲気を持つクラッチフィールドのボーカル、そして、メインボーカルとアメリカーナの空気感を尊重するMJ・レンダーマンのコーラスが絶妙にマッチしている。


ワクサハッチーは、このニューシングルの中で次のように歌っている。


”私はずっとあなたのものだった / 私たちはすぐそこに戻ってくる/ 私の心は自由奔放に/ なぜ、そうするのかわからない/ でも、あなたはただ落ち着く/ 終わりのない歌のように"。


ワクサハッチーことケイティ・クラッチフィールドは、2022年末のツアー中、「ホット・ハンド・スペル」と呼ばれる時期に『Tigers Blood』の大部分の曲を書いた。本作はセイント・クラウドのプロデューサー、ブラッド・クックとテキサスのソニック・ランチ・スタジオでレコーディングされた。 

 

 

 「Right Back to It」


2022年、クラッチフィールドは盟友のJess Williamsonと組み、コラボレーションアルバム『I Walked With You A Ways』をPlainsの名義で発表した。一方、ジェス・ウィリアムソンは、昨年新作アルバム『Time Ain’t Accidental』をリリースした。この作品は週末の特集レビューWMFとしてご紹介しています。

 





Waxahatchee  『Tigers Blood』

Label: ANTI-

Release: 2024/03/22


Tracklist:


1. 3 Sisters

2. Evil Spawn

3. Ice Cold

4. Right Back To It

5. Burns Out At Midnight

6. Bored

7. Lone Star Lake

8. Crimes Of The Heart

9. Crowbar

10. 365

11. The Wolves

12. Tigers Blood

 

 

Pre-order:

 

https://waxahatchee.ffm.to/tigersblood 

0 comments:

コメントを投稿