The Lemon Twigs、新作アルバム『A Dream All We Know』を発表 Captured Tracksから5月3日にリリース


ニューヨークで愛される兄弟デュオ、ザ・レモン・ツイッグスは、5月3日にCaptured Tracksからリリースされる2024年の新作アルバム『A Dream Is All We Know』を発表した。アルバムのセカンドシングル「They Don’t Know How To Fall In Place」の視聴は以下より。


ガーディアン紙が「完全に完璧」と評し、クエストラブが「フル・デバージ」と賞賛し、ザ・ニードル・ドロップのアンソニー・ファンターノが今年最もプレイされた曲の1位になったと明かした、エモーショナルな2023年の『エヴリシング・ハーモニー』(Reviewを読む)に続く『ア・ドリーム・イズ・オール・ウィ・ノウ』は、マイケルとブライアンのダダリオ兄弟(24歳と26歳)が、リバプールとローレル・キャニオンを結ぶ音の架け橋、マージー・ビーチと呼ぶ架空の空間に住む、アップビートできらめくアレンジを探求している。


ザ・レモン・ツイッグスは、『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』で、このアルバムの単独シングル「マイ・ゴールデン・イヤーズ」を高らかに演奏し、このアルバムの発売を非公式に発表した。煌めくようなギターと "ビーチ・ボーイズ・ヴァイヴス"(FLOOD)のパワー・ポップ・アンセムは、忠実なオマージュを捧げつつ、ツイッグならではのひねりを加えている。


『A Dream Is All We Know』は、ナイロン弦をベースにした『Everything Harmony』のアレンジを離れ、兄弟が『Do Hollywood』で初めて紹介したスタイルを再訪する。レノン=マッカートニーの歌曲集にあるシアトリカルさとグラム・ロックに、現代的な物語、爆発的なエレキ・ギター・リフ、ウィルソン・ファミリーの陽気なハーモニーと独創的なレコーディング・テクニックを組み合わせた『A Dream Is All We Know』は、兄弟の細部への鋭いこだわりとマルチ・インストゥルメンタリストの才能に光を当てる。


10年近いソングライティングの経験を持つ「A Dream Is All We Know」は、ダダリオ兄弟が、自分たちのヒーローを彷彿とさせる音楽を作りたいと熱望するドゥー・アイズなティーンエイジャーから、フェニックス、ブリーチャーズ、アークティック・モンキーズとステージを共にする若者へと成長したことを明確に示している。


彼らの音楽的ヒーローであるトッド・ラングレンとステージを共にし、エルトン・ジョン、ゾンビーズ、ジェラルド・ウェイ、イギー・ポップから賞賛を集め、作品自体が他のアーティストへのインスピレーションの源となっている先見性のあるソングライター、アレンジャーへと完全な変貌を遂げた。


ブライアンとマイケルが自らミックスとマスタリングを手がけ、当時の機材でレコーディングされた『A Dream Is All We Know』では、何年もかけて完成させたレモン・ツイッグスの直感的な演奏が披露されている。






 The Lemon Twigs  『A Dream All We Know』




Label: Captured Tracks

Release: 2024/05/03



Tracklist:

1. My Golden Years
2. They Don’t Know How To Fall In Place
3. Church Bells
4. A Dream Is All I Know
5. Sweet Vibration
6. In The Eyes Of The Girl
7. If You And I Are Not Wise
8. How Can I Love Her More
9. Ember Days
10. Peppermint Roses
11. I Should’ve Known Right From The Start
12. Rock On (Over and Over)


Pre-order:(INT)





0 comments:

コメントを投稿