ベス・キボンズ  ソロアルバム「Lives Outgrown」を制作中であると明かす

©︎Bill Essenn


ポーティスヘッドのシンガー、ベス・ギボンズは1994年以来、合計3枚のアルバムをリリースしている。最新作は、16年前にリリースされた『Third』。ポーティスヘッド以外では、ギボンズは元トーク・トークのベーシスト、ラスティン・マンことポール・ウェブと組んで『Out Of Season』をリリースし、2019年、ポーランド国立放送交響楽団とヘンリク・グレツキの交響曲第3番をレコーディングした。彼女は現在、初のソロアルバムをリリースする準備を進めているようだ。


2013年、ベス・ギボンズはドミノ・レコードとソロ契約を結んだことを発表した。今朝、彼女はインスタグラムに新曲についての手書きのメモと、『Lives Outgrown』というタイトルが書かれた手書きのCDジャケットの写真を投稿した。


以下がベス・ギボンズによる全文である。


ーーこんにちは、しばらく間が空いてしまいましたが、ようやくDominoと一緒に新しい音楽をすぐに提供できるようになりました。それは10年以上にわたる長い旅路であり、「Lives Outgrown」というタイトルだ。


いつものように、この曲は私の内面に起こっていることを反映している。家族や友人、そして以前の自分との別れの時であり、歌詞は私の不安や眠れない夜の反省を映し出している。感情的、心理的な人生の変遷を旅するという意味だけでなく、私たちがこの惑星を離れて、未知の世界へと旅立つときにも関係している。この物理的な世界の束縛を越えて成長する能力を与えてくれる瞬間が近づいていることを、私は恐れているが、ただ祝福してみる必要がある。


サウンドもまた、私個人の能力の範囲内で構造を探求するプロセスだった。ブレイクビーツやスネアから遠ざかり、砂糖中毒から離れ、木のような音色を重視したかった。


長年にわたって忠実に応援してくれている皆さん、そして、新しいリスナーの皆さんに楽しんでいただけることを願っています。ーー



0 comments:

コメントを投稿